市場価値診断ならミイダス!

【無料あり】ホームページ作成にかかる費用の相場はどれくらい?

【無料あり】ホームページ作成にかかる費用の相場はどれくらい?

結論:ホームページ作成にかかる費用の相場はどれくらい?

結論から言うと、ホームページ作成にかかる費用の相場は次の通りです。

※トップページ+下層9ページの10ページ構成の企業サイトで、画像・テキストなど素材はすべて自分で用意する場合で想定

  • 自分で作る場合:0〜3万円
  • Web制作会社に依頼する場合:10万円〜
  • フリーランスに依頼する場合:3万円〜

ホームページを作るときは費用に加えて、品質、制作時間も考える必要があります。

自分で作る場合Web制作会社に依頼する場合フリーランスに依頼する場合
費用0〜3万円10万円〜3万円〜
品質低〜中中〜高
制作時間普通〜遅早〜普通早〜普通

費用・品質・制作時間を考えて選びましょう。

ホームページを作るのにかかる費用の内訳から紹介します。

ホームページ作成にかかる費用

ホームページを作るのに何にどれくらいのお金がかかるのか?おさえておきましょう。

ホームページには固定費と制作費がかかります。

固定費

固定費としてお金がかかるものはサーバー代と独自ドメイン代になります。

WixやJimdoなどのホームページ利用サービスを使う場合、サーバーは無料で付いてくるので、独自ドメインが使える有料プラン代がかかります。

  • サーバー代:月500円程度〜
  • 独自ドメイン代:年2,000円程度〜
  • ホームページ作成サービス有料プラン代(使う場合):月1,000円程度〜

※もちろん独自ドメインではなく無料のサブドメインでの運用も可能です。ただ、集客面、ブランディング面を考えたホームページ作りが重要なので独自ドメインを利用することを強くオススメします。

制作費

制作費としてお金がかかるのはデザインやコーディング、有料画像素材、ライティング外注費、有料のホームページ作成ソフト代、WordPressなどの有料テーマ代などです。

  • デザインやコーディング(制作会社に頼む場合):3万円〜
  • 画像などの素材(有料で買う場合):1枚3,000円程度〜(物による)
  • ライティング費(外注する場合):1記事5,000円程度〜(物による)
  • 有料のホームページ作成ソフト(使う場合):ソフトにより数万円(買い切り)
  • WordPressなどの有料テーマ代(使う場合):5,000円〜(買い切り)

ホームページを自分で作る場合の費用【無料あり】

ホームページを自分で作れば最も安く作れます。

とにかくコストを抑えたい場合は無料でも制作可能です。

どうしても無料で作りたいなら

ホームページを完全無料で作りたい場合、ホームページ作成サービスの無料プランで運用するといいです。

  • WixやJimdoなどのホームページ作成サービスの無料プラン

無料プランでは、無料のサーバーやサブドメインが利用できます。
一部機能に制限がありますがどうしても安く抑えたい場合はこちらで運用しましょう。

ただ、ホームページを通して集客やブランディングを考えている場合、独自ドメインを利用することが重要になります。

なので、独自ドメインを利用できる有料プラン:月1,000円程度で運用することをオススメします。

※デザインの自由度や欲しい機能のカスタマイズ性能を重視する場合は次のWordPressを使う方法がオススメです

独自ドメインも利用できて格安なオススメの方法

ホームページをできるだけ安く作りながらも、独自ドメインが利用できてデザインやパーツなどを自由にカスタマイズしたいという場合はWordPressをオススメします。

  • WordPress(利用自体は無料)
  • 無料テーマを使用
  • サーバー代:月500円程度〜
  • ドメイン代:年2,000円程度〜

この方法で作れば、最安で月額換算して700円程度(サーバー代:月500円程度+ドメイン代:年2000円程度/12か月)で運用することが可能です。
(デメリットは慣れるまで少し時間がかかること)

