【無料でも十分】SEOツールのオススメ14選

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

無料でも十分すぎるSEOツールのオススメを14個紹介します。

無料だからといってあなどるなかれ。

使い方と合わせて要チェックです!!

【無料でも十分】SEOツールのオススメ14選

スポンサーリンク

SEOツールの種類

SEOツールには大きく分けて次の種類があります。

  • キーワード選定ツール
  • 検索順位チェックツール
  • アクセス解析ツール
  • SEO内部対策ツール(テクニカルSEOツール)
  • SEO外部対策ツール(被リンクチェックツール)
  • 競合分析ツール

それぞれ紹介します。

スポンサーリンク

キーワード選定ツール

  • キーワードプランナー
  • Ubersuggest
  • ラッコキーワード
  • Google Trends

キーワードプランナー(無料)

キーワードプランナーはGoogle公式のキーワード調査ツールです。

主にキーワードの月間検索ボリュームを調べるのに使用します。

SEOキーワード選定には欠かせないツールです。

関連キーワードの調査にも使えますが、キーワード数は少ないのでUbersuggestやラッコキーワードなども併用するといいです。

※広告出稿していないと検索ボリュームが5000~1万などあいまいな数字で表示されます。

ラッコキーワードとキーワードプランナーを組み合わせたキーワード選定のやり方は以下の記事に詳しくまとめています。

SEOキーワード選定の全て

Ubersuggest(無料プランあり)

Ubersuggestはキーワード分析ツールです。

主にキーワードの月間検索ボリュームを調べるのに使用します。
キーワードプランナーと合わせて使うと良いです。

調べたいキーワード、または、ドメインを入力すると関連キーワード・キーワードの月間検索ボリューム、SEO難易度などが分かります。

競合サイトのドメインの強さや被リンク数、SEOキーワード、アクセス数などの予想データもわかるので競合調査にも使えます。

無料版では検索回数やキーワード検索ボリュームの表示に制限がありますが、非常に利用価値が高いです。

ラッコキーワード(無料)

ラッコキーワードは関連キーワード取得ツールです。

気になるキーワードで検索すると、それに関連するキーワードが一括で取得できます。

SEOキーワード選定時や、サイト設計時、記事作成時に網羅性を出すために使用します。

ラッコキーワードとキーワードプランナーを組み合わせたキーワード選定のやり方は以下の記事に詳しくまとめています。

SEOキーワード選定の全て

Google Trends(無料)

Google TrendsはGoogle公式のキーワードトレンド調査ツールです。

Googleで検索されているキーワードの検索トレンドがどのように移り変わっているのかを分析できるツール。

検索トレンドをグラフで見れるので、SEOキーワードを探すときに役立ちます。

SEOではグラフが横ばいのキーワード、微増しているキーワードが狙い目です!
(逆に、急上昇キーワード、下降トレンドのキーワードはSEO的には狙わないor後回しで良いキーワードです)

最大5つのキーワードを比較可能です。

※注意点
検索件数ではなく、地域、期間ごとのすべての検索に対する割合が0~100で表示されます。

スポンサーリンク

検索順位チェックツール

  • Google Search Console
  • GRC

Google Search Console(無料)

Google Search ConsoleはGoogle公式の検索順位の分析ツールです。

主に流入キーワードを確認するために使用します。

どのキーワードで何回表示されているのか、検索順位は何番目なのか、クリック率はどれくらいかが分かります。

上位表示しているのにクリック率が低い場合、記事タイトルかディスクリプションに問題ありです。
修正することでアクセス数を改善できます。

※YahooやBingなどの他の検索エンジンでの順位は分析できない点に注意。

その他にも以下のように役立つ機能がいろいろあります。

  • URL登録/更新申請
  • URL削除申請
  • ページのインデックス状況
  • ページの表示速度が適切か
  • モバイルフレンドリーなサイトになっているか?
  • AMPのエラーがないか
  • パンくずのエラーがないか
  • 自分のサイトにリンクしている外部リンク
  • ペナルティを受けていないか など

サイトを運営するなら必ず利用したいツールです。

GRC(無料プランあり)

GRCはキーワードの順位計測ツールです。

設定したURLとキーワードについてGoogle・Yahoo・Bingすべての検索順位をリアルタイムでチェックできます。

キーワードの推移を過去から現在までグラフでわかるのもいいです。

無料版でも十分使えますが、登録できるキーワード数や順位計測回数に制限があります。

スポンサーリンク

アクセス解析ツール

Googleアナリティクス(無料)

