【未経験者向けQ&A】Webマーケターに関するよくある質問に全て答えます

未経験からWebマーケターを目指している人向けに、Webマーケターに関するよくある質問に全部答えます。

Webマーケターを目指してる方はぜひこの記事を参考に、疑問点を解消しておいてもらえたらと思います。

それでは早速参ります・・・!

Webマーケターって怪しい仕事じゃないよね?何する人?

確かに、Webマーケティングには怪しいところが多々あります・・・(笑)

結論、使ってる人次第で素晴らしくも胡散臭くもなります。
Webマーケティングは爆発的にビジネスに影響を与えることがあるので、良くも悪くも目立ってしまいます。。
ブラックなイメージ、胡散臭い売り込み、自慢・・・。イメージダウンするし、こちらとしてはこの手の人たちはとても迷惑なんですけどね。

Webマーケティングが胡散臭い・怪しい理由
Webマーケティングが胡散臭い理由と、正しいWebマーケティング情報の見分け方について書いてみます。

WebマーケターはSEO対策、Web広告、SNS、メルマガ、Webサイトのアクセス解析など、Webを使って集客や売上UPなどモノが売れる仕組みを作る仕事です。
各施策の詳しいところはこちらの記事にまとめています。

Webマーケターの5つの仕事内容を解説(僕の1日の流れも紹介)
Webマーケターの仕事内容は5つあります。この記事では現役Webマーケターの僕の経験も踏まえて解説します。

Webマーケターってぶっちゃけ楽しい?

僕はやってて楽しいと感じる場面が多いです。

簡単に言うとWebマーケターはゲームのプレイヤーみたいなもの。
自分で仮説を立てて→意思決定をして→それを実行して→効果を検証する、というのをひたすら繰り返す仕事です。

Webマーケティングは自分のアイディアを反映することができるし、ニーズや競合を捉えながら戦略を練る仕事だし、何より実際に試せるのが楽しい。
もちろん失敗することも多いですが、失敗した原因を分析して、次の手を打つこともゲーム感覚なので、苦ではないです。

ここが楽しい!Webマーケティングの魅力・やりがい7選
僕が感じるWebマーケティングの7つの魅力・やりがいの紹介と、僕がWebマーケティングをしていて楽しい!と感じる場面を紹介します。

Webマーケターを選ぶメリットって何?

未経験からできること、将来性が高いこと、自由度高く働けること、稼げること、です。

Webが欠かせない今の世の中でビジネスをする上で、ニーズが高く注目の仕事になっています。
転職市場での市場価値も高いのでキャリア作りや潰しが効くのもメリット。

僕が感じるWebマーケターで働くメリットは10個。
こちらの記事に書きました。

Webマーケターで働くメリット・デメリット
現役Webマーケターの僕が感じるWebマーケターで働くメリット・デメリットを紹介します。

Webマーケターってホントに未経験でも転職できるの?何歳まで転職できる?

未経験でも転職できます。
Webマーケターは実力主義なので年齢制限もないです。

ただし、転職のしやすさで言うなら年齢は大事です。
当然ながら若い方がなりやすい。
若ければ若いほどポテンシャルを重視されるし、Webマーケの経験と実績を求められなくなるので。

Webマーケティングに年齢は関係ない理由
Webマーケティングに年齢が関係ない理由と、年代別の転職時のポイントについて解説します。

僕は33歳の時に未経験からWebマーケターになりました。
30代以降で未経験からWebマーケターになるためには本業の実績+個人レベルのWebマーケ実績を磨くことがマストですね。

30代未経験でWebマーケティング転職できる?【結論:できます】
33歳でWebマーケターに転職した僕が、30代未経験でWebマーケティング転職するためにやるべきことを解説します。

Webマーケターは未経験でもなれますが、流石に知識も経験も完全ゼロの完全未経験だと厳しいので、「最低3か月は自分でWebマーケティングをやってみる&成果を出せるように試行錯誤する」のが大事です。

Webマーケティングは未経験だと厳しい?【結論:完全未経験は難しい】
Webマーケティング転職は知識ゼロ・経験ゼロの完全未経験だと厳しいです。その理由と解決策を紹介します。

Webマーケターになるにはどうしたらいい?

