Webディレクターがデザインディレクションする時のポイント

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

Webディレクターがデザインディレクションする時のポイントを紹介します。

Webディレクターがデザインディレクションする時のポイント

スポンサーリンク

デザインディレクションとは?

デザインディレクションとは、Web制作のデザイン制作フェーズにおいて指揮監督することです。

WebディレクターはWebページの目的を達成するために、必要なデザインの方向性を決めてWebデザイナーに制作依頼します。

そしてデザイン案、デザインの完成までの進行管理・品質管理を行うことを指します。

スポンサーリンク

Webディレクターのデザインディレクションの流れ

Webデザインのディレクションの流れを紹介します。

  • 1、Webサイトの目的・コンセプト・ペルソナを決める
  • 2、構成要素・要素の優先順位を決める(ワイヤーフレームで伝える)
  • 3、トーン&マナー・配色・カラー等細かい部分を決定
  • 4、Webデザイナーにデザインを依頼する
  • 5、上がってきたデザインの確認・修正

それぞれ見ていきましょう。

1、Webサイトの目的・コンセプト・ペルソナを決める

クライアント/社内の依頼を受けたら、まずはWebサイトの目的について詳しくヒアリングします。

このフェーズはプロジェクトの目標設定にもなる重要事項です。

Webサイトの目的、コンセプト、ペルソナなどを設定します。

2、構成要素・優先順位を決める

Webサイトの目的・コンセプトにあった内容のページ設計書(ワイヤーフレーム)を作ります。

ここではWebページの構成要素とそれらの配置・優先順位をつける作業を行います。

ヘッダー、グローバルナビ、メインビジュアル、バナー、メインコンテンツ、サイドバー、フッターなどの構成要素を洗い出して、配置・レイアウトやコンテンツの流れを決めます。

3、トンマナなどを決める

デザインのトンマナ(トーン&マナー)を決めます。

コーポレートカラー、Webページの目的などから適切なデザインの方向性を決めます。

このときのポイントは、カラーコードでの指定や参考サイトの添付など、具体的に指定することです。

4、デザイナーにデザインを依頼

ここまで見てきた1〜3までをとりまとめたらWebデザイナーにデザイン作成依頼をします。

  • 1、Webサイトの目的・コンセプト・ペルソナを決める
  • 2、構成要素・要素の優先順位を決める(ワイヤーフレームで伝える)
  • 3、トーン&マナー・配色・カラー等細かい部分を決定

また、デザインの範囲はトップページだけで良いのか?それとも下層ページまで作るのか?や、パソコン版のデザインのみで良いのか?それともスマホ版も作る必要があるのか?なども指示しましょう。
デザインが複数案必要な場合も忘れずに。

希望納期を伝えて、スケジュール的に可能かも合わせて確認すると安心です。

5、上がってきたデザインの確認・修正

Webデザイナーからデザイン案が上がってきたら、指示内容と相違がないかの確認をします。

修正が必要な場合は、指示内容と比べてどう違っているのか、また、どうして欲しいのかを具体的に伝えることです。

そこまで完了したら、クライアントに提出します。

スポンサーリンク

Webディレクターがデザインディレクションをする時のポイントと注意点

Webデザインディレクションのポイントと注意点を紹介します。

どれも大事なことなのでポイントをおさえておきましょう。

構成要素の抜け・漏れがないか

ワイヤーフレームに対して忠実にデザインが作られているか確認します。

構成要素の抜け・漏れがないか、順番やレイアウトは合っているかを確認しましょう。

誤字脱字がないか

誤字脱字などのケアレスミスがないかを確認します。

ワイヤーフレームからの流用、原稿からの流用などが間違いなく反映されているかの確認です。

基本ですが、案外このミスは多いです。

特に、急いでいるときや、短い文脈をコピペせずに手打ちしている場合にタイピングミスが発生しやすいです。

Webデザイナーへの指示は具体的に出す

Webデザイナーにデザインイメージを伝えるときにやりがちなのが「雰囲気」で伝えること。

クライアントも社内もこれで悩まされる事案が多発します、、。

なので、イメージは「あんな感じ」「こんな感じ」ではなく具体的にこのサイトの個々の部分を取り入れて欲しいとか、配色はこのカラーコードを使って欲しいなど、具体的に指示を出すことです。

そうすることでみんながハッピーになります。

デザインテイストは依頼通りにできているか

デザインが上がってきたら、デザインのテイストが要件に合っているか確認します。

指示が曖昧だったり、誤って伝わっていないか、こちらの意図の通りにデザインができているかの確認をしっかりと。

「どこかがおかしい」は、大抵コミュニケーションエラーによって起こります。

特にデザイン初稿の段階では認識合わせをこまめにしましょう。

スケジュールは余裕を持って組むこと

当たり前ですが、スケジュールはバッファも持って余裕をもっておくのが大事。

とくにデザイン初稿の段階では予想以上に時間がかかる場合があります。

予想工数+2〜3日くらい余裕を見ておくと安心です。

スポンサーリンク

Webディレクターがデザインディレクションをする時にあると良い経験

Webデザインディレクションをする時にあると良い経験は以下の通りです。

  • 自身でWebデザインした経験
  • UI/UXに関する知識・経験
  • レスポンシブルデザインに関する知識・経験

公私問わずWebデザインをした経験があると強みになります。

その他にも、普段から色々なWebサイトを見たり、使い心地を体験しておくと役に立ちます。

僕も「このサイト良いな」って思ったときにはすぐにChromeの検証ツールを開いてレスポンシブデザインを確認したり、レイアウトや配色を確認したりするようにしています。

今回は以上です。