Webディレクターの職務経歴書の書き方

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

Webディレクターの職務経歴書の書き方を解説します。

職務経歴書の目的は自分に興味を持ってもらって面接に呼んでもらうこと。

冒頭の印象を大切に、見出し・箇条書きだけ読んでも魅力が伝わるようにして「会いたい」と思わせる。

そうです、職務経歴書の書き方って、実はLPの作り方と同じなんです!

今こそWebディレクターの本領を発揮するときですっ!!

Webディレクターの職務経歴書の書き方

Webディレクターについてのくわしい説明はこちらをご覧ください。
Webディレクターとは?未経験からなるには?仕事内容、キャリア等

スポンサーリンク

Webディレクターの職務経歴書の書き方【7つのポイント】

Webディレクターの職務経歴書の書き方を解説します。

職務経歴書は自由書式ですが、奇をてらう必要はないので以下の点を書くようにすると良いです。

  • 1、職務要約
  • 2、職務経歴
  • 3、活かせる経験・知識
  • 4、使用可能な言語・ツール
  • 5、資格
  • 6、自己PR
  • 7、自主制作した作品

職務経歴書の枚数はA4サイズで2〜3枚程度が一般的です。

4枚を超えると多いな、と思われることがあります。

枚数が多くなるようなら、業務内容を端的にまとめる、ポートフォリオに作品を切り分けるなどの工夫を。

それぞれ見ていきましょう。

1、冒頭に職務要約を入れる

あなたがこれまでにどのような経験をしてきたのかがひと目でわかるように、冒頭に職務要約を書きましょう。

これまでに経験した業界や職種、年数、役割、成果、転職理由、目指しているキャリア、Webディレクターに活かせるスキルや意気込みなどを書くと良いです。

文字数はあまり長くならないように、5行程度で書けるといいです。
(経験が多い場合、アピールしたい場合はくどくならない程度に自由に書いてOKです)

参考記事:
Webディレクターの志望動機の書き方・伝え方【例文あり】
未経験でWebディレクターに転職するときの志望動機の書き方・伝え方

2、職務経歴では各プロジェクトについて詳しく書く

職務経歴は具体的に書きましょう。

  • 概要・規模
  • 何を製作していたのか
  • どの工程に携わっていたのか
  • 自分の役割(企画・提案・制作進行・デザイン・コーディング・運用・LP制作・コンテンツ制作・ライティング・SEO・アクセス解析・広告など)
  • 使用ツール
  • 実績(WebサイトのURL、コンペでの案件獲得など)

全体統括、メンバー管理、予算管理、スケジュール管理、企画・提案、ワイヤーフレームの作成、進行管理、検品、納品など業務内容は具体的に書きましょう。

Webディレクターは業務範囲が広いため、どこまで担当していたのかを明確に。

実績では、可能なら顧客名や担当サイトのURL、PV数、予算などを書くとより具体的に伝わります。

また、所属会社の業態を書いておくと伝わりやすくなります。

【所属会社の例】

  • Web制作会社
  • 事業会社
  • SNS、ECサイト等のメディア会社

参考記事:
Webディレクターの仕事内容

3、活かせる経験・知識

Webディレクターとして活かせる経験・知識を書きます。

デザインができる、コーディングができるなどの制作スキルもあるとアピールできます。

アクセス解析、SEO対策、市場調査ができるなど、マーケティングスキルも独学でもあれば書いておきましょう。

実務経験だけでなく、持っている知識や技術も評価されます。

未経験の場合でも、前職でのマネジメント経験・企画経験・提案経験・リーダー経験などでアピールできます。

また、自主的に勉強していることやブログ運営で学んだマーケティングのことなどもあると有効です。

参考記事:
Webディレクターに向いている人【11の特徴】
Webディレクターに必要なスキル【27選】

4、使用可能な言語・ツール

使用可能な言語・ツールなどはできるだけ多く書きましょう。

書く時は以下のキーワードを参考に、具体的に書いてください。

【言語】
HTML5/CSS3/JavaScript/PHP
Bootstrap/jQuery

【ツール】
Photoshop/Illustrator/Adobe XD
WordPress/Movable Type
Winmerge/Filezilla
Googleアナリティクス/Ptengine
Google広告
Backlog/Slack/Redmine
Excel/PowerPoint/Word

