市場価値診断ならミイダス!

SEOキーワードの入れ方【検索上位を取る】

SEOキーワードの入れ方【検索上位を取る】

SEOキーワードの入れ方【検索上位を取る】

検索上位を取るためのSEOキーワードの入れ方は次の通りです。

  • ①タイトル(title)
  • ②見出し(h2)
  • ③メタディスクリプション(meta description)

難しくないのでご安心を。

順番に説明します。

①タイトル(title)

記事タイトル(title)には必ず狙っているキーワードを入れます。

このとき、キーワードはタイトルのできるだけ先頭に使うのがポイントです。

なぜなら検索エンジンはタイトルの先頭にあるキーワードを重要だと認識するから。

この記事であれば以下のようにします。

  • ○ SEOキーワードの入れ方【検索上位を取る】
  • △ 【検索上位を取る】SEOキーワードの入れ方

また、キーワードを先頭に入れることで人の目に留まりやすいというメリットもあります。
人が検索結果画面を見るときはタイトルの文字列を左から数文字読んで読む・読まないの判断をする傾向があるからです。

※ただし、ユーザーがクリックしたくなるようにタイトル先頭にキャッチーなフレーズを入れて目立たせるのもアリ。
Googleサーチコンソールで検索順位やクリック率CTRを見ながら判断するといいです。

あと、文字数は検索結果画面で見切れないように32文字以内でつけましょう。

②見出し(h2)

見出し(h2)には狙っているキーワードをできるだけ入れましょう。

h2見出しは検索エンジンに文章構造を伝える重要な見出しだからです。

タイトル+h2見出しで文章構造を認識してもらい、詳細は文章全体で判断してもらうイメージ。

h3見出し以下(h3~h6)については、狙っているキーワードを入れると読みにくくなるのと、キーワード入れ過ぎのリスクがあります。
なので、h3~h6見出しはキーワードを無理に入れず「シンプルな見出し・自然な見出し」とすれば大丈夫です。

当記事であればこんな感じ。

  • (h2)SEOキーワードの入れ方【検索上位を取る】
  • (h3)①タイトル(title)
  • (h3)②見出し(h2)
  • (h3)③メタディスクリプション(meta description)

↑(h3)SEOキーワードの入れ方①タイトル(title)などとh3まで全てキーワードを入れ込むとやりすぎ感あり。
そして読みにくくなる。

③メタディスクリプション(meta description)

メタディスクリプションにもキーワードを入れます。

メタディスクリプションは検索結果画面でタイトルの下に表示される記事の説明文。
ワードプレスなど、ページごとに設定できるブログが良いです。

メタディスクリプションに入れるキーワードの位置は、タイトルと同じくなるべく文頭に入れるといいです。

文字数は100文字程度で設定しましょう。
長すぎると検索結果画面で見切れてしまうからです。
スマホだと表示文字数が少なくなります。

SEOキーワードの入れ方の補足

SEOキーワードの入れ方の補足情報です。

  • ①アンカーリンクのテキスト
  • ②画像には代替テキスト(alt)
  • ③メタキーワードは設定不要
  • ④キーワードを過剰に詰め込まない

①アンカーリンクのテキスト

テキストリンクには、リンク先を表すキーワードを入れた文字列にリンクを設定しましょう。

これは、検索エンジンはリンクの設定されている文字列を認識するためです。

例えばこんな感じになります。

②画像の代替テキスト(alt)

画像には代替テキスト(alt)を入れましょう。

検索エンジンは画像の中身が何なのか?判断できません。
どんな画像なのか?書かれている文字があれば何なのか?をテキストで補足してあげる必要があります。

画像にaltを設定しておくことで画像検索でヒットするようになります。
画像SEOという言葉があるくらいなので、SEO対策として忘れずに設定しましょう。

代替テキストの内容はページや見出し、図表を表す内容を設定すれば良いです。

  • サムネイル画像 → 記事タイトル
  • h2見出し下 → h2見出しのテキスト
  • 図表 → 図表で書かれている内容

※代替テキストは、ネットワーク環境が悪いなどの理由で画像がうまく読み込めない場合に表示されるテキストです。
画像がなくてもテキストを読めば「こんな画像が貼ってあるのね」とユーザーが分かります。
ユーザビリティ上も重要です。

③メタキーワードは設定不要

メタキーワード(meta keywords)は設定不要です。

現在、SEOにおいて意味がないからです。
自分で狙っているキーワードを忘れないように設定するなどの使い方もありますが、ソースコードを見れば競合に戦術がバレてしまうので注意です。

※メタキーワードをサイト内検索などで使用している場合はサイトの利便性のために設定しましょう。

④キーワードを過剰に詰め込まない

キーワードを過剰に詰め込むのはやめましょう。

これはタイトル、見出し、ディスクリプション、文中の全てにおいて、です。

普通に、自然に、違和感なくキーワードを入れていれば問題ないです。

たとえばNGなタイトルの例を出すとこんな感じ。

  • ×【SEO対策】SEO対策のためのキーワードの入れ方!SEO対策はこれで完璧!

↑[SEO対策]を入れ過ぎている

まとめ:SEOキーワードは「適度」に入れるべし

あらためてこの記事のまとめです。

SEOキーワードを入れる場所

  • ①タイトル(title)
  • ②見出し(h2)
  • ③メタディスクリプション(meta description)

以下、キーワード入れるときに合わせて意識したいこと。

  • ①アンカーリンクのテキストには遷移先を表すキーワードを入れる
  • ②画像の代替テキスト(alt)を設定する
  • ③メタキーワードは設定不要
  • ④キーワードを過剰に詰め込まない

今回は以上です。

SEOキーワード選定のやり方についてはこちらの記事にまとめています。

SEOキーワード選定の全て

SEOの勉強方法はこちらの記事をどうぞ。

【初心者向け】SEOの勉強方法