市場価値診断ならミイダス!

ホームページのリニューアルで失敗しない方法【必殺技あり】

ホームページのリニューアルで失敗しない方法【必殺技あり】

結論:ホームページのリニューアルで失敗しない方法

結論から言うと、ホームページのリニューアルで失敗しない方法は次の通りです。

  • 1、ホームページのリニューアル目的を明確にする
  • 2、ホームページのリニューアル目的に合うページ構成にする
  • 3、ホームページのリニューアル時はLPやECサイトを新設する

それぞれくわしく解説します。

1、ホームページのリニューアル目的を明確にする

まずは、そもそものホームページの目的から考えることが重要です。

ホームページリニューアルでよくある失敗しがちなパターンは次の通り。

  • 「デザインや見せ方を良くしたい」
  • 「スマホ対応したい」
  • 「機能を増やしたい」
  • 「他社が最近ホームページをリニューアルしたから」
  • 「知人に勧められたから」

これらの理由でホームページをリニューアルをすることはオススメしません。

なぜなら「本質」ではないから。

リニューアル後におそらくこう思うはず。

「前と変わらないな、、。」と。

そうならないためには、しっかりと目的を考えることから始めましょう。

目的の設定としては、会社の売上やブランディング(認知度UP)に直結するものを選ぶとブレがなくなります。

  • 商品やサービスの購入を増やす
  • 資料請求や見積もり依頼を増やす
  • 問合せを増やす
  • 見込み顧客を増やす(顧客リストを獲得する)
  • アクセス数を増やして認知度を上げる

まずは考えられる目的を挙げてみて、今回叶えたい内容に優先順位をつけてリニューアル計画を立てましょう。

注意点としては、あれもこれもと欲張りすぎないことです。

規模を大きくしすぎてしまうと、現状分析やコンテンツ企画、デザイン、構築に時間がかかり、リリースが遅れるからです。
また、一度に叶えられる構成を作るのは容易ではないからです。

ホームページは運用しながら改善していくもの。

一回のリニューアルですべて改善されることはまずないので、まずは優先度の高い目的を叶えるための改修をしましょう。

2、ホームページのリニューアル目的に合うページ構成にする

ホームページの構成は3つのパターンがあります。

  • 会社案内ページ(会社の名刺)
  • LP(商品やサービス紹介に特化)
  • ECサイト(通販)

これらの中から目的に合うページ構成を選ぶことが失敗しないためのポイントです。

会社案内ページ(会社の名刺)

会社案内ページとは会社の名刺的な役割を持つページです。

企業メッセージ、経営理念、会社概要、アクセス、社員紹介などを掲載します。

「ホームページを持っていない場合」は会社案内ページから作るべきですが、ホームページのリニューアル時は注意が必要です。

気をつけなくてはいけないのは、会社案内ページをいくらリニューアルしても「売上」「問合せ」にはつながらないからです。

会社案内ページは素材を使いまわしできるため比較的簡単にリニューアルできますが、デザインや見せ方で「変わった気」になりますが、中身自体が変わっていないので「売上」「問合せ」の増加に繋がりません。

会社案内ページは売上/問合せを獲得するためのものではないということを覚えておきましょう。

売上につながるホームページにリニューアルしたいなら、以下のLPやECサイトを検討するといいです。

LP(商品やサービス紹介に特化)

LP(ランディングページ)とは商品やサービスの紹介に特化したページのこと。

化粧品や健康食品などでよく見る「縦に長いページ」のことです。

LPでは一つの商品/サービスについて、使い方、手順、機能性、メリット、使い心地、提供側の声、ユーザーの声、よくある質問など、いろんな角度から魅力を伝えます。

LPの一番のメリットは売上に直結すること。

LPを作るには自社の提供できる商品やサービスの売りは何なのか?を追求するところから。

注意点は、デザインや広告にいくらお金をかけても、肝心の商品・サービスに魅力がなければお客さんはつかないこと。

そのため、まずは自社で提供できる魅力的な商品・サービスを追求する(場合によっては作る)ことから始めることが肝になります。

ECサイト(通販)

