【まとめ】Webディレクターのキャリアパス(経験談あり)

Webディレクターのキャリアパスをまとめてみました。

現役Webディレクターの僕が歩んできたキャリアも紹介しますので参考にしてもらえたら嬉しいです。

よくあるWebディレクターのキャリアパス

よくあるWebディレクターのキャリアパスをまとめてみました。

Webプロデューサー/プロジェクトマネージャー

WebプロデューサーはWeb事業全体の責任者的な職種です。

Webディレクターが個別のWeb制作プロジェクトの指揮官であるのに対して、WebプロデューサーはWeb事業全体の責任者です。
ビジネス戦略の立案から、予算、人員、協力パートナーの選定など、より経営的な視点が必要な仕事です。
会社によってはプロジェクトマネージャーと呼ばれます。

Webディレクターの上位職になるキャリアパスです。

Webプランナー

Webプランナーはクライアントのビジネスの目的を達成するために、Webサイト全体の企画・運用設計をする仕事です。

WebディレクターもWebサイトの企画から入ることがありますが、Webプランナーはより企画や提案、などプランニングに特化した職種です。
WebプランナーがWebサイトの方針を固めて、実制作はWebディレクターにバトンタッチするパターンが多いです。

Web制作経験を活かしてWebサイトの企画の専門家になるキャリアパスです。

Webマーケター

WebマーケターはあらゆるWeb手段を活用してクライアントのビジネスに貢献する職種です。

WebディレクターがWebサイトを作る仕事であるのに対して、WebマーケターはWebサイトの集客や売上を上げるための施策を導入・運用・改善する仕事です。
SEO、広告、SNS、メール、MAツール、ライティング、アクセス解析、サイト改善など、クライアントのビジネスに合う最適な方法で施策を行います。

Webディレクター経験を活かしてWebマーケティングにキャリアチェンジすることで、Web制作の知見を活かした効果的なWebマーケティング施策を打ち出すことができます。

僕はこのパターンで転職しました。

Webコンサルタント

WebコンサルタントはWebを使ったクライアントのビジネス課題の解決を行う職種です。

WebディレクターがWeb制作をメインに担当するのに対して、Webコンサルタントはクライアントのビジネス戦略を計画・提案する仕事です。
クライアントのWebサイトの課題を見える化し、分析、成長戦略を提案するなど難易度の高い仕事です。

Webサイトの制作者からWebを使ったコンサルティングを行う専門家になるキャリアパスです。

Webアナリスト

WebアナリストはWebサイトのアクセス解析や、統計分析を行うデータ分析の専門家です。

WebディレクターがWeb制作の指揮官なのに対して、Webアナリストは運用時の現状分析、改善施策を検討します。

Web制作の立場からデータ分析の専門家になるキャリアパスです。

Webクリエイター職

Webデザイナー、Webプログラマー、WebライターなどのWebクリエイター職に転職するキャリアパスです。

Webディレクターと兼務する働き方もありますが、Webディレクション業務はせずにモノづくりに特化する働き方です。

Webディレクターとして仕事の幅を広げていく

Webディレクターのまま専門スキルを増やしていくキャリアパスもあります。

担当する案件に関する業界知識・業務知識を増やしたり、Webデザインスキルやプログラミングスキル、ライティングスキル、Webマーケティングスキル、データ分析スキルなどを習得していく方法です。

Webディレクターと一口に言っても、アートディレクター、コンテンツディレクター、テクニカルディレクターなどそれぞれの専門分野に特化したWebディレクター職もあります。

会社員として働く他にも、Webディレクターとしてフリーランス/起業する選択肢もあります。

異業種に転職する

Web系職種を離れて、営業企画、事業戦略室、経営者、コンサルタントなどの異業種に転職するキャリアパスもあります。

どの仕事に就くにしてもWebディレクター経験で培ったWebの知見やマーケティング力、プランニング力、マネジメントスキルなどを活かして働くことができます。

現役Webディレクターの僕のキャリアパス

僕がWebディレクターになってからのキャリアパスがこちら。

●Webディレクターアシスタント(1か月)