独学かスクールでWebマーケの基礎を勉強して、個人で最低3か月以上実践してみて、そこでやったこと&成果を上手くアピールできれば転職できます。

求人は企業のHPから直接応募したり、転職サイト経由、転職エージェント経由、知人紹介、セミナー経由など色々なルートがあります。

知人紹介が使えると確率が最も高いですが、知人にいなければ転職エージェント経由が確度が上がるのでおすすめです。

未経験からWebマーケターになるには?現役Webマーケターが解説
Webマーケターになるには何をしたらいいか?を徹底まとめ。未経験からWebマーケティング転職する方法を現役Webマーケターが解説します。

Webマーケターは成果を出せないとクビになる?

会社員Webマーケターならよほどの事がない限りクビにはならないです。

会社員は会社に守られます。
だいたい担当者+管理者のチームで働くので、一人が全ての責任を負うことがほとんどないからです。
莫大な損失を出した、名誉棄損したなど、あってはならないことですが、仮にあったとしても守られるのが会社員(正社員)のメリットでもあります。
ローテ、降格、減給などは覚悟が必要ですが・・・。

大きな予算を預かったり、企業イメージ・ブランドなどの好感度に影響を与えるなど、影響力・責任範囲はとても大きい仕事なのでしっかり働くことが大事です。

フリーランスWebマーケターは誰も守ってくれないので、成果を出せないと契約終了になります。

Webマーケターと営業って何が違うの?

商品やサービスを直接売るかどうか、が違います。

Webマーケターは見込み顧客を集めたり、注文を増やす、問い合わせを増やすなどのモノが売れる仕組みを作る仕事。
営業は顧客を訪問して、商品やサービスを直接売る仕事です。

Webマーケターと営業の違いは?どっちがおすすめ?
今回はWebマーケターと営業の違いについて、両方を経験してきた僕の経験談から解説します。仕事選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

WebマーケターはWebデザイナーと何が違う?

Webデザインを作るか、Webサイトを使った集客・売上UPの仕組み作りをするかの違いです。

Webサイト、広告バナーなどのWebデザインを作るのがWebデザイナー。
Webサイトへの集客を考える・Webサイトからの売上を増やす方法を考えるのがWebマーケターです。

WebマーケターとWebデザイナーの違いは?どっちがおすすめ?
WebマーケターとWebデザイナーの違い、就職・転職難易度、どっちがおすすめなのかを解説しますので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

WebマーケターとWebディレクターって何が違うの?

Web制作に携わるかWebマーケティングに携わるかの違いです。

Webサイトのデザイン・構築などWeb制作の領域で指揮・進行管理をするのがWebディレクター。
ブログ記事・LP・フォーム改善・アクセス解析などWebマーケティングの領域で実務を行うのがWebマーケターです。

WebマーケターとWebディレクターの違いは?どっちがおすすめ?
WebマーケターとWebディレクターの違いは何?どっちがおすすめ?そんな疑問に答えます。

WebマーケターとWebエンジニアって何が違うの?

プログラミングをするか、Webマーケティングをするかの違いです。

プログラムのコードを書いてWebサイトやWebサービスを作るのがWebエンジニア。
WebサイトやWebサービスに集客する方法を考える&売上を増やす施策を行うのがWebマーケターです。

WebマーケターとWebエンジニアの違いは?どっちがおすすめ?
WebマーケターとWebエンジニアの違いって何?未経験で始めるならどっちがおすすめ?そんな疑問に答えます。

怪しいWebマーケティング会社を避けるためには募集要項はどこを見ておけば安心?

直観を大事にしましょう。
ギラギラした写真、派手なキャッチコピー、想定年収300万~1000万など給料に幅がありすぎるなど、きちんと補足説明がなく、違和感を感じたら注意。
あとは、募集要項で分かるのはほんの一部なので、面接で会社訪問した時の雰囲気が合うかも大事です。

ブラックなWebマーケティング会社の見分け方についてはこちらの記事に詳しく書いたので参考にしてください!

