Web業界のキャリアパスは3つ!Webデザイナーの次は何する?

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

Web業界のキャリアパスは3つ!Webデザイナーの次は何する?

スポンサーリンク

Web業界のキャリアパスは3つ

Web業界のキャリアパスは次の3つがあります。

  • ①一つの職種を極める
  • ②同じ職種カテゴリ内の上位職種につく
  • ③違う職種を経験していく
スポンサーリンク

Web業界のキャリアパス①一つの職種を極める

1つ目のキャリアパスは一つの職種を極めるキャリアです。

WebデザイナーやWebライターなどをずっと追求していきその職種のスペシャリストを目指すキャリアです。

  • Webデザイナー一筋
  • フロントエンドエンジニア一筋
  • バックエンドエンジニア一筋
  • Webディレクター一筋
  • Webライター一筋
  • Webマーケター一筋 など

これはわかりやすいキャリアパスですね。

職種は同じでも、業務範囲を広げたり役職を上げたりとスキルアップできるので、この一つの職業を極めていくやり方は十分ありです。

好き・こだわりが強い人にオススメです。

※職種に就く難易度はありますが、基本的にはどのWeb職種も未経験からスタートできます。

スポンサーリンク

Web業界のキャリアパス②同じ職種カテゴリ内の上位職種につく

2つ目のキャリアパスは同じ職種カテゴリ内の上位の職種につくキャリアです。

例えばこんな感じ。

  • Webデザイナー → UI/UXデザイナー
  • Webライター → Web編集者
  • Webディレクター → Webプランナー/Webプロデューサー
  • Webマーケター → データアナリスト/Webコンサルタント

同じ職種カテゴリ内での自然なキャリアアップです。

自分の興味ある分野を深堀りしつつ、できる仕事の範囲を広げていくことが可能です。

このキャリアパスは年収を上げやすいので、高年収を目指したい人にオススメです。

スポンサーリンク

Web業界のキャリアパス③違う職種を経験していく

3つ目のキャリアパスは違う職種を経験していくキャリアです。

キャリアは職種の数をかけあわせただけあるので、それこそ無数のルートがあります。

代表的なキャリアパスはこんな感じ。

  • Webデザイナー → Webディレクター
  • Webデザイナー → フロントエンドエンジニア
  • フロントエンドエンジニア → Webディレクター
  • フロントエンドエンジニア → バックエンドエンジニア
  • Webディレクター → Webマーケター など

上記は2つの職種の例ですが、3つの職種経験する人もいれば4つ、5つ…と経験する人もいます。

中には、Webデザイナー・フロントエンド・バックエンド・Webマーケター・Webディレクター・Webプロデューサーとあらゆる職種をこなす猛者も。

ドラクエだったらもはや「勇者」ですよね。

そこまでできたら「もうやることないんじゃないの?」と思うかもですが、おそらく終わりは来ないです笑

というのが、Web業界は成長速度が尋常じゃなく、次々に新しい技術が登場しています。

そして、これまでがそうだったように、それらの「未だ見ぬ新しい仕事をこなす新しい職種」も登場してくるはず。

Web業界は「やりこみ要素が高い業界」なんです。

なので、いろいろ経験しながら成長していきたいと考えている人にピッタリです。

スポンサーリンク

まとめ:Web業界のキャリアはどのキャリアプランも正解

Web業界の3つのキャリアパスはどのキャリアプランも正解なので、自分の興味・得意に合わせて選んでくださいね。

さいごに、この記事のまとめです。

Web業界の3つのキャリアパス

  • ①一つの職種を極める
  • ②同じ職種カテゴリ内の上位職種につく
  • ③違う職種を経験していく

未経験からWeb業界へ転職したい人はこちらの記事をぜひご覧ください。

未経験からWeb業界への転職を目指しているあなたに伝えたいこと