僕が感じるWebディレクターのやりがい・魅力5選

「Webディレクターのやりがいって何?」

今回はそんなWebディレクターの仕事が気になっている方に向けて書きました。

現役Webディレクターの僕が、Webディレクターのやりがいや魅力をお話します。

モノづくりに携わる仕事

WebディレクターはWebに関するモノづくりに携わることにやりがいがあります。

クライアントやクリエイターと一緒になってWebサイトを作ります。
知恵を振り絞ったり、時に自分の手で作ったりすることも。
Web制作プロジェクトの始まりから終わりまで一貫して携わることができる仕事です。

自分が手がけたWebサイトが完成したときや、チーム一丸となって作ったコンテンツで成果が上がったときの達成感はとても大きいです。

貢献度が高い/影響力が強い

Webディレクターは貢献度が高い/影響力が強い点にやりがいがあります。

Webディレクターの仕事はクライアント/自社の売上・採用・ブランディングに直結する仕事です。
クライアント/自社のやりたいこと(ビジネスにつながること)を叶える仕事であり、貢献度が高い仕事です。

また、Webサイトは一度公開したら多くの人が読んだり、使ったりするものです。
発信する情報の正確性や信頼性、役に立つ、面白いなど、非常に影響力が強い仕事です。

まだ世に出ていない商品・サービスをどうやって広めていくのか?企画から携われる醍醐味があります。

成長できる

Webディレクターは成長できることにやりがいがあります。

WebディレクターはWebに関する多くの知識・スキルが身につく仕事です。
クライアントやクリエイターの声を直接聞きながら、デザインやWebサイト構築、コンテンツ作り、マーケティングなど多くの仕事に携わります。
日々新しいWeb技術が登場している中、常に最先端で仕事ができる楽しさがあります。
Webは広いので、突き詰めていくと終わりがない

また、コミュニケーションスキル、マネジメントスキル、交渉力、チームワークなど、どこにいっても通用するスキルが身につくのもメリットです。

Webディレクターはスキル的にも人間的にも成長できる仕事。
そのため、Webディレクター経験後はキャリアアップが可能です。
WebディレクターからWebデザイナーやエンジニアなどの制作職、Webプロデューサーなどのマネジメント職、企画やマーケティング職、その他コンサルタントなど、キャリアの選択肢が広いのが特徴です。

ゲーム性が高い

Webディレクターの仕事はゲーム性が高い点にやりがいがあります。

Webディレクターは自分で企画・メンバー・スケジュールなどの方針を考えて、チームを指揮してプロジェクトの目的を叶える仕事。
メディア運用などではサイトを育てていく感覚です。
また、成果が数字で明確に分かります。

Webに正解はなく、トライアンドエラーの連続です。
あと、Webは仕事の領域が広く、新しいものがどんどん出てくる、突き詰めていくと終わりがない仕事です。

まるでRPGを攻略しているプレイヤーのようなゲーム性に楽しさがあります。
「飽きがこない」のが良いところだと思っています。

年収が高い

Webディレクターは年収が高い点でやりがいがあります。

Webディレクターの平均年収は448万円(doda平均年収ランキング2021年度版より)。

Webディレクターの年収は、
全職種の平均年収403万円よりも45万円高く、
クリエイティブ系全体の平均年収372万円よりも76万円高いです。

上流工程やハイスキルのWebディレクターであれば年収1000万円以上も狙えます。

Webディレクターは収入面でも魅力的な仕事です。

Webディレクターを目指している方はこちらの記事を見てください。

Webディレクターになるには?僕の経験も踏まえて紹介
Webディレクターになるにはどうしたらいい?Webディレクターになる方法について未経験からWebディレクターになった僕の経験も踏まえて紹介します。

感想・ご意見お待ちしてます!