ECサイトとは通販サイトのことです。

インターネット上で商品を買えるようにするシステムです。

商品を取り扱っている会社の場合、売上に直結するので検討の余地ありです。

今や「Webで調べてそのまま購入する」というユーザーが多く、ECサイトを持っていることは強みになります。

ただし、構築に半年から1年、費用が数百万かかる、運用するメンバーの教育も大変などデメリットもあります。

導入するにはそれなりの先行投資と体制づくりが必要です。

そこまでお金も手間もかけずにECサイトの機能が欲しい場合は、Amazonや楽天市場に商品を出すことから検討するものいいです。

3、ホームページのリニューアル時はLPやECサイトを新設する

ホームページのリニューアル目的を決めて、リニューアル目的に合ったページ構成を決めたら、いよいよ具体的にリニューアル方針を決めます。

「リニューアル」と言っても実は「更新」と「新設」の2つがあります。

結論から言うと「更新」ではなく「新設」がオススメです。

その理由について説明します。

今あるホームページの「更新」がおすすめできない理由

ホームページのリニューアルで今あるページの更新はおすすめできません。

素材があらかじめあるので期間も費用もお手軽にリニューアルできますが、リニューアル後に思ったほど効果を期待できないのがオチだからです。

デザインや見た目を変えたところで肝心の中身が変わらなければ意味がないということです。

そうならないためには、今のホームページにはないコンテンツを作ることを考えることが大事。

自社のビジネスモデル、売りたい商品やサービスの選定、ターゲット像(ペルソナ)の設定、SEO対策や広告出稿などのマーケティング戦略、など、会社の経営視点で「本質」から考えるのがポイントです。

極論、商品やサービスに「他社にはない魅力」がなければ売れません。

ホームページをリニューアルする以前の問題だということです。

デザインやマーケティングに力を入れてアクセス数を稼ぎ、商品・サービスが一時的に売れたとしても、リピーターがつきません。

また、商品/サービスに魅力がなく、顧客がかっかりするものだったとしたら「あの会社の商品/サービスをよく目にするけど良くないよ」と悪い評判が広がってしまう危険性があります。

まずはユーザーに魅力的な商品/サービスを作ることから力を注ぐ必要があります。

LPやECサイトを「新設」するのがオススメ

ホームページのリニューアルにおいてはLPやECサイトを新たに作る、もしくは既存サイト内に作るのがオススメです。

商品やサービスの売上に直結するページを「新たに作る」ということです。

今よりも成果を上げるには、今のホームページにはない「ユーザーにとって有益なもの」を作るのが近道です。

新たにホームページを立ち上げるのは容易ではありませんが、今あるサイトに新規のページを追加するのはそこまで難しくはありません。

LPとECサイトのどちらも検討したい場合、「LP」の方が制作期間、費用対効果が高いのでLPから作るのがオススメです。

「ECサイトが欲しいけどそこまでは手が届かないよ」という場合は、外部のECサイトを活用しましょう。

外部ECサイトでは、Amazon、楽天市場などのプラットフォームができているECサイトがおすすめです。

または、BASEのような自社運用しやすいECサイトを内製で作ると良いです。
こちらは独学でもできます。

【必殺技】広告費も時間もかけずに効果を上げるトップページのLP化

ホームページをリニューアルしても、集客施策をしない限りアクセス数は上がりません。

アクセスを集めるには広告を出したり、SEO対策をしたり、SNSで露出を増やすなどをしてユーザーを集める必要があります。

ただ、広告費をかけられないという方も多いですよね。

SEO対策やSNSの発信も日々更新をして長期的に伸ばしていくものなので時間がかかります。

お金も時間も節約して効果を上げる方法があればやってみたいですよね!

そんな時にオススメなのが「トップページのLP化」です。

これは、ホームページのトップページを「商品やサービスの紹介」+「会社案内」というLPページにしてしまうというものです。

トップページのLP化には非常に多くのメリットがあります。

  • 通常トップページはアクセス数が多い(今あるアクセス数を活かせる)
  • 訴求したい情報を凝縮して提供できる(売上に直結する)
  • ユーザーは知りたい情報を1ページ内で探せる(ユーザー体験の向上)
  • ボリュームのあるページにすることで滞在時間が上がる
  • ミニマムでスタートできるので制作期間も費用も節約できる
  • デザインにこだわらなければ内製で作ることも可能
  • 効果測定が容易になる(ユーザーの次の行動が簡単に分かる)
  • 横展開しやすい(下層ページに特化ページを強化、他の管轄サイトへの展開)

コスパが良く、効果を実感できる「トップページのLP化」。

ぜひ検討してみてください。

ホームページは作って終わりではなく、育てていくもの

ホームページは「作って終わり」ではなく、むしろ「作ってからが始まり」です。

定期的に効果測定を行い、問題があれば改善していくことが必要です。

運用しながらホームページを育てて行く必要があります。

とはいえ、毎回外注していたら時間もお金もかかります。

自社で更新できるホームページ(CMS)がない場合、リニューアルに合わせて導入を検討してみるといいです。

自社で運用していくメリットは、ホームページの成果に対して当事者意識をもって取り組めること。

現状と課題を一番身近でわかっているのは内部の人間。

ホームページのコンテンツづくりも外注ではユーザーが欲しがる詳しい内容までは作れません。

継続的に情報発信していく意味で、内部の人でしか作れないコンテンツを載せていく意味でもホームページ運用は内製化していくことをオススメします。

Web制作を独学で身につける方法はこちらの記事にまとめています。
»独学でWeb制作を習得する勉強方法