ブラックなWebマーケティング会社の見分け方10選【ホワイト企業に入る】
ブラックなWebマーケティング会社を見分ける方法を10個解説します。

Webマーケターになるのに有利な学歴・学部とかってあるの?

未経験のポテンシャル採用で地頭の良さを見るために学歴が見られることはあります。
新卒ならマーケティング理論や経営学を選考している、統計学やプログラミングを専攻していたなどはちょっと有利になります。

ただ、学歴・学部よりも個人レベルでも実際にどれだけWebマーケティングをやってきたか、どれだけの実績があるか、の勝負。
成果物を見せたもん勝ちなので、学歴・学部はあんまり気にしなくていいです。

Webマーケターに学歴がいらない理由。それは実力主義だから。
Webマーケターに必要なのはスキルと経験。今回はその辺をお話しします。

同じく、文系・理系の優劣もないです。

Webマーケターは文系と理系どっちが有利?【結論:優劣はない】
僕は文系出身でWebマーケターをしていますが、結論、文系・理系による優劣はありません。文系と理系で有利・不利はないです。

Webマーケターって将来性ってある?

超ある。
マーケティングは経営に直結するし、今のWebの世の中でWeb活用がマストだし、Webマーケ人材は不足してるし、Webマーケティング業界が伸びてるし・・・。
ポジショントークになってしまいますが、おすすめですよ。

Webマーケティング職は今後なくなる?【結論:将来性がある】
Webマーケティング職は将来性があります。Web広告市場、ECサイト市場、Webマーケターの採用市場の3つの面から解説します。

Webマーケターは稼げるってほんと?

ほんと。

会社員Webマーケターの平均年収は高いし、本業の延長で副業がしやすい。
フリーランスになったり・起業する人も多いです。

ただ、スキルと実績は必要。
未経験からWebマーケターになる時は、実績をアピールできないと年収ダウンは当たり前くらいに思っておいたほうがいいです。
とはいえ、1~2年も経験すればスキルもノウハウも実績も溜まるので、給料はどんどん上がっていきます。
給料が上がらないなら、今度は経験者Webマーケターとして比較的楽に転職したり、副業を狙えます。

Webマーケティングが稼げる3つの理由
結論、Webマーケティングは稼げる仕事です。今回はWebマーケティングが稼げる理由を3つ紹介します。

Webマーケターは自由に働けるってほんと?

ほんと。

在宅勤務(出社と在宅併用、フルリモート)、フレックス、副業、服装自由、業務委託(フリーランス)など、かなり自由度が高く働ける仕事です。

Webマーケターで身につけたスキルを活かして転職するならどんな仕事がある?

Webディレクター、Webプランナー、データアナリスト、プロジェクトマネージャーなどWeb系職種にジョブチェンジするのが一般的です。

Webマーケティング職の5つのキャリアプランを解説
Webマーケティング職の5つのキャリアプランについて、僕の経験や友人Webマーケターの話を踏まえて紹介します。

Webマーケターはやめとけって言われてるけど、実際どうなの?

個人の向き・不向きによる適性と、会社の職場環境によります。
僕はWebマーケターおすすめ派です。

Webマーケティング業界やめとけ説は本当?【結論:やってみないと分からない】
Webマーケティング業界やめとけ説は本当なのか?現役Webマーケターの僕の経験から解説します。

持っていれば有利になるWebマーケティングの資格って何?

コレという資格はないです。
実績勝負なので。
会社で指定された資格、推奨している資格があればソレになります。

Webマーケティングに資格は必要?【結論:資格はいらない】
Webマーケティングに資格はいらない理由と資格よりも大事なことについて、現役Webマーケターの僕が紹介します。

自分にWebマーケターの適性があるかわからないんですが・・・。

Webマーケターに向いている人・向いてない人についてはこちらの記事にまとめています。

Webマーケティングに向いてる人・向いてない人の特徴一覧!適性診断あり
Webマーケティングに向いてる人・向いていない人の特徴を一覧化しました。適性診断も用意したのでぜひやってみてください。

ただし、究極のところ、やってみないと分からないので、興味があれば、一度やってみることをおすすめします。

Webマーケターは副業できる?どんな副業があるの?