●Webディレクター(1年)

●Webディレクター兼コーダー(1年)

●Webマーケター兼Webディレクター(1年2か月…2021年12月時点)

僕が31歳未経験でWebディレクターに転職した会社は客先常駐勤務のビジネスをしていたため、制作会社2社に常駐勤務しWebディレクターアシスタント(1か月)→Webディレクター(1年)→Webディレクター兼コーダー(1年)と経験しました。

その後は「Webマーケティングをしたい」と転職して事業会社でWebマーケター兼Webディレクター(1年2か月…2021年12月時点)と経験してきました。

順番に紹介します。

①Webディレクターアシスタント

未経験からWebディレクターに転職して初めての仕事はWeb制作会社に常駐しての勤務でした。

始めはWebディレクターアシスタントからのスタートで、独り立ちできたら正式にWebディレクターになるとのことで勤務開始。

初めての仕事はワイヤーフレーム作り

Webディレクターアシスタントの仕事内容は初めてのワイヤーフレーム作成から。

制作ディレクターのアシスタントとして、営業マンがクライアント向けに提案するためのモックアップサイトを制作(デモサイト)する業務に携わりました。

営業マンからの要望を聞いてパワーポイントでデモページの構成を考えて、Webディレクターに構成的に問題ないか確認。
OKが出たら、外注のWeb制作会社に発注し制作してもらう。

外注制作会社からデモページが上がってきたら、指示通りの作りになっているかを確認して、問題なければ営業マンに渡す。

これがWebディレクターとしての初めての仕事でした。

ホームページの更新案件

その後は常駐先の制作会社自体のホームページのページ更新とアクセス解析タグの更新案件を担当。

20ページほどのサイトで、公開コンテンツの整理、Googleアナリティクスタグの新規埋め込みなどの依頼を企画部門から依頼を受けて、外注の制作会社に依頼&上がりをチェック&問題なければ自社サーバー担当にファイル納品という仕事でした。

ここまでで1か月経過。

2か月目からはWebディレクターになりました。

②Webディレクター

半年くらいの長期案件2つ+短期案件をこなす日々

1か月でWebディレクターとして独り立ちとなった後は、半年くらいの長期案件2つ+短期案件を随時こなすという仕事スタイル。

長期案件は営業マンが受注した案件を、Webプランナー1名+企画系Webディレクター1名+制作系Webディレクター1~3名の3~5名体制で、外注の制作会社とともにプロジェクトの納品を目指すというもの。

サイトの仕様や予算、全体のスケジュールは営業マン+Webプランナー+企画系ディレクターが固めるので、そこから先のデザイン~Web構築~納品までが制作系Webディレクターの僕の主な担当でした。

デザイン指示書、コーディング仕様書、ワイヤーフレーム、過去の納品ファイル、画像やテキストなどの素材データを取りまとめて制作会社に発注→品質チェック→スケジュール通り納品をひたすらループ。

定期的に作業の進捗状況の報告と要件やスケジュールなどに変化がないかを定例会で確認。

すべてのページが公開されたらプロジェクト完了。

公開後に追加依頼があれば再度見積もりからスタート→制作→納品。

どの案件もおおまかな制作フローは上記の通りでした。

担当した案件が金融系と健康食品系だったため、仕様や文言、素材、著作権、セキュリティ、など様々な制限が発生。

とくにコンペ後に納期と予算がない中、20を超える新規ページ/メルマガなどの制作が同時進行で進んだときは大変でした。

個人的にWebデザインとフロントエンドを勉強

個人的にWebデザイン(Photoshop)と言語(HTML、CSS、JS、PHP、WordPress)を独学してWebデザイナー/フロントエンドの基礎スキルを身につけました。

