市場価値診断ならミイダス!

ホームページの作り方【結局どの作り方がベストなのか?】

「ホームページの作り方が知りたい」
「簡単にホームページを作りたい」
「結局ホームページ作りはどのやり方がいいの?」

ホームページはいろいろな方法で作ることができるので「どのやり方で作ればいいか」悩みますよね。

今回はホームページを作ろうと考えている人に向けて、必要なもの、作り方について分かりやすくまとめました。

HTMLやCSSなどの専門知識なしでも読める内容にまとめていますので、初心者の方もぜひ参考にしてください。

ホームページの作り方【結局どの作り方がベストなのか?】

結論:ホームページの作り方は結局どの方法がベストなのか?

結論から言うと、ホームページの作り方のベストな方法はCMSで作ることです。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)は簡単に言うとホームページ管理のオールインワンシステム。

具体的にはWordPressを使って作るのがオススメです。

CMS(WordPress)がオススメできる理由は以下の通りです。

  • 初心者でも調べながら簡単に構築できる
  • デザインテンプレートが豊富にある
  • 欲しい機能をプラグインで簡単に実装できる
  • 更新も簡単にできる
  • カスタマイズ性が高いので長く使える
  • 維持費が安く済む

以下、ホームページの作り方の基礎から解説していきます。

ホームページを作るのに必要なもの

ホームページを作るのに必要なものは3つあります。

  • 1、サーバー
  • 2、ドメイン
  • 3、ホームページデータ

サーバー

サーバーとはホームページデータを置く場所のことです。

サーバーは月契約、もしくは年間契約して利用します。
(中には日割りもある)

無料と有料のサーバーがあります。

  • サーバースペース(無料)
  • レンタルサーバー(有料)
  • ホームページ作成サービスに付いてくるサーバー(無料・有料)

基本的にレンタルサーバー(有料)を契約するか、ホームページ作成サービスに付いてくるサーバーを利用するのがおすすめです。

※ サーバースペース(無料)はインターネットプロバイダを契約したときに付いてくるおまけのサーバーです。置くことのできるデータ容量が少ない、機能が少ない、速度などのスペック面が劣る、サポート面がないなどあまり実用的ではないです。

おすすめのレンタルサーバーとホームページ作成サービスを貼っておきます。

おすすめのレンタルサーバー

  • エックスサーバー
  • ConoHa WING

おすすめのホームページ作成サービス

  • Wix(ウィックス)
  • Jimdo(ジンドゥ)
  • BASE(ベイス) …ECサイトを作りたい場合

ドメイン

ドメインとはURLの「●●.com」の部分のことです。

ドメインは2種類があります。

  • 独自ドメイン(有料)
  • サブドメイン(無料)

独自ドメインは「●●.com」など、自分の好きな文字列でURLを作るものです。
「ブランド」を表すものであり、会社名や商品名、サービス名などで取得するのが一般的です。
通常、有料で契約します。

サブドメインはホームページ作成サービスなどを利用したときに付いてくる「●●.ホームページ作成サービス名.com」のようなドメインです。
無料で利用できることが多いですが、ホームページ作成サービス名が入ります。

ドメインは原則「独自ドメイン」を取得しましょう。

会社や商品・サービスのブランディング面、SEO面などで独自ドメインが有利だからです。
独自ドメインは年間数百円から契約できて高くないので迷わず独自ドメインを利用しましょう。

  • 独自ドメインはお名前.comなどで取得できます。
  • WixやJimdoなどのホームページ作成サービスでも独自ドメインを取得しましょう。
  • サーバー契約時にキャンペーンで独自ドメインが無料で手に入ることがあります。

ホームページデータ

ホームページデータは公開するホームページに必要なデータ一式です。

HTMLファイル、CSSファイル、Javascriptファイル、写真、動画などを指します。

HTMLやCSSなどのコードを書いて作る方法や、ホームページ作成ソフトで作る方法、ホームページ作成サービスで作る方法、CMSで作る方法など、さまざまな方法があります。

ホームページの作り方について詳しく見ていきましょう。

ホームページの作り方【4つの方法】

ホームページの作り方は以下4つの方法があります。

  • 1、HTMLやCSSなどのコードを書いて作る
  • 2、ホームページビルダーなどのホームページ作成ソフトで作る
  • 3、WixやJimdoなどのホームページ作成サービスで作る
  • 4、WordPressなどのCMSで作る