GoogleアナリティクスはGoogle公式のアクセス解析ツールです。

アクセス解析のマストツール。

  • ユニークユーザー数
  • セッション数
  • PV数
  • 直帰率
  • 離脱率
  • 滞在時間
  • ユーザーの年齢層
  • アクセスの多い時間帯
  • 流入経路
  • サイト内でのユーザー行動
  • ユーザーの使用デバイス

期間別の比較をすることが重要です。
月別に数値の変化の推移をみて、改善するために使用します。

スポンサーリンク

SEO内部対策ツール(テクニカルSEOツール)

  • Lighthouse(Chrome拡張機能)
  • PageSpeed Insights
  • Screaming Frog SEO Spider

Lighthouse(Chrome拡張機能。無料)

Lighthouse(Chrome拡張機能)はGoogle公式の内部SEOチェックツールです。

ページの読込速度などのパフォーマンス、アクセシビリティ、SEOのチェックなどをスコア付きで分析してくれます。

合わせて改善案も教えてくれるためサイト改善にピッタリです。

PageSpeed Insights(無料)

PageSpeed InsightsはGoogle公式のページ表示速度を診断してくれるツールです。

Lighthouseのスピードインデックスに特化して分析してくれるツール。

PageSpeed Insightを使えば、URLを入力するだけで簡単にチェック可能です。
スピードを改善する方法も教えてくれるので便利です。

SEOではページの表示速度が重要。

3秒以内を目指しましょう。

Screaming Frog SEO Spider(無料プランあり)

Screaming Frog SEO SpiderはWebサイトの構造を分析するためのツールです。

サイトのURLを入力すると対象サイトをクロールして内部情報を抽出できます。

全URL、リンク切れチェック、リダイレクト設定、タイトル、ディスクリプション、見出しタグなどの調査が可能です。

スポンサーリンク

SEO外部対策ツール(被リンクチェックツール)

Ubersuggest(無料プランあり)(再掲)

Ubersuggestは被リンクチェックツールとしても使えます。

競合サイトのドメインの強さや被リンク数、SEOキーワード、アクセス数などがわかるSEO対策にもってこいのツールです。

スポンサーリンク

競合分析ツール

  • SimilarWeb
  • Ubersuggest(Chrome拡張機能版。無料)
  • META SEO inspector
  • 見出し(hタグ)抽出

SimilarWeb(無料プランあり)

SimilarWebは競合サイトの分析ツールです。

対象ドメインについて、流入経路や流入数、検索キーワード、利用しているSNS、広告利用状況などを分析することができます。

※実数ではないためあくまで参考程度にみること

無料版では機能制限がありますが、十分使えます。

SimilarWeb(Chrome拡張機能版)もあります。

Ubersuggest(Chrome拡張機能版。無料)

Ubersuggest(Chrome拡張機能版)は簡易的な競合分析ツールです。

Google検索結果画面で、競合のドメインオーソリティ(ドメインの強さ)の分析に使います。

また、対象サイト内で起動するとドメインオーソリティに加えてオーガニックキーワード、月間アクセス数、被リンク数、SEOキーワードなどを分析することができます。

※あくまで推定値なので参考までに

シンプルで使いやすく、有効なツールなのでオススメです。

META SEO inspector(Chrome拡張機能。無料)

META SEO inspector(Chrome拡張機能)は対象ページのメタ情報を分析するツールです。

競合サイトのタイトルタグ、ディスクリプション、見出しタグの分析などに使います。

SEOではtitle(h1)とh2タグがとくに重要。

このツールを使えば簡単に競合調査できます。

SEOライティング時に重宝するツールです。

見出し(hタグ)抽出(無料)

見出し(hタグ)抽出は対象キーワードで上位されている10サイトのタイトル、見出しを一括取得できるツール。

対象キーワードで上位表示されている10サイトについて、タイトル、ディスクリプション、文字数、見出しを一括取得できます。

CSVでダウンロードして使用すると早いです。

ライティング時は毎回お世話になっている神ツールです。

今回は以上になります。
SEOツールを活用して良いサイト作りをしていきましょう!

SEOの勉強方法はこちらの記事にまとめています。

【初心者向け】SEOの勉強方法

SEO
スポンサーリンク
転職ブログ