ただし、メディアサイトなどのPVを稼ぐ目的の場合はサーバーのランクを上げる必要があります(といっても月1,000円程度〜)。

その他はデザインを重視したい、アフィリエイトをしたい、SEOに強くしたいなどの理由で有料テーマを買うとお金がかかるくらいです(5,000円程度〜。買い切り)。

自分で作る場合のデザイン品質や制作時間

WixやJimdoなどのホームページ制作サービスで作る場合も、WordPressで作る場合もデザインはすでにあるテーマから選ぶ形になります。

なのでデザインがダサくなることは基本的にないです。
(HTMLやCSSを一から書いて作る場合とは異なる)

ただし、使用する画像のクオリティでホームページの印象がガラッと変わるので、写真は良いものを使いましょう。

制作時間は自分でやるので調べたり慣れるまで一定程度時間がかかります。
より時間がかからないのはホームページ作成サービスで作る方法です。

ホームページ作成をWeb制作会社やフリーランスに依頼した場合にかかる費用

Web制作会社やフリーランスに依頼した場合にかかる費用を紹介します。

具体的には1、固定費と2、ホームページ制作費の2つがかかります。

1、固定費(サーバー代、独自ドメイン代)

固定費はサーバー代と独自ドメイン代です。

  • サーバー代:月500円程度〜
  • 独自ドメイン代:年2,000円程度〜
  • ホームページ作成サービス有料プランの場合:月1,000円程度〜

2、ホームページ制作費

Web制作会社やフリーランスに依頼した場合のホームページ制作費はだいたい次の通り。

(トップ+下層9ページの計10ページの企業サイトで、画像やテキストなどは自分で用意した場合)

  • Web制作会社:10万円〜
  • フリーランス:3万円〜

上記に加えて有料素材を準備してもらったり、原稿作成を依頼するとそれぞれ費用がかかるイメージです。

  • 画像やイラストなどの有料素材を使う:1枚あたり3000円程度〜
  • 原稿作成を依頼する:1記事5,000円程度〜
  • その他、写真や動画の撮影、インタビューの依頼など:高額(ものによる)

3、ホームページ制作費が高くなるケース

ホームページは作る内容によって費用が高くなります。

  • (1)会社や個人の名刺的な役割:安い(3万円程度〜)
  • (2)集客のためのLP:高い(20万円程度〜)
  • (3)ECサイト:高い(100万円程度〜)

(1)はいわゆるコーポレートサイト(企業サイト)。
企業や個人の名刺的な役割をもつホームページです。
3つのホームページの中で最も安い分類になります。

(2)は集客するために特化した商品やサービスの紹介ページ。
縦長の通称LP(ランディングページ)のことです。
企画や構成づくり、デザイン、原稿作成、画像、ページボリュームが大きいため、高くなります(20万円程度〜)。

(3)は商品をネット販売するためのECサイトです。
自社の商品やサービスをネット上で売るWebサイトになります。
デザインに加えてシステム開発が含まれるため費用が最も高くなります(最低でも100万円程度〜)。

制作会社やフリーランスにお願いする場合のデザイン品質や制作時間

制作会社もフリーランスもホームページ制作を専門としているので品質が高いです。

ただ、昔からあるホームページ会社や経験の浅いフリーランスの場合、「あれ、思ってたデザインと違う、、。」ということもあり得ます。

なので、見積もり時に自分が希望するデザインイメージを他のホームページURLとともに伝えてみて、できるか聞いてみると良いです。

制作期間は自分で作るよりも早く上がることがほとんどですが、制作会社やフリーランスの方の忙しさ度合いによるかと思いますのでこちらも発注時に確認しましょう。

まとめ

この記事のまとめです。

自分で作る場合Web制作会社に依頼する場合フリーランスに依頼する場合
費用0〜3万円10万円〜3万円〜
品質低〜中中〜高
制作時間普通〜遅早〜普通早〜普通

※トップページ+下層9ページの10ページ構成の企業サイトで、画像・テキストなど素材はすべて自分で用意する場合で想定

費用・品質・制作期間を総合的に考えて選びましょう。

というわけで今回は以上です。

Web制作を独学で身につける方法はこちらの記事にまとめています。
»独学でWeb制作を習得する勉強方法