1年くらい経ったところで「自分の手でWeb制作もしたい」と希望を出したら社内異動が叶い、常駐2社目のWeb制作会社へ。

③Webディレクター兼コーダー

Webディレクター:コーダー=5:5

常駐2社目もWeb制作会社での勤務でした。

ここでは通算1年の勤務で、LP10本、新規Webページ制作300ページくらいを担当しました。

運用ディレクターとして常駐先制作会社が受託しているクライアントサイトの運用を任されました。

Webディレクター+コーダーという役割で、LP制作やWebページ更新/制作、HTMLメール制作、アクセス解析レポート作成などの仕事を担当しました。

Webディレクターとしてクライアントの窓口に立ちながら、Webデザイナー、コーダーとプロジェクトを進行。

また、Web制作に携わり、これまで独学してきたWebデザイン(フォトショ、イラレ)、フロントエンド(HTML、CSS、JavaScript)を実践する場となりました。

Webディレクター:コーダー=5:5くらいの割合で動き、時期によってWebディレクター3:コーダー7くらいの稼働でした。

コーダー職は、初めてFTPをするところからスタート。

バックアップ取得、テストサイト制作、本番公開用ファイルの準備、公開作業など、当然ながら悪戦苦闘しながらの業務でした。

クライアントからもっと早く仕上げて、画像が荒い、ここがおかしい、やっぱこうして、ああして・・・などなど、さまざまなことを言われながら、要望に応えていく中でフロントエンドのスキルがつきました。

常駐して半年たったくらいからWebデザイン、コーディングができるWebディレクターとして認知されるようになり、人手が足りないプロジェクトにアサイン&デザイン/コーディング/ディレクションなど様々な役割をこなしました。

個人ではブログ運営

プライベートで個人ブログを運用。
SEO対策やWebライティングなどを勉強&実践していました。

1年現場で運用系Webディレクターをやってみて、個人ブログの延長で「Webマーケティングもやりたい」と思い転職を決意。

現在勤務する人材系事業会社に続きます。

④Webマーケター兼ディレクター

現在は人材系の事業会社でWebマーケター兼ディレクターをしています。

仕事内容は自社サイト、オウンドメディアを中心に集客・問合せ獲得・採用強化のための施策などです。

具体的にはこんな感じです。

  • キーワード調査
  • アクセス解析
  • Webマーケティング案の企画
  • LP制作(企業向け、自社採用向け、求職者向け)
  • Webデザイン(LP、トップページ、個別ページ)
  • Web制作(LP、トップページ、個別ページ、WordPress)
  • 自社サイトの内部SEO対策
  • 自社サイトのリニューアル
  • 自社サイトのUI/UX改善
  • フォーム最適化
  • LP最適化
  • 自社オウンドメディア運用/ライティング
  • 社員インタビューの調整、撮影、記事化
  • アンケート調査
  • 社内教育用の資料作成 など

自社サイトの運用WebディレクターとWebマーケティングを兼務しているので仕事内容は「Webに関するもの全て」です。

現状分析/新規企画から、インタビュー/アンケート/原稿作成などの素材集め、Webページ/LP/ライティングなどのコンテンツ作りまで広く担当しています。

これまでWebマーケティングの専任担当、Web制作は外注でしていた会社なので、ゼロベースで色々と企画、施策を打って日々トライ&エラーしています。

やりがいがあって楽しく仕事をしています。

WebディレクターからWebマーケターに転職した話はこちらの記事に書いています。

僕が30代未経験でWebマーケターに転職した話
僕が30代未経験でWebマーケターに転職した話を紹介します。未経験からWebマーケターを目指している方の参考になれば嬉しいです。

まとめ:Webディレクターのキャリアパスは興味の深堀り

今回改めて思ったのが、Webディレクターのキャリアパスはたくさんあるということ。

Webディレクターから他のWeb系職種にキャリアチェンジする方法、Webディレクターとして仕事の幅を広げていくキャリアパス、Web系以外の職種に転職するなど、ほんと色々です。

普段から興味がある分野のスキルを磨いておくと、スムーズです。

Webディレクターを目指している方はこちらの記事を見てください。

Webディレクターになるには?僕の経験も踏まえて紹介
Webディレクターになるにはどうしたらいい?Webディレクターになる方法について未経験からWebディレクターになった僕の経験も踏まえて紹介します。

感想・ご意見お待ちしてます!