市場価値診断ならミイダス!

Webディレクターにオススメの転職エージェント6選(総合型/特化型)

結論:Webディレクターにオススメの転職エージェント6選(総合型/特化型)

この記事で紹介する「Webディレクターにおすすめの転職エージェント」は以下のとおりです。

Webディレクターにオススメの転職エージェントの選び方

転職エージェントには以下の2種類があります。

  • 総合型転職エージェント
  • 業界・職種特化型転職エージェント

総合型転職エージェントは業界・職種が多種多様な求人を扱う転職エージェント、業界・職種特化型転職エージェントは得意とする業界・職種がある転職エージェントです。

総合型転職エージェントは圧倒的に求人数が多いのがメリット、業界・職種特化型転職エージェントは業界事情について詳しく相談できるのがメリットです。

転職では「できるだけ多くの求人を手に入れることが肝」なので、可能な限り転職エージェントを併用することをおすすめします。

※これまでは自分のペースに合わせて2〜3社の登録がおすすめでしたが、コロナ禍では求人数が減り採用ハードルが上がっている厳しい状況です。
そのため、登録できる転職エージェントは可能な限り活用するのがおすすめです。

総合型転職エージェント、業界・職種特化型転職エージェントの順におすすめを紹介します。

Webディレクターにオススメの総合型転職エージェント

Webディレクターにおすすめの総合型転職エージェントを紹介します。

総合型エージェントは求人数が多いので、Web制作会社と事業会社で今どんなポジションやスキルで募集されているのか?担当する業務内容はどんなWebサイト、Webサービスが多いのか?など、眺めているだけでも業界研究に使えます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
オススメ度:★★★★★

求人数(2021年3月7日調べ)
求人数:108,752件
非公開求人数:145,928件

転職エージェントの特徴
求人数No.1
転職支援実績No.1、顧客満足度No.1
業界、職種を問わず全世代の転職サポートに強い

知らない人はいない転職エージェントの最大手。
僕は20代の転職で利用しました。

業界、職種、年齢、エリア問わず多くの求人が入手できます。

ぜひ利用したい転職エージェントです。

リクルートエージェント

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス
オススメ度:★★★★★

求人数(2021年3月7日調べ)
求人数:10万件以上(非公開求人含む)

転職エージェントの特徴
求人数が多い
転職者満足度No.1の転職エージェント
転職エージェントの担当者のスキルが高い

僕は20代の転職で利用し、実際に入社につながりました

キャリアアドバイザーの方が求人の細かいところまで教えてくれたり、しっかりしたアドバイスをしてくれました。

求人数も多いので、ぜひ活用したい総合型の転職エージェントです。

dodaエージェントサービス

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント
オススメ度:★★★★☆

求人数(2021年3月7日調べ)
求人数:2,691件(全求人の20%)
非公開求人数:公開求人以外に80%有り。

転職エージェントの特徴
東京・神奈川・埼玉・千葉の優良企業の求人が豊富
20代〜30代の転職サポートに強い
応募書類の準備から面接対策まで、手厚く親身なサポート

マイナビエージェントは20代に信頼されている転職エージェントNo.1の実績があります。

はじめての転職でもサポートが手厚いので安心です。

首都圏で転職を考えている方はぜひ活用したい転職エージェントです。

マイナビエージェント

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア
オススメ度:★★★★☆

求人数(2021年3月7日調べ)
求人数:30,298件(非公開求人を含む求人数50,000件以上)

転職エージェントの特徴
2021年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント 第1位
『正しい転職』をテーマに丁寧なキャリアコンサルティングを実施
67.1%の人が転職で年収アップに成功

パソナは一人ひとりに寄り添う転職エージェント。

僕は20代の転職で利用しましたが、キャリアについてじっくり話を聞いてくれたのが好印象でした

求人数は他ほど多くはないですが、利用したい転職エージェントの一つです。

パソナキャリア

Webディレクターにオススメの業界・職種特化型転職エージェント

Webディレクターにおすすめの業界・職種特化型転職エージェントを紹介します。

Geelkyもワークポートも僕が実際に利用していた転職エージェントで、Web業界への転職にはどちらもおすすめです。

Geekly(ギークリー)

Geekly(ギークリー)

Geekly
オススメ度:★★★★★

求人数(2021年3月7日調べ)
求人数:8,750件
非公開求人:10,000件以上

転職エージェントの特徴
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント
マイページが使いやすい
求人票の内容もかなり細かく書かれていて助かる

僕のイチオシ転職エージェント

未経験からWeb業界への転職活動をした31歳のとき、Webマーケターへの転職活動をした33歳のときに利用させていただきました。

Web業界の転職をするなら登録しておいて損しない転職エージェントです。

Geekly

ワークポート

ワークポート

ワークポート
オススメ度:★★★★☆

求人数(2021年3月7日調べ)
求人数:35,657件
非公開求人:不明

転職エージェントの特徴
IT・Web・ゲーム業界などに強い転職エージェント
求職者の希望を尊重した寄り添い型の転職エージェント
「未経験者」への転職サポートに強い

未経験からWeb業界への転職活動をした31歳のときに利用させていただきました。

当時は未経験でしたが、Webディレクター・Webマーケターなどの職種で面接につなげてもらいました。

Web業界の転職時に活用したい転職エージェントです。

ワークポート

僕がWebディレクターへの転職で活用した転職エージェント

2018年:31歳で未経験からWebディレクターに転職した時

僕が2018年に31歳で未経験からWebディレクターに転職したときは、Geeklyとワークポートをメインに使いました。

どちらの転職エージェントも求人数が多く、未経験でも複数の面接に進めてくれました。

結果的に自己応募した会社に内定し入社を決めたのですが、どちらの転職エージェントにもとてもサポートいただきました。

補足:2018年の転職時は特化型エージェント2社と転職サイトからの自己応募で十分な求人数が確保できていたため、総合型転職エージェントは利用しませんでした。

僕の当時の転職エピソードはこちらの記事に書いています。

営業からWebディレクターに転職した話!僕は31歳未経験で転職

2020年:WebディレクターからWebマーケター兼Webディレクターに転職した時

僕が2020年にWebディレクターからWebマーケター兼Webディレクターに転職したときはGeeklyをメインに使いました。

コロナ禍ともあり、求人数は2018年当時よりはガクッと減った印象を受けました。

それでも面接に複数社の面接を進めてくれました。

補足:2020年の転職時は、転職を考える半年くらい前から知人のツテを探したり転職サイトをじっくり見ながら「良い案件があれば転職しよう」と考えていたため、結果的にその他の転職エージェントは利用せずに転職活動を終えました。

まとめ

最後に、今回紹介したWebディレクターにおすすめの転職エージェントのまとめです。

Webディレクターを目指している方はこちらもどうぞ。
»Webディレクターになるための勉強法