市場価値診断ならミイダス!

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事内容についてくわしく紹介します。

こちらもチェック≫ Webディレクターとは?未経験からなるには?仕事内容、キャリア等

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事内容

WebディレクターはWeb制作の現場において、プロジェクトを指揮・管理する責任者です。

WebディレクターはWebデザイナー・Webエンジニア・イラストレーター・ライターなど様々な専門分野のスペシャリストを率いてプロジェクトの目的達成に向けて取り組む仕事です。

仕事内容をくわしく見ていきましょう。

【Webディレクターの仕事1】企画・提案

企画・提案の仕事は、案件受注がミッションです。

クライアントの要望を詳しく聞いて、Webサイトの目的似合った企画・提案をします。

ターゲットユーザーに対してデザイン方針を決めたり、競合調査なども踏まえながらその企業に最適なWebサイトを企画します。
変化の早いWeb業界のトレンドや技術に常にアンテナを張っておくことが大事です。

併せて、プログラマーとWebサイトの仕様やセキュリティ、サーバー、データベースなどのシステム要件なども詰めていきます。

また、必要な工数を算出して、プロジェクト体制、制作費用の概算見積もり、全体スケジュールの案を出します。

  • クライアントの要望をヒアリング
  • デザイン方針
  • 競合調査
  • Webサイトの仕様
  • セキュリティ、サーバー、データベースなどのシステム要件決め
  • 工数見積り、制作費見積り
  • スケジュール案

一通り作ったところで提案書にまとめたら、客先に提出。

個別の打ち合わせを設定したり、大規模案件だとコンペとなることもあります。

案件受注ができたらここでのミッションは完了です。

この先はWeb制作に入ります。

※このフェーズはWebプロデューサー、Webプランナーというポジションをおいて担当することもあります

【Webディレクターの仕事2】Webサイト制作

案件を受注したら、Web制作を開始します。

まずは、メンバーのアサインから。

デザイナー、コーダー、プログラマー、ライター、イラストレーター、カメラマンなどのメンバーをアサインして、案件情報の共有と役割分担を伝えます。

Web制作の一般的な工程は次の順に進みます。

  • ①Webデザインの作成
  • ②取材・ライティング
  • ③Web構築(フロントエンド、バックエンド)
  • ④検品
  • ⑤納品/公開
  • ⑥運用・更新

※順番は多少前後する可能性があります

各工程で何回か出し戻しをしながら納品に向けてプロジェクトを進めていきます。

Webディレクターは各工程のスケジュール進捗管理、品質チェックを中心に行います。

クライアントや制作側の都合など、さまざま要因でスケジュールが変わることがあり、各部署に調整するのもWebディレクターの大事な役割です。

品質チェックでは、パソコンとスマートフォンでのデザインの崩れがないかを実機でチェックしたり、画面遷移やシステムが想定通りに動くかを画面操作しながらテストするなどをします。

納品については、HTMLファイル一式を提出して完了となる場合もあれば、FTPやCMSで公開作業まで担当する場合もあります。

Webサイトが公開されたら一段落です。

新規ページの作成や、既存ページ情報のアップデートなど、順次更新していきます。

【Webディレクターの仕事3】マーケティング

WebサイトやWebサービスなどのマーケティングの仕事です。

集客・売上・ブランディングなどの目的を達成するための施策を考えて実行します。

たとえば、次のようなマーケティング手法があります。

  • SEO対策
  • リスティング広告
  • SNS広告
  • A/Bテスト
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(エントリーフォーム最適化)

これらはどれも専門性が高く、それぞれの専門に特化してSEOディレクター、広告ディレクターなどと呼ばれることもあります。

※このフェーズはWebマーケターのポジションをおいて、担当する場合もあります

【Webディレクターの仕事4】マネジメント

ここまで見てきたとおり、Webディレクターはプロジェクト管理をする仕事です。

  • Webデザイナー、Webエンジニアなどのメンバー管理
  • 制作に必要な工数を算出する力
  • 制作費用の管理
  • 納期に向けたスケジュール管理

など、メンバー管理、予算管理、スケジュール管理などのマネジメント力が求められます。

【Webディレクターの仕事5】ドキュメント作成

Webディレクターは仕事の幅が広く、作成する書類も多数あります。

ドキュメント作成には例えばこんなものがあります。

  • ヒアリングシート
  • 企画書・提案書
  • 要件定義書
  • デザインガイドライン
  • コーディングガイドライン
  • 見積書
  • スケジュール管理表
  • サイトマップ
  • ディレクトリマップ
  • ワイヤーフレーム
  • テスト項目表
  • 議事録

とても多いですよね。

そのため、Word、Excel、PowerPointをはじめとしたドキュメント作成力が必要です。

Webディレクターの仕事内容はサイトの種類や目的によって変わる

Webディレクターの仕事内容は、サイトの種類や目的によって仕事内容が変わります。

たとえば、コーポレートサイト、オウンドメディア、ECサイトなどで以下のように業務内容が変わります。

コーポレートサイト

担当する企業サイトの集客、ブランディングなどにつなげるための施策を打ちます。

新規立ち上げやサイト改修の際は、クライアントの業界知識や、同業他社について深く調べた上でWebサイトを作っていきます。

イベント告知や商品ページの更新、LP制作など、企業に専属で運用する案件も多いです。

オウンドメディア

Webサイトのテーマを決めて、ユーザーに魅力的なコンテンツを継続的に発信していきます。

ファン・リピーターを獲得できるようなコンテンツ作り、SNS運用をしていきます。

コンテンツマーケティングに関する知見が必要です。

ECサイト

ユーザーの購買を促進させることを目的に施策を打ちます。

使いやすいデザイン、買いたくなるバナー、商品カートから購入までをストレスなくできることなど、売上につなげる改善を行います。

取り扱い商品・サービスの知識や、決済システム、商品管理、顧客管理などのシステム知識が必要になります。

まとめ

さいごに、この記事のまとめです。

  • Webディレクターはプロジェクトを指揮・管理する責任者
  • 【Webディレクターの仕事1】企画・提案
  • 【Webディレクターの仕事2】Webサイト制作
  • 【Webディレクターの仕事3】マーケティング
  • 【Webディレクターの仕事4】マネジメント
  • 【Webディレクターの仕事5】ドキュメント作成
  • Webディレクターの仕事内容はサイトの種類や目的によって変わる

Webディレクターを目指している方はこちらも参考になると思います。
»Webディレクターになるための勉強法