副業できます。

自身でブログやSNSアカウントを作っておすすめ商品やサービスなどの情報を発信して、Googleアドセンスやアフィリエイトなどの広告収入を得ることができます。
また、クライアントのSEO対策、ライティング、広告運用、SNS運用などの実務を請け負ったり、Webマーケティング関係のコンサルティング、教育係やメンターになるという方法もあります。
あとはnoteなどの有料商材を作って売ることもできます。

Webマーケティングは独学で身につくものなの?

はい。独学でも身につきます。

Webマーケティングの基礎を学べる本や、ネット情報など、探せば沢山あるので、それを使えばいいです。

ただ、Webマーケティングは知識よりも実践できるかが全て。
独学する場合もインプットよりもアウトプット重視でいきましょう!

【ロードマップ】Webマーケティングを独学で身につける勉強方法(無料あり)
Webマーケティングを独学で身につけるためのロードマップを現役Webマーケターが徹底解説します。

Webマーケターはリモート・在宅で働ける仕事?

リモートで働けます。
多くの会社がリモート・在宅OKです。

Webマーケターの大変なところって何?何がストレス?

数字による成果を求められるので、結果を出すための試行回数、行動量を積み上げるのが大変になることもあります。

あとは社内・クライアント・協力会社のパイプ役になることが多いので、方針の擦り合わせ・日程調整・進捗確認・人間関係などがストレスになることがあるかもです。

僕が感じるWebマーケターの大変さについてはこちらの記事に書きました。

Webマーケティングで辛い・しんどい・きつい・大変と感じる時10選
現役Webマーケターの僕が感じるWebマーケティングの辛い・しんどい・きつい・大変と感じることを紹介します。

Webマーケターは残業多い?忙しい?ホワイトな働き方がいいな・・・

会社によります。

会社選びのアドバイスとしては、できれば下請けではなく発注する側で働くとホワイトになりやすいです。

事業会社>下請け会社(元請け)>二次請け・三次請け・・・と、下請けの階層が深くなるほど利益が抜かれて儲けが低い(給料も安い)・納期がキツイとなりがちです。

僕は事業会社のWebマーケターをしてますが、納期は自分で決められるし、決断権もある。
残業も月5~10時間くらいで快適ですよ。

楽な仕事を探してるんだけど、ぶっちゃけWebマーケターってどう?

んー、楽な仕事が何を指すのかですが、作業量が少ない・頭を使わなくていい・人と接する機会が少ない、などの仕事をお探しの方は、Webマーケターはやめておいたほうが良いです(笑)

Webマーケターは施策のアイディアも、量も、質もボリューミーに求められるし、クライアント・社内・協力会社の担当者と仕事を進めるので。

Webマーケターになるのにポートフォリオは必須なの?

必須ではないです。
ただ、あったほうが断然良いです。

実績をテキスト+キャプチャで視覚的にアピールする意味で訴求力が高くなります。
あと、まとめる力や見せ方の上手さ、資料作りの上手さもついでにアピールできますので。
ポートフォリオを作れると転職時の強力な武器になります。

Webマーケティング転職のポートフォリオの作り方のコツ
Webマーケティング転職の書類選考を突破するためのポートフォリオの作り方を解説します。

Webマーケターはプログラミングができたほうがいい?

できなくても大丈夫です。

ただ、あるとWebスクレイピングでの情報収集とか、Excel作業の自動化など、仕事のスピード&質が上がります。

あと、Webサイトを構築できるスキルがあると、自分でLPとかサイトデザインを作ったり・修正できるので仕事の幅が広がって楽しいです!

Webマーケターにプログラミングは必要?【結論:必須ではないがあると有利】
結論、Webマーケターにプログラミングスキルは必須ではありません。ただ、プログラミングができると仕事の質と幅が広がるのでおすすめです。

Webマーケターになるのに読んでおいたほうがいいおすすめ本が知りたい

こちらの記事にWebマーケの勉強&Webマーケ転職におすすめの本10選をまとめましたので参考にしてください!

初心者におすすめなWebマーケティング本10選【独学&転職】
Webマーケティングの独学&転職におすすめなWebマーケティング本を厳選して紹介します。

インハウスWebマーケターって何?

