市場価値診断ならミイダス!

WebディレクターとWebマーケターの違いって何?

この記事ではWebディレクターとWebマーケターの違いを解説します。

Webディレクターと Webマーケターの違いって何?

WebディレクターとWebマーケターの違い

WebディレクターとWebマーケターの違いを簡単に言うと次のとおりです。

  • Webディレクター:Web制作全体の進行管理をする人
  • Webマーケター:Webを使ったマーケティングを行う人

※会社やプロジェクトによっては、WebディレクターがWebマーケティングをするケース、逆に、WebマーケターがWebディレクションをするケースもあります。

WebディレクターとWebマーケターそれぞれを見ていきましょう。

WebディレクターはWeb制作全体の進行管理をする人

WebディレクターはWebサイト・Webサービスの制作における全体の進行管理を行う人です。

Webディレクターが担当する主な制作プロジェクトは次のものです。

  • ホームページ
  • オウンドメディア
  • ECサイト
  • Webサービス
  • アプリ

これらのWeb制作プロジェクトをゴールに導くのがWebディレクターの重要な役割です。

Webサイト・Webサービスの企画〜納品までがWebディレクターの基本的な業務となります。

プロジェクトの流れは一般的にこんな感じです。

  • 1、クライアント/自社のプロジェクトの目的のヒアリング
  • 2、要件定義、市場調査、企画、メンバー計画、スケジュール作成、予算算出、提案
  • 3、ワイヤーフレーム・構成案
  • 4、デザイン作成
  • 5、Web構築(フロントエンド、バックエンド)
  • 6、検品(デバイス・ブラウザごと、リンク、文章、システム動作など)
  • 7、納品(ファイル納品/公開作業)

※会社や担当案件によっては、Webディレクター自身が手を動かすこともあります(デザイン、フロントエンドなど)

Webディレクターはこれらの各フェーズにおいて、納期から逆算してスケジュールを作成・管理します。
メンバー管理や予算管理も担当します。

クライアント、外注先、社内のWebデザイナー、Webエンジニアとのコミュニケーション頻度が多い仕事です。

成果の出るWebサイト・Webサービスを企画から制作・運用までできると一段階上のWebディレクターになれます。

WebマーケターはWebを使ったマーケティングを行う人

WebマーケターはWebを使ったマーケティング施策の企画と実行をする人です。

Webマーケティングの主な目的は次の通りです。

  • 集客
  • 商品やサービスの売上貢献
  • 自社や商品/サービスのブランディング
  • リピーター作り

これらを実現するために、WebマーケターはさまざまなWebマーケティング施策を企画・実行していきます。

Webマーケティング施策にはこんなものがあります。

  • SEO対策(検索エンジン最適化)
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(入力フォーム最適化)
  • Webサイトのアクセス解析(Googleアナリティクスなど)
  • Web広告(リスティング広告・ディスプレイ広告)
  • SNS運用(ソーシャルメディアマーケティング)
  • SNS広告(Twitter広告・Facebook広告・Instagram広告など)
  • 動画広告(Youtube広告など)

とても多いですよね。

どれも専門性が高く、一度にすべてを担当することは稀です。
得意とする専門分野を持って仕事に当たります。

クライアント/自社の所属する業界動向や現状分析、競合調査、予算、納期などを踏まえて戦略を立て、実行します。

その企業の目的に合った最適なWebマーケティング戦略を考えるWebマーケターの仕事は、企業の売上・ブランディングに直結する重要な仕事です。

Webディレクターの仕事がWebサイト・WebサービスなどのWebページに特化しているのに対して、Webマーケターの仕事はWebページに加えてSNS、広告など広く対応します。

WebディレクターとWebマーケターの年収の違い

WebディレクターとWebマーケターの年収の違いをそれぞれ見てみましょう。

Webディレクターの年収

Webディレクターの平均年収は442万円です。

doda平均年収ランキング(2020年)

Webディレクターの平均年収は職種全体の平均年収409万円よりも高いです。

Webマーケターの年収

Webマーケターの平均年収は476万円です。

doda平均年収ランキング(2020年)

Webマーケターの平均年収は職種全体の平均年収409万円よりも高いです。

WebディレクターのほうがWebマーケターよりも平均年収が21万円高いです。
理由としては、業務範囲や責任範囲がWebディレクターの方が広いためと思われます。

まとめ

さいごに、この記事のまとめです。

  • WebディレクターはWeb制作全体の進行管理をする人
  • WebマーケターはWebを使ったマーケティングを行う人
  • Webディレクターの平均年収は442万円
  • Webディレクターの平均年収は421万円

Webディレクターを目指している方はこちらの記事もどうぞ。
»Webディレクターになるための勉強法