Webディレクターが事業会社で働くメリットとデメリット

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

Webディレクターが事業会社で働くメリットとデメリットを紹介します。

僕は社外正社員としてWeb制作会社で2社勤務した後、現在は事業会社に勤務しています。

僕のケースも紹介しますので参考になればうれしいです。

Webディレクターが事業会社で働くメリットとデメリット

スポンサーリンク

Web事業会社とは?

Web事業会社とは、自社でWebサイト、Webサービス、Webメディアを制作・運用している会社のことです。

Web制作会社が他社のWebサイト、Webサービス、Webメディアを制作・運用する点で異なります。

また、Web事業会社はジャンルの専門性が高いのが特徴です。
IT、日常生活、ファッション、美容、健康、転職、金融、エンタメなどたくさんあります。

  • Web事業会社とWeb制作会社はWebサイト、Webサービス、Webメディアの所有者が異なる
  • Web事業会社はジャンルの専門性が高い
スポンサーリンク

事業会社のWebディレクターの仕事内容

Web事業会社のWebディレクターの仕事内容は以下の通り。

  • Webマーケティング
  • サイト改善
  • Web制作ディレクション
  • プロジェクトマネジメント

それぞれ紹介します。

Webマーケティング

まずはWebマーケティングの仕事。

集客、売上貢献、ブランディングを目的に各種のデジタルマーケティング施策を行います。

SEO対策、広告運用、SNS運用、メルマガ配信など、見込める効果や予算など、プロジェクトの目的にあった施策を選定して行います。

サイト改善

続いて、サイト改善の仕事。

アクセス解析、課題の抽出、サイト改善などを主に行います。

Googleアナリティクスやサーチコンソールを用いた自社Webサイトのパフォーマンスの進捗状況の確認、そこから売上貢献度、PV数、滞在時間、直帰率などの指標をもとに課題を抽出し、サイトを改善していきます。

継続的に現状分析→改善を繰り返していきます。

Web制作ディレクション

Web制作ディレクションの仕事。

自社サイトの改善や、新規Webサイト/Webページの作成のためのWeb制作ディレクションの仕事です。

会社により、Webデザイン〜コーディングについて、内製化している場合、外注している場合などがあります。

プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネジメントの仕事。

メンバーのアサイン・管理、予算管理、スケジュール管理などでプロジェクトを管理する仕事です。

  • メンバーのアサイン・管理
  • 予算管理
  • スケジュール管理
スポンサーリンク

事業会社のWebディレクターのメリット

事業会社のWebディレクターのメリットを紹介します。

自分のペースで仕事ができる

事業会社のWebディレクターは、自分のペースで仕事ができるメリットがあります。

新規企画や既存コンテンツの運用など、自社のペースで納期やスケージュールを決めて施策を行えるためです。

そのため、Web制作会社のようにクライアント要因のスケジュールに左右されることがありません。

ユーザーの評価が直接分かる

事業会社のWebディレクターは、ユーザーの評価が直接分かるメリットがあります。

WebサイトやSNS、広告などの施策の効果を、各種のアクセス解析ツールを用いて直接効果測定ができます。

ユーザーの反応を即座に、リアルタイムに見ることができるのは施策をする上で大きなモチベーションになります。

コンテンツに長期的に取り組むことができる、成長できる

事業会社のWebディレクターは、担当している自社コンテンツに長期的に取り組むことができるのがメリットです。

長期で取り組むことによってプランニングスキル、マーケティングスキル、アクセス解析スキルが身につきます。
また、担当分野に関する専門性が高まるのもメリットです。

自分が担当したコンテンツ、成長させたコンテンツ、思い入れのコンテンツなど、長期で携わることの醍醐味も多いです。

キャリアプラン・人生設計を描きやすい

事業会社のWebディレクターは、キャリアプラン・人生設計などを描きやすいメリットがあります。

社内の上位職、社内の多職種・他部署などキャリアプランが明確です。

会社によって、WebディレクターからWebプロデューサーやプロジェクトマネージャーなどの上位職種、WebマーケターやWebプランナー・営業企画などの多職種・他部署の仕事へのキャリアプランがあります。

スポンサーリンク

事業会社のWebディレクターのデメリット

事業会社のWebデメリットも確認しておきましょう。

最新のトレンド技術・マーケティング情報などが手に入りにくい

最新のトレンド技術やマーケティング情報などが手に入りにくいのがデメリットです。

Web制作会社であれば他社の多種多様なWebサイト・Webサービス・Webメディアの制作を通して、最新の技術トレンド、デザイントレンド、マーケティング情報が自然と入手できるメリットがあります。

事業会社のWebディレクターは自分で情報を手に入れに行く必要があります。

仕事がマンネリ化しやすい

仕事がマンネリ化しやすいのがデメリットです。

自社のWebサービスやWebメディア、自分の担当コンテンツが固定されることが多いため、仕事を長く続けていくたびにマンネリ感を感じやすいです。

そのため、新しい取り組み、運用体制や制作体制を変えるなど、新しい風を随時入れていく工夫が必要です。

自社のコンテンツに興味を持てないとつまらない

自社のコンテンツに興味を持てないとつまらないというデメリットがあります。

事業会社は担当するWebサイト・Webサービス・Webメディアの専門性が高い反面、それらに興味を持てない場合とてもつまらなく感じます。

そういう場合は「仕事」と割り切ったり、新しい企画を立てるなどの変化を取り入れることが必要です。

スポンサーリンク

実際に事業会社のWebディレクターで働いてみた感想

僕は社外社員としてWeb制作会社に2社勤務した後、転職して現在は人材系の会社でWebマーケター/Webディレクターの仕事をしています。

僕の場合は中小規模の事業会社のケースになりますが、仕事をしていて思うのは裁量が大きいこと。

意思決定のスピードが早く、自分で考えたことをすぐに実践できるのがうれしいところです。

また、ユーザーの反応をその場ですぐに確認できるのもよく、仕事がはかどっています。

あとは残業時間が大きく減りました。
事業会社の今は月の残業時間は10時間いかないくらい。

Web制作会社に勤務していたときは月の残業時間がだいたい15時間〜30時間くらいなので、生活が劇的に変わりました。

仕事終わりにブログ更新できる生活になったのは僕的にはかなりの変化。
充実の日々を過ごしています。