市場価値診断ならミイダス!

WebディレクターとWebデザイナーはどっちがオススメ?

結論:WebディレクターとWebデザイナーはどっちがオススメ?

結論から話すと、チームを率いてプロジェクトを進めたい人はWebディレクターがオススメで、自分で手を動かして作品を作りたい人はWebデザイナーがオススメです。
また、年収を重視するのであればWebディレクターがオススメです。

会社によっては、Webディレクターがデザインやコーディングまで対応することがあるので、いいとこ取りしたいという人は制作兼務のWebディレクターがオススメです。

ちなみに僕はこれまで制作会社2社・事業会社1社で働きましたがそのうち2社で制作兼務のWebディレクターでした。

WebディレクターとWebデザイナーの違いについて見ていきましょう。

WebディレクターとWebデザイナーの仕事内容の違い

WebディレクターとWebデザイナーは役割が大きく違います。

簡単に言うと次の通り。

  • WebディレクターはWeb制作の監督
  • Webデザイナーは作品を作る人

仕事の範囲がWebディレクターはWeb制作全体、WebデザイナーはWebデザイン(、コーディング)という違いがあります。

Webディレクターはクライアントとの窓口になり、要望を詳しく聞いて案件化したり、必要な予算・メンバー・スケジュールをとりまとめてチームを作りプロジェクトの完成を目指します。

Webデザイナーは(ワイヤーフレーム、)デザイン、素材・パーツ作り(、コーディング)をこなします。

Webディレクターの指示のもとでWebデザイナー・フロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニア・ライターなどが動きます。

WebディレクターとWebデザイナーのスキルの違い

WebディレクターもWebデザイナーも共通スキルとしてWeb制作全般のスキルが必要ですが、実務レベルで見ると以下のように必要スキルが異なります。

Webディレクターに必要なスキルは以下になります。

  • Web制作全般の知識
  • プロジェクトマネジメント
  • コミュニケーション
  • プレゼンテーション
  • 企画・プランニング
  • マーケティング・プロモーション・広告
  • Webデザイン
  • フロントエンド(コーディング)
  • バックエンド(システム開発)

一方、Webデザイナーに必要なスキルは次のようになります。

  • Webデザイン
  • UI/UXデザイン
  • バナー、ボタン、動きなどのデザインパーツのデザイン
  • Photoshop/Illustrator/Adobe XDなどの操作
  • HTML/CSS/JavaScript/PHPなどのコーディング

WebディレクターとWebデザイナーの年収の違い

WebディレクターとWebデザイナーの年収は以下のようになります。

  • Webディレクター 442万円
  • Webデザイナー 363万円
  • (参考)クリエイティブ系全体 381万円
  • (参考)職種全体 409万円

出典:doda平均年収ランキング2020

WebディレクターのほうがWebデザイナーよりも年収が高いです。

これは、業務範囲・責任の度合い・希少性などが影響しています。

(Webディレクターは業務範囲が広い・責任の度合いが高い・希少性が高い)

WebディレクターとWebデザイナーになる方法の違い

WebディレクターとWebデザイナーになる方法の違いを紹介します。

Webディレクターになるには、Webデザイナー・フロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニア・ライターなどからキャリアアップする人が多いです。

Webデザイナーになるには、雑誌・ポスター・販促物などのグラフィックデザイナーからキャリアアップする人が多いです。
また、Webデザインと親和性の高いフロントエンドエンジニア(コーダー)からなる人もいます。

しかし、WebディレクターからWebデザイナーというキャリアはかなり少ないです。
これは、年収が下がったり仕事の範囲が小さくなることなどが主な理由です。

WebディレクターもWebデザイナーも特別な資格や経験はマストではないため、新卒や未経験からなることができます。

Webディレクターになる方法はこちらの記事に詳しくまとめています。

Webディレクターになるには
Webディレクターを目指している方向けに、Webディレクターになるにはどうしたらいいのか?を詳しく紹介します。

まとめ

WebディレクターとWebデザイナーはどっちがオススメか?を仕事内容、スキル、年収、なり方などから紹介しました。

あらためて結論を話すと、チームを率いてプロジェクトを進めたい人はWebディレクターがオススメで、自分で手を動かして作品を作りたい人はWebデザイナーがオススメです。
年収を重視するのであればWebディレクターがオススメとなります。

今回は以上になります。

Webディレクターを目指している方はこちらもどうぞ。

Webディレクターになるための勉強法
Webディレクターになるためのデザイン、プログラミング、SEO対策、Webディレクションの勉強方法を解説します。セミナーや勉強会を探せるサイトや、仕事を受けながら勉強する方法もあります。勉強がんばりましょう!