※経験年数
※知識レベルか実務レベルかなども補足するといいです

(記入例)
Photoshop(経験2年、実務レベル)

5、資格

Webディレクターに活かせる資格があれば記入しましょう。

【資格の例】

  • Web検定 Webディレクター
  • ウェブ解析士
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

資格は取得年月と合わせて記入します。

(記入例)
ウェブ解析士 2020年7月取得

※勉強中の資格も書くことでアピールできます。

(記入例)
ウェブ解析士(取得に向けて勉強中。2021年7月受験予定)

関連の資格がなければ「普通自動車免許」や興味をそそる資格を書いてもいいです。

それらもなければ資格欄は削除しましょう。

6、自己PRは数字を用いて説得力を出す

自己PRは「強み+裏付け」のセットで書くと説得力が出ます。

(記入例)
ユーザー受けするコンテンツ作りが得意です。
私が企画したコンテンツで複数のSEO集客に成功。
集客率が最大で65%増加しました。

自己PRは3つ書けるといいです(どうしてもない場合は2つ)。

成果となる数字はなるべく応募しているWebディレクター職に活かせるものを選びましょう。

【数字の例】

  • PV数
  • コンバージョン率
  • 検索順位
  • 直帰率
  • 平均滞在時間
  • マネジメント人数
  • 売上の増加率
  • コスト削減率
  • 担当プロジェクト数
  • 日数

未経験の場合は、前職の経験でWebディレクターに活かせるもの、自主的に学習して得た知識・技術をアピールしましょう。

7、自主制作した作品

書かない人も多いけど、実は大事な項目。

自分で作ったWebデザインやバナー類、コーディングしたサイト、運用しているブログなどの成果物をまとめて、URLを書きましょう。

Webサイトやブログであれば公開URLを、デザインやバナーなどの画像類であれば、PowerPointやGoogleスライドなどにまとめて、GoogleドライブなどでそのURLを共有するなどが有効です。

Webディレクター未経験の場合は、自主制作欄を充実させることを目標に普段から成果物作りを意識しましょう。

参考記事:
未経験からWebディレクターを目指すために今からできる3つのこと

スポンサーリンク

Webディレクターの職務経歴書の書き方【3つのチェックポイント】

1、分かりやすく書く

時間がない中、相手に読んでもらうには「分かりやすさ」が大事。

見やすいか、伝わりやすいかなどをチェックしましょう。

以下の点をチェックです。

  • 見出しや箇条書きで読みやすい
  • 文字が窮屈ではなく、行間や余白が適度
  • 簡潔にまとまった文章
  • レイアウトが整っている
  • 5W1Hで書いている
  • 具体的、客観的である
  • エピソードを添える

2、読んだときに違和感がないように書く

職務経歴書を読んだ時に違和感を抱かれないように書くのが大事です。

そのためには以下の点に注意して書きましょう。

  • これまでの職歴と今回の応募の動機が納得できる
  • 職歴欄にブランク期間がない
  • あいまいなところがなく、数字や具体名で書かれている
  • 会社名、プロジェクト名、ツール・ソフト名などは正確に

3、ポジティブな表現を心がける

ネガティブな退職理由や、仕事で大変だった出来事など、だれしも辛い・苦しい経験をして今があると思います。

でも、それをそのままテキストで書面に書いてしまうとネガティブに伝わり印象が悪くなります。

本人がいない中、補足がない中、書面だけ見た相手がどう思うかを考えましょう。

たとえ同じ事実でも、言い方によってプラスにもマイナスにもなります。

退職理由や失敗談、プライベートの事情や会社のことなど、職務経歴書にはネガティブな表現をなるべく使わないように心がけるといいです。

詳しい内容は面接の場で話せばいいです。
(伝え方に工夫は必要です)

スポンサーリンク

職務経歴書のフォーマット

職務経歴書のフォーマットは以下のサイトから作成/ダウンロードできます。

リクナビNEXT
※要会員登録。サイト上で作成して、Word形式でダウンロード可能

doda
※Word形式

マイナビクリエイター
※Word形式/Excel形式/PDF形式

職務経歴書は自由書式なので、WordやGoogleドキュメントなどで自作しても問題ありません。

というわけで、今回は以上となります。

Webディレクターの履歴書の書き方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
Webディレクターの履歴書の書き方【ポイントを解説】

ではでは。