PR

仕事が続かない20代のための7つの対処法

20代で仕事が続かない…と悩んでいる方へ。

これまでに5回転職、20代で3回転職した僕が、仕事が続かない20代のための対処法を7つ紹介します。

1. 仕事が続かない理由を洗い出す

同じ失敗を繰り返さないために、まずは仕事が続かない理由を洗い出すことが重要です。

たとえばこんな感じで、これまでの退職理由や、仕事をしていて嫌だったこと、辞めようと思った当時状況を書き出してみましょう↓

・仕事内容がつまらない
・そもそも業界に興味が持てない
・取り扱ってる商品やサービスに魅力を感じない
・上司の〇〇なところが嫌
・同僚の人間関係が悪い
・残業が多い
・通勤時間が長い、通勤ラッシュが嫌
・仕事をきちんと教えてくれない
・仕事のやり方が合わない
・オフィスが汚い、薄暗い
・社内規則が嫌 など

とにかく、どんなに小さなことでもいいので、全て出し切ることが大事です。

それが終わったら、具体的な対策に入っていきます。

2. 他人や環境のせいにしない癖をつける

先ほど書き出した仕事が続かない理由の中に他責の理由はどれくらいありましたか?

人間、自分に甘い生き物なので、すぐ他責にします。面倒なことから目を背けたいし、逃げ出したいから他責にして言い訳を作る生き物です。

ただ、これだといつまで経っても成長できません。もちろん明らかに相手や環境が悪い場合があるのでその場合は別ですが。できるだけ自分自身が成長するために、自己責任の視点で考える癖をつけておくことが大事。

つまり、こういうことです↓

・仕事が悪いのではなく、自己分析が足りていなかった
・会社が悪いのではなく、自分の企業研究が甘かった
・環境が悪いのではなく、自分の工夫や改善提案が足りなかった
・他人の仕事の仕方が悪いのではなく、自分の働きかけが足りなかった など

転職活動の退職理由の伝え方では、特にこの視点が欠けていると不採用が続きます。以下の記事に退職理由の伝え方の本質を書きました。

短期離職=人生終わりじゃない!20代で3回短期離職した僕が挽回した伝え方を紹介
短期離職をして人生終わりだ・・と悩んでいませんか?でも大丈夫!20代で3回短期離職した僕が挽回した伝え方を紹介します。

3. 仕事にあれもこれも求めず、優先順位をつける

仕事にあれもこれも理想の条件を求めていませんか?

全て満たしてくれる仕事や会社なんてそうそうありません。
それがしたいなら、起業して自分で会社を作る必要があります。

ということで、希望条件には優先順位を作って、どうしても譲れない条件を3つ決めておきましょう。人事で、年収400万円、在宅勤務可能、みたいな感じです。

それ以上あると、マッチする会社が激減して現状が不満だらけになるし、転職もしにくくなります。

譲れない条件を3つ決めたら、あとは転職活動の進捗によって、入りやすそうな総務や労務も視野に入れようかとか、年収は350万円まで妥協しようとか、出社がメインでもしょうがないか、とかを調整していくのが良いです。

4. 自分の適性に合う仕事で働く

仕事が続かないのは仕事が合っていない可能性があります。

僕はこれでした。新卒から営業だけは嫌という理由で事務にこだわり続けて、3社で事務系の仕事を経験し、どれもつまらなかったり覚えられなくて大変な思いをしました。その後は営業、Webディレクター、マーケターと転職して今に至りますが、営業以降のキャリアは楽しく充実してきました。

なので、何か仕事がつまらない、合わないな、と感じている人は自分の向き不向きを調べてみてください。自分に向いてる仕事の探し方は以下の記事に書きました。

自分に向いてる仕事の見つけ方!迷ったらこの3職種がおすすめ
自分に向いてる仕事が何か散々悩んで、5回転職してきた管理人が、向いてる仕事がわからない時の解決法を紹介します。

また、仕事探しは自分だけで考えるのではなくプロにも頼ったほうが失敗しにくくなります。ハローワークのキャリアコンサルティングや、転職エージェントにも相談してみましょう。

短期離職時に使って良かった転職エージェントのおすすめ3選
5回転職した管理人が短期離職をした時に使って良かった転職エージェントのベスト3を紹介します。

5. 入社前の企業研究に時間をかける

会社選びで失敗してきた人は、入社前の企業研究に時間をかけましょう。

失敗しないためには勤続年数や離職率のデータを見て平均と比べたり、やばいニュースや噂がないかはよく調べておくことです。

ホワイト企業かどうかのチェックリストは以下も参考にしてください。

ホワイト企業チェッカー!ホワイト企業を見分ける7つのチェックリスト
5回転職した管理人が、ホワイト企業を見分けるための7つのチェック項目を紹介します。この記事を読んでホワイト企業を見分けてください!

企業の口コミは転職会議を使うのがおすすめです。

転職会議の口コミはどうなの?実際に使ってみた感想
管理人が実際に転職会議を使った感想とメリットとデメリットを紹介します。

6. 「仕事は仕事」と割り切るスキルを身につける

「仕事は仕事」と割り切るスキル。実はこのスキルはかなり重要です。

特に若いうちは理想が高いし、会社のやり方や自分のやりたい仕事に就けないなど、思うように行かないことが多いので、どうしても割り切る必要が出てくるからです。

仕事は仕事と割り切ってしまい、残業しないで定時で上がる、プライベートや趣味に集中する、恋愛・婚活に集中する、育児や家族と過ごす時間に使う、副業で自分のやりたい事をやる、などの方法があります。

Webマーケティング副業に興味がある人は以下の記事もご覧ください。

Webマーケティング副業で月5万稼ぐ方法!未経験からの始め方
Webマーケティング副業で月5万円を突破した管理人が、未経験からのWebマーケティング副業の始め方を紹介します。

7. 「甘え癖」をなくすために自分を追い込むのも手

仕事が続かない理由が自分の甘さにあるなら、「甘え癖」をなくすために自分を追い込むのも手です。

たとえば、実家暮らしで仕事を辞めても生活できるから嫌なことがあれば仕事をすぐ辞めてしまうという状況なら、実家を出て一人暮らしをして、経済的に自立することをおすすめします。

金銭的に頼れない状況、排水の陣となれば危機感が出て、集中力、就業意欲は自然と高まります。

自分に甘いと思うなら、そのような自分を追い込む環境に身を置きましょう。

キャリアに迷った時にはミイダスのコンピテンシー診断を受けてみるといいです。自分の適職、向いてる職場が分かるので、仕事選びで悩むことはなくなるはずです。

この記事を書いた人
マサキ

人材会社で働く4年目マーケター。新卒で倍率300倍超えの大手食品メーカーに入社するも配属ガチャでハズレを引き退社。その後、ブラック企業2社で事務→人材会社の営業→客先常駐Webディレクター→人材会社のマーケターと5回転職。利用した転職エージェントは10社以上。ハロワ転職、リファラル転職も経験あり。育休取得済。埼玉県在住の36歳男子。嫁と1児と猫2匹と暮らしています。

転職ノウハウ