市場価値診断ならミイダス!

メタディスクリプションとは?SEO効果、最適な書き方など解説

この記事ではメタディスクリプションとは何か?から、SEO効果、設定方法、最適な書き方、注意点までまとめています。

メタディスクリプションとは

メタディスクリプション(meta description)はHTMLのheadタグ内に記述するページの要約文です。

検索エンジンでの検索結果画面や、SNSでのシェア時などに検索エンジンやユーザーにページの内容を伝える役割があります。

(SNSシェア時は厳密にはOGPで設定したディスクリプションの内容が出力されます)

メタディスクリプションの役割

メタディスクリプションは、検索エンジンやユーザーにページの概要を伝える役割があります。

ユーザーは検索エンジンでの検索結果画面やSNSでのシェア時にタイトルとディスクリプションを見て記事を読むか判断するため重要です。

(SNSシェア時は厳密にはOGPで設定したディスクリプションの内容が出力されます)

メタディスクリプションはどこに表示される?

メタディスクリプションは主に検索結果画面、SNSなどに表示されます。

検索結果画面
メタディスクリプション_Google検索結果画面

メタディスクリプションに検索キーワードが含まれる場合、そのキーワードが太字で強調表示されます。

検索順位が低かったとしても、ユーザーに「読みたい」と思ってもらえるディスクリプションならクリックされます。

ディスクリプションを適切に設定することでサイトアクセス数を上げられます。

(参考)Twitterシェア画面
Twitterシェア時_メタディスクリプション

メタディスクリプションが書き換えられることがある

メタディスクリプションがそのまま表示されないことがあります。

メタディスクリプションに設定した内容がそのまま表示される訳ではありません。

検索キーワードやGoogleの判断によって自動的に書き換えられて表示されることがあります。

クリック率はSEO検索順位に影響しない

検索結果のクリック率はGoogleのSEO評価項目ではありません。

正確なメタディスクリプションはクリックスルーを向上させることができますが、検索結果内のランキングには影響しません。
Google検索セントラル

ただ、Googleはクリック率や離脱率、滞在時間などのユーザー行動を実験/検証しており、将来的にSEO評価対象となる可能性があります。

メタディスクリプションの設定方法

メタディスクリプション(meta description)はHTMLファイルのheadタグ内に書きます。

HTMLに直接書く場合

HTMLに直接書く場合は次のようにhead内に記述します。

<head>
<meta name="description" content="メタディスクリプション">
</head>

WordPressの場合

WordPressの場合はテーマやプラグインの機能で設定します。

  • テーマ
  • プラグイン

例えば僕の使っているテーマ「Cocoon」の場合は固定ページ/投稿ページ下のカスタムフィールドで設定します。

WordPress_Cocoon_SEO設定欄

meta descriptionの確認方法

メタディスクリプションの設定内容は確認したいページのソースコード上で確認することができます。

メタディスクリプションを確認したいページ上で「右クリック」>「ページのソースコードを表示」として、ソースコードで次の記述がある箇所を見ます。

<meta name="description" content="メタディスクリプション">

ブラウザ内検索のショートカット「ctrl+f(Win)/cmmand+f(Mac)」で「description」とすると簡単に見つけられます。

メタディスクリプションをソースコードで確認する

設定しないとどうなるのか

メタディスクリプションを設定しない場合、検索エンジンがページ内容を読み取り自動生成したものが検索結果に表示されます。

意図しない内容の説明文が表示されたり、訴求力が弱い説明文が表示されるなど、クリック率が上がらない原因にもなりますので自分で設定したほうが良いです。

全ページに設定するべき?

メタディスクリプションは可能な限り全ページに設定したほうが良いです。

検索エンジンやユーザーにページの概要を適切に伝えるために、また、ユーザーの利便性を高めるため、クリック率を上げるために設定しましょう。

同じメタディスクリプションを繰り返し使うのではなく、ページごとに固有のものを設定しましょう。

メタディスクリプションの適切な書き方

SEOキーワードを冒頭に入れる

メタディスクリプションは冒頭にSEOキーワードを入れるのがポイントです。

これには次の理由があります。

  • 検索キーワードが太字で強調表示される
  • ユーザーの視線は左に集まる
  • 後ろだと省略される可能性がある

Google検索結果画面
メタディスクリプション_Google検索結果画面

タイトルのつけ方と考え方は同じです。

ページの要約を書く/目次を書く

メタディスクリプションはページの概要を伝える説明文です。

この基本に則り、ページの概要、ページの見出しなどを盛り込んで、何が書かれているのか、読むとどうなるのか?探している問題を解決できるかなどを伝えましょう。

最適な文字数は100文字程度(変動あり)

メタディスクリプションに最適な文字数は100文字程度です。

ただし、更新日付が入ったり、ページごとに表示される文字数が増減する、見ている端末によって表示数が変わるなど変動があります。

パソコンで100文字程度、スマートフォンで60文字程度で表示されます。

(例)パソコン(更新日付除くと75文字)

メタディスクリプションの例_PC

(例)スマートフォン(更新日付除くと65文字)

メタディスクリプションの例_スマートフォン

メタディスクリプションの書き方例

メタディスクリプションのオススメの書き方を紹介します。

多くの書き方を試してきましたが、結論、メタディスクリプションは奇をてらったものではなくシンプルに必要な情報を伝えるのが良いと思います。

具体的には、「タイトルで使用しているSEOキーワード+ページの目次」の組み合わせで100文字程度で作ります。

とても簡単ですが、SEOキーワードを冒頭に入れて、ページの概要を伝える最適化している書き方です。

(例)ページタイトル「メタディスクリプションとは?SEO効果、最適な書き方など解説」の場合

  • ページタイトル:メタディスクリプションとは?SEO効果、最適な書き方など解説
  • メタディスクリプション:メタディスクリプションとは何か?を紹介します。メタディスクリプションの役割、SEO上の効果、設定方法、適切な書き方、書き方の例、注意点まで詳しく解説します。

メタディスクリプションの注意点

キーワードを詰め込み過ぎない

メタディスクリプションにキーワードを詰め込みすぎないようにしましょう。

過剰なキーワード使用は「キーワードの乱用」としてスパム判定される可能性があります。

同じ単語や語句を不自然に感じられるほどに繰り返すこと。
Google検索セントラル

これはタイトル、見出し、本文中でも同じなので気を付けましょう。

キーワードは自然に使用することです。

同じメタディスクリプションを複数のページで使わない

タイトルと同じく、ページ内容ページごとに違うはずです。

内容が違うページに同じディスクリプションを繰り返し使うと検索エンジンもユーザーもページの内容を理解しずらくなります。

メタディスクリプションはページごとに固有のものを付けましょう。