市場価値診断ならミイダス!

ホームページとは?ホームページの3つの意味、Webサイトとの違い

ホームページとは?ホームページの3つの意味、Webサイトとの違い

結論:ホームページは3つの意味で使われる

結論から言うと、ホームページは3つの意味で使われます。

  • 1、企業サイト(Webサイト)
  • 2、Webサイトのトップページ
  • 3 、ブラウザを開いて最初に表示されるページ

一般的な使われ方は「1、企業サイト(Webサイト)」です。

それぞれ紹介します。

1、ホームページとは企業サイト(Webサイト)

ホームページとは企業サイト(Webサイト)を表します。

一般的に「ホームページ」と言った場合、ホームページ = 企業サイト(Webサイト) の意味で使われることが多いです。

  • ホームページ = 企業サイト(Webサイト)

「企業のホームページ制作」「ホームページ更新」などでお馴染みですね。

「Webサイト」についても説明します。

Webサイトとは

Webサイトとは、Webページの集まりを表します。

もう少し詳しく言うと、「同じドメイン内のWebページの一まとまり」がWebサイトです。

  • Webサイト = 同じドメイン内のWebページの集まり

Webサイト内の各ページを個別に呼ぶ場合に「Webページ」と呼びます。

2、ホームページとはWebサイトのトップページ

ホームページとはWebサイトのトップページを表します。

グローバルナビゲーションの「ホーム」ボタンや、各ページにある「ホームへ戻る」ボタンを押したときに戻るWebサイトのトップページのことをホームページと呼びます。

  • ホームページ = トップページ

トップページはすべてのページのインデックスとなることが多く、各ページから戻るホームのような(家のような)ページだからホームページです。

3、ホームページとはブラウザを開いて最初に表示されるページ

ホームページとはブラウザを開いて最初に表示されるページを表します。

Google ChromeやSafariなどのブラウザを開いた時に最初に表示される「Googleのトップページ」「Yahoo!のトップページ」「Facebookのトップページ」などのページを「ホームページ」と呼びます。

  • ホームページ = ブラウザを開いて最初に表示されるページ

自分のお気に入りページを「ホームページ」としてお気に入り登録している場合は、そのページがホームページとなります。

この場合、人によって「ホームページ」が異なります。

ブログはWebサイト(ホームページ)の一種

ブログはWebサイト(ホームページ)の一種です。

ブログは日記のようなもので、各ブログ記事は投稿日の新しい順に表示されます。

複数のブログ記事(Webページ)で構成されているWebサイト(ホームページ)の一種です。

  • ブログ = Webサイト(ホームページ)

今回は以上です。

Web制作を独学で身につける方法はこちらの記事にまとめています。
»独学でWeb制作を習得する勉強方法