事業会社で働くWebマーケターのことです。

自社の商品・サービスを持つ会社に勤務して、自社サイトに集客して、サイトで商品・サービスの魅力を訴求して注文を獲得する、など売上に貢献します。
一方で、他社の商品・サービスが売れるWebマーケティングサポートをするのがWebマーケティング代行業者、広告代理店です。

インハウスWebマーケターとは?僕が感じるメリット・デメリット
人材会社のインハウスWebマーケターとして働く僕が、仕事内容やメリット・デメリットなどを紹介します。

Webマーケティングを独学するかスクールに通うか迷っています・・。

独学でもスクールでもどちらでも良いので自分に合った方を選んでください。

スクールの方が最短でエッセンスを学ぶことができるし、つまづいたときもサポートがつきます。
高確率でWebマーケターになれるのでお金に余裕がある方はぜひ検討してください。

Webマーケティングスクールの比較一覧表【おすすめ7選】
Webマーケティングスクールの比較一覧表を作りました。「転職の叶いやすさ」「やりたいこと」「コスパ」「通学のしやすさ」の4つの目的別の選び方も紹介します。

ただ、いずれにしても一度独学してみると高いお金を払う前に「やっぱ違うな」というアンマッチを未然に防げます。
Webマーケター転職後も独学スキルが活きるので、まずは独学してみるのがおすすめです。

【ロードマップ】Webマーケティングを独学で身につける勉強方法(無料あり)
Webマーケティングを独学で身につけるためのロードマップを現役Webマーケターが徹底解説します。

WebマーケティングとWeb制作は収入ややりがい、将来性など様々なことを踏まえるとどっちがおすすめなの?

Web制作はWebデザイン、プログラミングなどでWebサイトを作る仕事。
WebマーケティングはWebサイトにSEOや広告やSNSなどを使って人を集めて、サイト上で商品・サービスの魅力を伝えて売るための仕組みを作る仕事です。

Web制作は参入障壁が低くライバルが多いのと、簡単にサイトが作れるWebサービスやAIの登場などがあります。
やりがいは個人の志向によりますが、収入面や将来性は人を集めてモノを売るというビジネスの本質に関われるWebマーケターのほうが上です。
なので、僕はWebマーケターをおすすめします。

Webマーケティングをするに当たって、最低限あったほうがいいスキルって何?

自己解決力があると強いです。

Webマーケティングは用語から概念から、方法、ツールの使い方、考え方、ニーズ調査、事例調査・・・などなど、何をするにも検索から始まります。
ググる力、そして、目の前の事象に当てはめて自分で解決する/解決策を練る力が必要です。

Webマーケターに必要なスキルはこちらにまとめています。

未経験者必見!Webマーケターに必要なスキル20選
Webマーケターに必要なスキルを、基礎スキル、SEOマーケター向き、Web広告マーケター向き、SNSマーケター向き、その他とカテゴリ別に解説します。

Webマーケターにおすすめのパソコンスペックが知りたいです

WindowsならCPUはCorei5以上、メモリ16GB以上、ストレージ500GB以上のスペックで選べばOKです!
画面サイズは持ち運びも考えるなら13インチがおすすめ。
ちなみに僕は会社ではWindowsノート、プライベートではMacBook Proを使ってます。

パソコンの選び方について詳しくはこちらの記事にまとめています。

Webマーケティングにおすすめのパソコンの選び方
Webマーケティングにおすすめのパソコンの選び方を紹介。MacかWindowsか、Webマーケティングに必要なPCスペック、迷ったときの選び方など徹底解説。

Webマーケター求人を探すのにおすすめの転職サイト・転職エージェントが知りたい

未経験からWebマーケターになるなら、未経験可の求人数が多く、サポートが手厚いリクルートエージェントdodaマイナビエージェントがおすすめ。

Webマーケティング転職におすすめの転職サイトと転職エージェントについてはこちらの記事に詳しくまとめています。

未経験からのWebマーケティング転職におすすめな転職サイトと転職エージェント
未経験からのWebマーケティング転職におすすめの転職サイトと転職エージェントをランキング形式で紹介しています。僕が使った感想・レビューあり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました