市場価値診断ならミイダス!

Webディレクターの種類【5つ】

この記事ではWebディレクターの種類を【5つ】紹介します。

WEBディレクターはWebサイト・Webサービスのプロジェクト管理をする指揮官。

企画から制作、運用まで仕事の幅が広く、会社やプロジェクトによっては専門分野ごとにWebディレクターを配置することがあります。

この記事をツイッターに投稿したところ、記事を見たWebディレクターさんたちの多数の声を聞くことができました。

たとえば、これから紹介する5つのWebディレクターのうちの、【1】を担当、【3】を担当、【1.2.3.4】を担当、【1.2.4.5】を担当、中には【全部】などです。

色々なWebディレクターの形があって、Webディレクターって面白いな〜と思っています。

それでは、それぞれ見ていきましょう。

こちらもチェック≫ Webディレクターとは?未経験からなるには?仕事内容、キャリア等

Webディレクターの種類

1、マーケティング・企画系Webディレクター

マーケティング・企画系Webディレクターは企画に特化したWebディレクターです。

集客・売上増加・ブランディングなど、Webサイトの目的に応じて、市場調査、キーワード調査、クライアントのヒアリング・取材、企画書作り、提案・プレゼン、課題の発見と解決などをメインに担当します。

マーケティングディレクターとも呼ばれます。

2、デザイン・アート系Webディレクター

デザイン・アート系Webディレクターはデザインに特化したWebディレクターです。

企画系Webディレクター、プロデューサーたちと協力して、方針をすり合わせながらデザインのトンマナ・方針を決めていきます。

Webデザイナー、イラストレーター、カメラマン、ライターなどを率いてプロジェクトの目的を達成するためにデザインの完成を目指します。

複数のデザイン案でクライアントにデザインの方向性を確認したり、Webサイト完成時の画面遷移を確認するためにプロトタイプを作ったりなどします。

クリエイティブディレクターや、アートディレクターとも呼ばれます。

3、システム系Webディレクター

システム系WebディレクターはWebサイトやWebサービスのシステム開発に特化したWebディレクターです。

会員サイト、ECサイト、マッチングサイト、Webサービスなど、Webエンジニアと相談しながら、Webサイト・Webサービスにおけるシステム部分の企画〜導入・運用まで手がけます。

使用する言語・技術、サーバー、データベース、セキュリティのことなど、専門性の高い分野です。

4、運用管理系Webディレクター

運用管理系WebディレクターはWebサイト公開後の運用フェーズに携わるWebディレクターです。

アクセス解析、検索順位、コンバージョン、平均滞在時間、SEO対策などを駆使してWebサイトの効果測定を行い、改善していくことをメインに担当します。

ページ更新、LP作成、イベント情報、キャンペーンページ作成など、既存サイトを活用した運用をしていきます。

5、営業系Webディレクター

営業系Webディレクターは案件を受注することをメインに活動するWebディレクターです。

クライアントの要望をヒアリングして、目的に合った制作物の企画、予算設定、スケジュール作成などを行います。

主に案件受注までをメインに担当します。

営業担当者と一緒にクライアントに訪問して打ち合わせすることもあり、仕様確認、デザインや技術面の確認など、Webサイト・Webサービスの具体的な内容を詰めていくのがWebディレクターの仕事です。

まとめ

さいごに、Webディレクターの種類をまとめておきます。

  • 1、マーケティング・企画系Webディレクター
  • 2、デザイン・アート系Webディレクター
  • 3、システム系Webディレクター
  • 4、運用管理系Webディレクター
  • 5、営業系Webディレクター

Webディレクターを目指している方はこちらもどうぞ。
»[Webディレクターになるための勉強法](https://tenshokublog.net/web-director-benkyo/)