市場価値診断ならミイダス!

SEOに強いWordPressテーマの選び方

SEOではコンテンツの品質(ユーザーに有益か)が何よりも重要なので「SEOに強いテーマを選んだから上位表示できる」というわけではありません。

ここで言う「SEOに強い」とは、クローラーがサイトを巡回しやすい構造であること、ページ表示速度が早いこと、モバイルフレンドリーであること、ソースコードにエラーがないことなど、SEO上最適なサイト構造であるということです。

また、SEO対策はサイトの運営方針によって色々なやり方が出てきます。
サイトを運営していく上でやりたいSEO対策が細かく設定できるテーマを選ぶことで長く使えるサイトになります。

テーマのデフォルト機能でSEO設定が細かくできるテーマを選ぶことで多くのプラグインを入れなくていいので、メンテナンス面、セキュリティ面でも良いです。

SEOに強いWordPressテーマの選び方

SEO対策の項目ごとに説明します。

titleタグをページごとに設定できる

titleタグにキーワードを入れるのはSEOの基本です。

投稿ページ、固定ページについて、ほとんどのWordPressテーマで個別に設定できると思います。

カテゴリページ、タグページのtitleタグを自由に設定できると良いです。

meta descriptionをページごとに設定できる

meta descriptionにキーワード入れるのはSEOの基本です。

投稿ページ、固定ページについて、ほとんどのWordPressテーマで個別に設定できると思います。

こちらもtitleタグと同じくカテゴリページ、タグページのtitleタグを自由に設定できると良いです。

index/noindexをページごとに設定できる

コンテンツの品質やサイトの専門性を考えた場合にindexしたい記事、indexしたくないページが出てくると思います。

ページごとにindex/noindex設定できると良いです。

カテゴリページ、タグページ、2ページ目など、個別に指定できると良いです。

カテゴリページをカスタマイズできる

カテゴリページのtitleやdescription、アイキャッチ、本文などのカスタマイズができるとカテゴリページをコンテンツ化できます。

タグページをカスタマイズできる

タグページのtitleやdescription、アイキャッチ、本文などのカスタマイズができるとタグページをコンテンツ化できます。

canonical設定できる

複数のURLで類似コンテンツがある場合などで、URLを正規化することでSEO評価の分散を防ぐために使用します。

投稿日/更新日を表示できる

情報の鮮度、更新頻度は検索エンジンにもユーザーにも記事を読む際の重要な情報です。

投稿日と更新日が併記されると良いです。

パンくずリストを表示できる

クローラーのサイト巡回、ユーザーがサイト内で迷わないようにするためにあった方が良いです。

構造化データでマークアップされているテーマの場合、検索結果画面にパンくずリストが表示されるようになり目立たせることができます。

モバイルフレンドリー

SEOではパソコン、スマートフォン、タブレットのあらゆるデバイスで使いやすいサイトデザインであることが重要とされます。

1HTMLでデバイス幅に合わせてデザインを切り替えるレスポンシブデザインが採用されていることがほとんどなので、スマホ対応のテーマを選べば大丈夫です。

アンカーリンクのrel属性を設定できる

外部リンクを貼る場合、自身のサイトのページ評価を相手のサイトに与えないrel=“nofollow”設定ができると良いです。

構造化データに対応している

クローラーは構造化データでマークアップされているコンテンツを認識します。

指定の構造化データでマークアップされているページは、検索結果で目立つ検索結果になります(リッチリザルト)。

検索ギャラリーとリッチリザルトを見る  |  検索セントラル

ページ表示速度が早い

SEOではページ表示速度が重要な指標です。

ページ表示速度は早ければ早いほど良く、1ページあたり3秒以内で表示できると良いです。

AMP対応している

AMPはモバイル向けにページを高速表示する技術です。

ページの表示速度がSEOの重要な指標なのでAMP対応のテーマだと良いです。

ページ高速化機能

SEOで重要な表示速度を高速化するために、ブラウザのキャッシュを利用したり、HTML/CSS/JavaScriptを圧縮する機能があるなど、ページの読み込み速度を高速化する機能があると良いです。

WordPressテーマにあると便利な機能

テーマにあると便利な機能を紹介します。

欲しい機能がない場合はプラグインで個別に導入します。

目次を表示できる

記事ごとに目次を表示/非表示できると便利です。

トップページ、カテゴリページ、タグページ、プライバシーポリシーなどでは目次を非表示に、投稿ページでは目次を表示(目次が不要なページでは非表示)に細かく設定できると利便性が高いです。

SNSシェアボタンを表示できる

Twitter、Facebook他、SNSシェアボタンの表示機能がデフォルトであると便利です。

人気記事ランキングを表示できる

人気記事ランキングの表示機能がデフォルトであると便利です。

関連記事を表示できる

投稿記事のページ下で関連記事表示ができる機能があると便利です。

ページによってウィジェットを出し分けできる

ページIDやカテゴリ、タグによってウィジェットを出し分けできるとアフィリエイト設定を1箇所でできるのでとても管理が楽です。

404ページをカスタマイズできる

404ページのサムネイル画像や、本文がカスタマイズできると削除したページに訪れたユーザーの離脱を少しでも減らすことができます。

タイトル、本文の文字数カウンターがある

タイトルと本文の文字数のカウンター機能があると投稿時に便利です。

アフィリエイトタグの管理機能

アフィリエイトタグを一覧化して管理できる機能があるとタグの管理が楽です。

Google AdSenseを簡単に設置できる

Google AdSenseを任意の場所に設置できる機能があると楽です。

Googleアナリティクスを簡単に設定できる

Googleアナリティクスはサイト運営ではマスト。

テーマに簡単設定機能があると楽です。

Googleサーチコンソールを簡単に設定できる

Googleサーチコンソールもサイトの流入キーワード、パフォーマンスを測る上でマスト。

テーマに簡単設定機能があると楽です。

定型文テンプレートの登録機能

アフィリエイトや繰り返し使う文などをテンプレートとして登録できる機能があると捗ります。

デザインの変更ができる

配色や装飾、レイアウト、フォント、文字サイズ、余白など、テーマでカスタマイズできるとデザインが楽です。

細かいデザイン調整をしたいときは子テーマのCSSファイルで更新します。

記事の効果測定ができる

記事ごとの月間ページビューが分かるといった機能があると簡易的に記事のウケがわかるので参考になります。

詳しくはGoogleアナリティクスで確認します。

SEOに強いWordPressテーマの選び方のポイント

随時アップデートされているか

SEOは日々進化しています。

なので、テーマ側で随時アップデートしてくれると安心して長く使えます。

利用者数が多いテーマだとググればやりたいことの大抵は解決できる

テーマの利用者数は多い方が良いです。

なぜなら、情報が多く手に入るから。

一般的に知られているテーマ、有名どころのテーマであれば、カスタマイズしたい時、悩んだ時にググれば大抵のことは解決できます。

僕が無料のWordPressテーマ「Cocoon」を使う理由

僕は「Cocoon」を愛用しています。

理由は、ここまで紹介してきたSEO設定の全ての機能がデフォルトとしてあるからです。

SEOの各種設定をこと細かに設定できる性能の高さが非常に良いです。

しかも無料。

サイコー過ぎます!!!

Cocoonの仕様:Cocoonの機能一覧

※補足
CocoonにはXML Sitemap送信機能がないのでこれだけはプラグインで実装します。

気になっているテーマがあれば、今回紹介した項目を参考に、調べてみてくださいね。