市場価値診断ならミイダス!

SEOがオワコンな理由【オワコン化させない戦略も解説】

SEOがオワコンな理由【オワコン化させない戦略も解説】

SEOがオワコンと言われる理由

SEOがオワコンと言われる理由は次の通りです。

  • ①SEO対策している競合サイトが多い
  • ②ユーザーの検索環境の変化
  • ③SEOの評価基準がどんどん変化していく

順番に説明します。

①SEO対策している競合サイトが多い

SEOがオワコンと言われる1つ目の理由はSEO対策している競合サイトが多いからです。

要はレッドオーシャン。

競合がサイトを作り込んだり、品質の高い記事を大量投下していたり、更新頻度が1日に何回もあるなど、競合が強すぎるとまともに戦えないです。

SEOはドメインの運用歴や被リンクの質なども評価対象なので、これから新規で参入する場合などは特に厳しくなります。

競合が強く上位表示が難しいケースではSEO効果が望めなくなります。

②ユーザーの検索環境の変化

SEOがオワコンと言われる2つ目の理由はユーザーの検索環境の変化です。

今や検索する場所は検索エンジンに限らないからです。

TwitterやInstagram、YouTubeなどで情報収集するユーザー、SNS内での検索、ハッシュタグから調べるなどのユーザー行動の変化が出てきています。

こうしたユーザーの検索環境の変化により、SEOが昔ほど効果が上がらないケースがあります。

③SEOの評価基準がどんどん変化していく

SEOがオワコンと言われる3つ目の理由はSEOの評価基準がどんどん変化していくことです。

近年SEOの評価基準に大きく影響するアップデートがありました。

  • YMYL
    …お金や生活など、人の人生を左右するコンテンツが厳格評価へ
  • E-A-T(専門性・権威性・信頼性)
    …サイトの専門性や著者などがこれまで以上に評価されるように
  • Core Web Vitals
    …ページ読込時間やレイアウトのズレのなさを評価するユーザー体験重視に

これらにより、サイトの取扱いテーマによっては検索順位に大きく変動が発生。

個人ブログよりも企業ブログの方が有利な時代になりました。

また、ユーザー体験重視の傾向が強まり、サイトのパフォーマンスがより見られるようになってきています。
これは技術的なWebサイト構築に関わる部分でもあり、専門性が高い内容です。

SEOをオワコン化させないための方法

SEOをオワコン化させないための方法は3つあります。

  • ①本質:Googleの目指すところに合わせる
  • ②SEO以外のSNS・動画発信も行う
  • ③競合との棲み分け、独自性を出す

①本質:Googleの目指すところに合わせる

まずは本質、つまりGoogleの目指すところに合わせることです。

あらためてGoogleが掲げる10の事実を確認しておきましょう。

ユーザー体験を向上させるコンテンツ、表示スピードの高速化、多くの人に評価されるコンテンツ、正攻法のやり方(抜け道、裏技的なものは評価されなくなる)など、そこには多くの重要事項が書かれています。

Googleのアップデートはこれらを目指す過程で行われています。

10箇条に反する内容や、小手先のテクニック、裏技などは、仮に今通用しているとしても「将来的には意味のないもの」、もしくは、「ペナルティを受けてサイトの評価が下がる」ことになります。

なので、サイトの運営方針をGoogleに合わせることが非常に大事です。

②SEO以外のSNS・動画発信も行う

続いて、SEO以外のSNS・動画発信も行うことです。

なぜならユーザーの検索の場が多様化してきているから。

検索エンジン以外での検索の増加です。
TwitterやインスタなどのSNSや、YouTubeなどの動画配信サイトで検索&課題解決することが増えています。

また、一般的にSNSでの拡散に被リンク効果はありませんが(リンクはnofollow扱い)、サイトや個人名を「指名検索されること」が間接的にサイトの評価を上げます(サイテーション)。

なので、SEO以外のSNSなどでの拡散・集客を行うことは間接的なSEO対策としても重要です。

ジャンルによってSNS向き、SNSでもインスタ向き、YouTube向きなどが異なるので、テーマに応じた集客戦略を考える必要があります。

③競合との棲み分け、独自性を出す

最後に、競合との棲み分け、独自性を出すことが重要です。

たとえば企業サイトが得意としている王道の解説コンテンツ、逆に個人ブログの方が書きやすいネガティブな情報や口コミ、レビュー、ランキング系のコンテンツなど、競合にあわせて棲み分けが必要です。

また、サイトを運営するときは独自性を出しましょう。

オリジナリティがSEOで評価されるのはもちろん、独自の視点や体験に基づくコンテンツはファンを獲得します。

仮にSEOでの集客が落ちたとしても、リピーターが何回も訪問してくれるサイトであればリスクヘッジにもなります。

個人の経験や専門性による「一次情報」を発信できるようなテーマ選びをしましょう。

まとめ:SEOをオワコン化させない戦略が大事

本記事のまとめです。

サイトを運営する身として、まずはSEOがオワコンと言われる理由を理解しておくことが重要です。

SEOがオワコンな理由

  • ①SEO対策している競合サイトが多い
  • ②ユーザーの検索環境の変化
  • ③SEOの評価基準がどんどん変化していく

これらを踏まえた上で、SEOをオワコン化させない戦略を取りましょう。

SEOをオワコン化させないための方法

  • ①本質:Googleの目指すところに合わせる
  • ②SEO以外のSNS・動画発信も行う
  • ③競合との棲み分け、独自性を出す

時代に合わせたSEO戦略を取りましょう!

SEOの勉強方法はこちらの記事を読んでください。

【初心者向け】SEOの勉強方法