とりあえず3年の3年が過ぎました。という人は転職するべき?経験者が解説

PR
この記事は約5分で読めます。

働いてとりあえず3年の3年が過ぎたけど転職するべき?まだ続けた方がいい? そんな疑問ありませんか?

結論。働いて3年が過ぎたら転職するべき人の特徴は3つあります→ 1.他にやりたいことが見つかった人、2.今の仕事にやりがいを感じない人、3.人間関係や給料、労働環境に不満がある人。

この記事では、5回転職した僕が、仕事を始めて3年が過ぎた時の今後のキャリアの決め方を紹介します。

とりあえず3年働けと言われる理由

キャリアにおいて「とりあえず3年働け」と言われるのは以下の理由からです。

①3年働けば、その仕事が自分に合っているかどうかが分かる
②未経験から始めた仕事が一通りこなせるようになる
③転職時に経歴がマイナスにならない

このようにメリットが多いから。

では実際どうなのか?僕が営業時代にとりあえず3年働いて感じたメリット・デメリットを紹介します。

僕がとりあえず3年働いて感じたメリット

1. 仕事が自分に合っているか分かる

3年も続けば、少なからずその仕事が自分に合っているかどうかが分かるのがメリット。

2. 会社との相性が分かる

3年働けば、会社からどう評価されているのか、社風が合うかが分かるのがメリット。

3. 実務スキル・経験・実績が身についている

一人前にできる実務、業務経験、成果が残せるのがメリット。

4. 転職で経歴がマイナスになりにくい

3年続ければ、転職時に経歴がマイナスになりにくいのがメリット。

これは短期離職をしている人や転職回数が多い人に朗報。実際、僕は新卒から3回連続で短期離職を繰り返しましたが、4社目で3年務めたことで4回目の転職では過去の経歴が不利になりにくかったです。

5. 人間関係、人脈が作れる

3年続けると社内の人間関係や、得意先などのビジネス上の人脈が作れるのがメリット。

僕がとりあえず3年働いて感じたデメリット

1. 仕事がマンネリ化してモチベーションを上げるのに苦労する

3年同じ仕事をやると、仕事がマンネリ化します。これは性格によりますが、僕のようにルーティンワークが苦手、新しいことをどんどん取り入れていきたい人だとモチベーションを上げるのに苦労するのがデメリット。

→仕事のやり方を工夫する、仕事以外に打ち込めるものを持つなど自分なりの工夫が必要です。

2. 向いてない仕事だと自分の力を発揮できない

3年も向いてない仕事を続けると、自分の実力を発揮できないのがデメリット。
僕が人材会社で法人営業をしていたときは、得意な新規開拓や企画・提案の分野はどんどん成果が出ましたが、苦手な契約書作成など事務的な作業では苦労しました。

→自分に向いている仕事の割合ができるだけ多い仕事を選んだほうが良いです。

3. 社内の立ち位置が固まり転職を切り出しにくくなる

3年働いたらリーダー・主任などの役職が付いたり、仕事関係や後輩ができたり社内の立ち位置が固まる。信頼されて大きな仕事を任されることも。
転職を考え出したときに、中途半端な気持ちだと転職を切り出しにくい心理状態がありました。

→転職するときは覚悟を決めて切り出す必要があります。

とりあえず3年の3年が過ぎました。という人で転職するべき人の特徴

1. 他にやりたいことが見つかった人

自分の興味があることを軸に仕事を選んだほうが成長できるし成果を出せるからです。

2. 今の仕事にやりがいを感じない人

前のめりに取り組める仕事じゃないと、成長や成果につながりにくく、キャリアアップが遅れるからです。

3. 人間関係や給料、労働環境に不満がある人

仕事のやりがいや充実感は環境面からくることが多いので、日々の仕事の満足度が下がるからです。

とりあえず3年というのはあくまで目安

「とりあえず3年」というのはただの文化に過ぎないから。

実は、以下の理由から3年も続けなくても大丈夫なことが多いです↓

・3年はあくまで目安。期間よりも中身のほうが重要だから
・業界・仕事・会社などが自分に合うか?のお試し期間の目安に過ぎない
・やりがいのない仕事を3年耐えるのは機会損失になる
・売り手市場なので、3年働かなくても転職しやすい

要は、とりあえず3年仕事を続けるというのはあくまで目安なので、自分の状況に応じて、タイム・イズ・マネーで判断するのが良いということです。

まとめ:3年働いたらキャリアを見つめ直すのにベスト!

3年働いたらキャリアを見つめ直すのにベストなタイミングです。

あらためてこの記事の結論。働いて3年が過ぎたら転職するべき人の特徴は3つあります→ 1.他にやりたいことが見つかった人、2.今の仕事にやりがいを感じない人、3.人間関係や給料、労働環境に不満がある人。

「今の仕事にやりがいを感じないな」「自分に合ってないな」と感じているなら、このタイミングでミイダス(無料)のコンピテンシー診断を受けてみると良いです。

ミイダスのコンピテンシー診断は当たる?結論:超当たる
5回転職した管理人が、ミイダスのコンピテンシー診断を実際に受けた結果と、メリット・デメリットを詳しく紹介します。

ブラックな環境から抜け出したい人は、次こそホワイト企業に入りましょう。転職エージェントの求人はブラック企業の割合が少ないので積極的に応募すると良いです。おすすめの転職エージェントは以下の記事にまとめています。

20代30代の転職で使って良かったサイト&エージェントのおすすめ8選をランキングで紹介
5回転職した管理人が、20代30代の転職で使って良かったおすすめサイト・エージェントを紹介します。

ホワイト企業かどうかを判断する参考に、以下のチェックリストも使ってください。

ホワイト企業チェッカー!ホワイト企業を見分ける7つのチェックリスト
5回転職した管理人が、ホワイト企業を見分けるための7つのチェック項目を紹介します。この記事を読んでホワイト企業を見分けてください!