1、HTMLやCSSなどのコードを書いて作る

  • オススメ度 ★☆☆☆☆
  • 専門知識の必要度 ★★★★★
  • コスパ ★☆☆☆☆

HTMLやCSS、JavaScriptなどのコードを書いて作る方法です。

この方法でホームページを作るにはHTMLやCSSなどの専門知識が必要です。

自分で作れない場合はWeb制作会社に依頼する必要があります。

サーバー、ドメインを別途契約してホームページを公開します。

2、ホームページビルダーなどのホームページ作成ソフトで作る

  • オススメ度 ★★☆☆☆
  • 専門知識の必要度 ★★☆☆☆
  • コスパ ★★☆☆☆

ホームページビルダーなどのホームページ作成ソフトで作る方法です。

HTMLやCSSの知識がなくても簡単にホームページを作ることができます。
カスタマイズしたい場合はHTML、CSS知識があった方がいいです。

ソフト代がかかります。
(無料のものもあります)

サーバー、ドメインを別途契約してホームページを公開します。

3、WixやJimdoなどのホームページ作成サービスで作る

  • オススメ度 ★★★★☆
  • 専門知識の必要度 ★☆☆☆☆
  • コスパ ★★★★★

Wix(ウィックス)やJimdo(ジンドゥ)などのホームページ作成サービスで作る方法です。

HTMLやCSSの知識がなくても簡単にホームページを作ることができます。

ホームページ作成サービスでアカウントを作ると無料でサーバーとサブドメインが付いてきます。

独自ドメインを利用できるプラン(有料)で作りましょう。
有料版なら広告を非表示にできたり、アクセス解析などの便利機能が使えるようになります。

独自ドメインの取得もサービス内で簡単に取得できます。

4、WordPressなどのCMSで作る

  • オススメ度 ★★★★★
  • 専門知識の必要度 ★★★☆☆
  • コスパ ★★★★★

WordPress(ワードプレス)やMovable Type(ムーバブルタイプ)などのCMSで作る方法です。

個人で作るならWordPressを選んでおけば間違いないです。

レンタルサーバー(有料)を契約してWordPressをインストールしたらデフォルトのホームページが完成します。

※WordPressに対応したレンタルサーバーじゃないと使えないので注意。利用時は必ずWordPress対応のサーバーを選びましょう。

はじめのうちは管理画面がやや複雑だったり、機能が多すぎてどう操作したらよいか戸惑うかもしれません。

慣れるまで少し時間がかかることを念頭に入れておきましょう。

別途独自ドメインを契約して紐付ける必要があります。

ホームページの作り方で迷ったらWordPressがベスト

ホームページの作り方で迷ったらWordPressがベストです。

WordPressにはこれだけのメリットがあります。

  • 初心者でも(調べながら)自分で作れる
  • デザインの自由度が高い(多くのテンプレートから選べる)
  • テーマのほとんどがスマホに最適化されている
  • 自分仕様のホームページを作れる(カスタマイズ性能が高い)
  • 欲しい機能が簡単に手に入る(プラグインを入れれば良い)
  • HTMLやCSSなどの知識がなくても作れる
  • 固定ページとブログページのどちらも作れる
  • 更新しやすい
  • 複数人で管理しやすい
  • コスパが良い(必要なのは独自ドメインとレンタルサーバーのみ)
  • 内製化しやすい(ナレッジが貯まる)
  • 将来的に独自システムなど拡張したい場合に対応しやすい

WordPressを選ぶことで、HTMLやCSSなどの専門知識がなくても高機能なホームページを作れるのが最大のメリット。

問合せフォームやサイト内検索、関連記事の表示、人気記事の表示、固定ページとブログページを分けることなど、たいていの機能は無料で手に入ります。

機能が豊富でカスタマイズ性が非常に高いのがいいです。

必要な費用もレンタルサーバーと独自ドメインの契約費だけなので、月1000円もあれば運用できます。
(レンタルサーバーによっては初期導入費がかかる)

とにかくコスパが良いです。

デメリットは初めてWordPressを使う場合に必要な機能を揃えるために調べる時間や、学習時間がある程度必要なこと。

また、HTMLやCSSの知識はなくても作れますが、Web集客を考える段階になるとSEOなどWebマーケティングに関するリテラシーが求められます。

WordPressは自分で色々調べて取り組める人向きなシステムです。

ここまで読んで「自分にはハードルが高そう」と思われた方はWixやJimdoなどのホームページ作成サービスを使うといいです。

というわけで、以上になります。

Web制作を独学で身につける方法はこちらの記事にまとめています。
»独学でWeb制作を習得する勉強方法