WebディレクターとWebプロデューサーの違いって何?

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

この記事ではWebディレクターとWebプロデューサーの違いを紹介します。

WebディレクターとWebプロデューサーって違いがよくわからないですよね。

でもそのはず、実はWebディレクターとWebプロデューサーに明確な境界線がないんです。

企画寄りか、実制作寄りかで呼び方が違っていたりもします。

今回はこの辺をわかりやすく解説します。

こちらもチェック≫ Webディレクターとは?未経験からなるには?仕事内容、キャリア等

WebディレクターとWebプロデューサーの違いって何?

スポンサーリンク

結論:WebディレクターとWebプロデューサーに明確な境界線はない

結論から言うとWebディレクターとWebプロデューサーには明確な線引きがありません。

Web業界の仕事は業務範囲が広く、本来の職種を超えた仕事を担当するなんてのも日常茶飯事。

Webディレクター・Webプロデューサーも同じです。

市場調査・企画・提案・メンバーアサイン・予算管理・スケジュール管理・制作進行・検品・納品・アクセス解析・SEO対策・広告運用など幅広いです。

業務範囲、責任範囲などは会社や担当するプロジェクトによって変わります。

新規Webサイトの企画・立ち上げから担当するWebディレクター、制作進行や納品を担当するWebプロデューサーもいます。

スポンサーリンク

WebディレクターとWebプロデューサーの共通の役割

WebディレクターとWebプロデューサーの共通の役割はプロジェクトの目的を達成することです。

Webサイトを納品する、売上に貢献する、集客に貢献する、ファンを獲得する、認知度を上げるなど、プロジェクトの目標達成を目指します。

目標達成のために、WebディレクターとWebプロデューサーは何でもやります。

チームメンバーにお願いしたり、ときには自分で手を動かしたりします。

Web制作会社や受託でクライアントの案件を担当するときは、クライアント側で企画・マーケティング・ディレクションの一部まで行うケースもあるので、その場合はデザイン以降を担当、コーディング以降を担当など、フェーズを分けて担当することがあります。

WebディレクターとWebプロデューサーを分けた場合を見てみましょう。

スポンサーリンク

【職種を分ける場合】Webディレクターは実務を遂行する人

WebディレクターはWebサイト・Webサービスの制作プロジェクトにおける実務遂行者です。

Webプロデューサーが立てた企画をもとに、デザインやWeb構築などを具体的に詰めていき、作り上げるのがWebディレクターの役割です。

  • ワイヤーフレームで構成を作ったら、Webデザイナーにデザインを依頼
  • デザインが決まったら、フロントエンドエンジニアにWeb構築を依頼
  • システム開発が必要な場合は、バックエンドエンジニアに依頼
  • 必要時はドメインやサーバー、システム要件などをシステムエンジニアやインフラエンジニアと協議
  • 運用案件であれば、Webサイトのアクセス解析と改善提案、施策の実行・評価

など、各フェーズにおけるメンバーのマネジメントや制作進行管理、制作物の品質管理、予算管理なども担います。

スポンサーリンク

【職種を分ける場合】Webプロデューサーは計画立案する人

WebプロデューサーはWebサイト・Webサービスの計画立案者であり、責任者です。

Webプロデューサーはクライアントが望む成果に対して、最適なWebサイト・Webサービスをプロデュースすることが仕事の目的です。

  • 企画・マーケティング・コンセプト設計
  • 運用方針の策定
  • 広告・プロモーション戦略の立案
  • 環境整備
  • 人員計画(スタッフアサイン)
  • 予算管理(年間予算)
  • 資金調達
  • 品質管理
  • 顧客対応
  • 著作権・法律関係

プロジェクトに関する責任を負うため、時にトラブル対応なども発生します。

スポンサーリンク

Webディレクター・Webプロデューサーになるには

Webディレクター・Webプロデューサーになるのに特別な資格や経験はいらないです。

いきなりWebディレクターになる、いきなりWebプロデューサーになるというケースもあります。
僕も人材会社の営業からWebディレクターになりました。

ただし、一般的には以下のキャリアが多いです。

  • Webデザイナー → Webディレクター
  • Webディレクター → Webプロデューサー

広告会社・イベント会社 → Webプロデューサー もよく聞くルートです。

スポンサーリンク

Webディレクター・Webプロデューサーのどっちがおすすめ?

Webディレクター・Webプロデューサーのどっちがおすすめか?ですが、この辺りは個人の好みになります。

  • 制作をメインにやりたい人 → Webディレクター
  • 企画をメインにやりたい人 → Webプロデューサー

ただ、ここまで紹介してきたようにWebディレクターとWebプロデューサーに明確な境界線はないので、仕事の範囲や責任の範囲で判断するのが良いかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

さいごに、この記事のまとめです。

  • 結論:WebディレクターとWebプロデューサーに明確な境界線はない
  • WebディレクターとWebプロデューサーの共通の役割はプロジェクトの目的を達成すること
  • 【職種を分ける場合】Webディレクターは実務を遂行する人
  • 【職種を分ける場合】Webプロデューサーは計画立案する人
  • Webディレクター・Webプロデューサーになるのに特別な資格や経験はいらない
  • Webデザイナー → Webディレクター、Webディレクター → Webプロデューサーのキャリアが一般的
  • 制作をメインにやりたい人 → Webディレクター がおすすめ
  • 企画をメインにやりたい人 → Webプロデューサー がおすすめ