市場価値診断ならミイダス!

沈黙のWebライティングがオススメな理由

沈黙のWebライティングが気になっている人に向けて、沈黙のWebライティングがオススメな理由を紹介します。

沈黙のWebライティングがオススメな理由

沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティングがオススメな理由は次の通りです。

  • ストーリー仕立てで一気に読める
  • コラム解説で理論がわかる
  • SEOに強いWebライティングのイロハが分かる
  • コンテンツマーケティングの考え方が分かる
  • Webマーケティングの手法に触れられる

沈黙のWebライティングはWebライティングって何?というビギナーからプロのWebライターまで、SEO集客のためのライティング、ユーザーを引き込むライティング技術について学べるオススメ本です。

600ページを超える圧倒されるボリュームながら、漫画になっているので、面白く、サクッと、Webライティング・Webマーケティングのノウハウをインプットできるのが良いです。

沈黙のWebライティングの要約・まとめ

沈黙のWebライティングは前作「沈黙のWebマーケティング」からの主人公、Webマーケッター ボーン・片桐が温泉旅館「みやび屋」を舞台に傾いた経営をWeb集客を駆使して立て直していくストーリー。

話の中で、Webマーケティングの考え方、SEOに強いWebライティングの技術、コンテンツマーケティングの手法を活用して立ちはだかるさまざまな敵/問題を解決していきます。

沈黙のWebライティングの目次

目次をアマゾンより引用します。

〈ストーリー 目次〉
EPISODE 01 SEOライティングの鼓動
EPISODE 02 解き放たれたUSP
EPISODE 03 リライトと推敲の狭間に
EPISODE 04 愛と論理のオウンドメディア
EPISODE 05 秩序なき引用、失われたオマージュ
EPISODE 06 嵐を呼ぶインタビュー
EPISODE 07 今、すべてを沈黙させる・・・! !
エピローグ 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし

〈特別解説 目次〉 ※書籍書き下ろし
○SEOを意識したコンテンツを作るカギ
○「USP」を最大限に活かすコンテンツ
○わかりやすい文章を書くためのポイント
○論理的思考をSEOに結び付ける
○オウンドメディアに必要なSEO思考
○SEOに強いライターの育成法
○バズにつながるコンテンツ作成のコツ

沈黙のWebライティングのレビュー・評価

2021年10月4日現在のアマゾンレビューは4.4/5.0(1260件)と高評価です。

沈黙のWebライティング_アマゾンレビュー4.4/5.0

沈黙のWebライティングを読んだ感想

僕は沈黙のWebライティングが好きです。

ボーン・片桐の男臭い感じや、各登場キャラクターの個性、強敵の存在、そしてみやび屋をもとに展開される世界観にどっぷり浸かって読むことができました。

採用されているWebライティングの考え方やコンテンツ作りの具体的な手法についても分かりやすく、効果的だと共感できてWebライティングの内容面でも納得です。

前作・沈黙のWebマーケティングから読んだので話の展開もスッと入ってきて、前作に続き読みごたえ十分の大満足でした。

とはいえ、漫画で学習することに慣れなかったり、漫画のテイストが合わない人はいると思います。
また、体系的にWebライティング/SEOライティングを学ぶには不向きです。

ストーリーでWebライティングとは何か?と雰囲気を掴むのにピッタリです。

無料のWeb版と単行本版の違い

沈黙のWebライティングはWeb連載された後に単行本化されました。

現在、Web版も単行本もどちらも入手可能です。

無料のWeb版と単行本版の違いですが、Web版と単行本版はどちらも漫画が読めますが、単行本版は章ごとに解説コラムがあります。

文中の用語や具体的な操作方法、手法などについて詳しく解説してくれているので、初心者の方には単行本版をオススメします。

Web版は無料なのでお試しで読んでみるのも良いです。

まとめ:ブログやるなら読まない手はない必読書!

沈黙のWebライティングはWebマーケティング界隈では知らない人はいないほど有名です。

初心者からプロまで役立つWebライティングの必読書といっても過言ではないレベル。

それでもまだ買うのは悩むなあ、、、という人はぜひ沈黙のWebライティングのWeb版を読んでみてください!

というわけで以上です。