Webディレクターの働き方!事業会社↔制作会社/自社↔常駐等を紹介

Webディレクターは事業会社で働くかWeb制作会社で働くかで働き方に違いがあります。
また、自社勤務か客先常駐勤務かという違いもあったり、副業やフリーランスなど多くの働き方があります。

今回はWebディレクターの働き方の違いをまとめました。

事業会社で働くかWeb制作会社で働くかの違い

会社員としてWebディレクターで働く場合は、事業会社で働くか、Web制作会社で働くことになります。

それぞれ説明します。

事業会社

事業会社は自社でWebサイトやWebサービス・アプリなどを制作・運用している会社です。
BtoCの大手有名企業、成長中のベンチャー企業などさまざま。

事業会社では、自社サイト・Webサービス・アプリを成長させていくのがミッション。
集客方法を考えて、より売れるようにして、ブランディングにつながる施策を行います。

事業会社で働くメリット

事業会社で働くメリットは、1つのサイト・サービス・アプリに長く携われることです。

中長期的な企画が立てられることや、PDCAを回し続けることができるので、サイト・サービス・アプリと一緒に成長できる、と言えます。
また、自社コンテンツを扱うので、アクセス解析データや成果状況などをリアルタイムで確認することができるのがやりがいです。

自社コンテンツなので、スケジュールの調整や業務量をコントロールしやすいのもメリット。
Web制作会社に比べて比較的ホワイトな環境で働けます。

事業会社で働くデメリット

事業会社で働くデメリットは、良くも悪くも扱うのが自社コンテンツということです。

新規でサイトを作ったりもありますが、基本的には自社の業界・ビジネスモデルに合わせたWebサイト・サービスなどを作ることになります。
なので、自分の携わる業務知識がつく一方、視野は狭くなります。
Web制作会社のように色々な業界や企業のサイトを作れる訳でもありません。
その意味では、事業会社を選ぶとある程度担当できるモノが限定されます。

事業会社でも受託チームがあって、そこではクライアントのWeb制作をしている、というパターンもあるので、案件にバラエティを持ちたいという方は受託案件も担当できる事業会社を選ぶと良いです。

Web制作会社

Web制作会社、クライアント企業からWebサイトの依頼を受けてWebサイトやWebアプリを作る会社です。

Web制作会社は企業のコーポレートサイト、LP、クライアントのメディアの制作や運用などを主に作っている会社と、Webサービスやアプリを主に作っている会社の2種類があります。

Web制作会社が作るサイトの割合は「自社サイト < クライアントのサイト」となります。

Web制作会社で働くメリット

Web制作会社の場合は多くのクライアント、案件を経験できるのがメリット。

Web制作会社はWebデザイナーやWebエンジニア、Webライターなどのクリエイター陣と密にやりとりができるのも魅力の1つ。
経験を積みたい方、業界知識を広げたい方に向いていると思います。

Web制作会社を選ぶ場合は、どんな業界のクライアントが多いのか?は自分の興味ある業界のサイトを担当できるか、につながるので要チェックです。

Web制作会社で働くデメリット

Web制作会社は自分の作ったものがどんな反応だったのか?が分かりにくいのがデメリット。
クライアントのサイトなので、売上貢献度・アクセス解析、ユーザーの声などを直接聞く機会が事業会社にくらべてかなり少なくなります。

また、Web制作会社は業務量が多いこと、スケジュールに負われること、給料や待遇が安いなどの傾向があります。

クライアントの鶴の一声でデザインを1から作り直しになったり、システム不具合や定期メンテナンスなどで夜間・休日対応が発生する可能性があることや、エラーが出た時に連日デバッグのデスマーチになる可能性も…。

Web制作会社を選ぶ場合は、どのレイヤーで仕事をしているのか?(何次請けの案件が多いのか?)が超大事です。

クライアントに近い上位のレイヤーで案件を請けている会社のほうが意見が通りやすく、スケジュール調整もしやすくなります。
また、利益が出るため、給料や待遇が良くなります。
2次請け、3次請け…と下に行くほど、スケジュールの都合がつけにくく、給料も安くなります(都度、営業利益/マージンが抜かれるため)。

自社勤務か客先常駐勤務(SES)かの違い

Webディレクターは自社勤務か客先常駐勤務(SES)かという違いがあります。

具体的には、自社勤務→正社員、客先常駐勤務(SES)→社外正社員(無期雇用派遣)という雇用形態に違いがあります。

自社勤務

自社勤務はその名の通り、雇用主である自社に出勤して仕事をします。

自社勤務のメリット

自社勤務のメリットは転勤がほぼないことです。

同じ職場で、良く顔を知っているメンバーと働けることや、通勤経路の変更もほぼないです。
なので環境変化によるストレスが少ないのがメリットです。

自社勤務のデメリット

自社勤務のデメリットは、会社によってはスキルアップが停滞することです。

昔ながらのやり方を変えない古臭い会社のように、自分から変化を求めた、新しい技術やトレンド、新しいメンバーとの出会いを探さないと、井の中の蛙に陥ります。
そのため、自分で努力して視野を広げたりスキルアップしていく努力は必要です。

客先常駐勤務(SES)

客先常駐勤務(SES)は、雇用関係にある会社のクライアント企業に出勤して、クライアント企業の仕事をします。

自社からクライアントに派遣されて働く、ということです。
クライアント企業から見て「外注さん」として働きます。

客先常駐勤務(SES)のメリット

客先常駐(SES)のメリットは色んな業界や現場を経験できることです。

客先常駐社員は未経験で採用していることも多く、大手・有名企業に常駐して働けるチャンスがあります。
IT・Webの世界では経験とスキルがモノを言うので、クライアント企業の第一線で仕事をできることは非常に価値があります。
常駐先の変更もできるので、環境が合わなかったときに現場を変えてもらえることや、スキルアップ志向の人にも向いています。

客先常駐勤務(SES)のデメリット

客先常駐(SES)のデメリットはあくまで「外注さん」なので、会社によっては大きな仕事ができないことです。

客先常駐(SES)で働く場合、企画やマーケティングの部分はクライアントがやって、その後の制作フェーズを任されるパターンが多いです。
なので、作業がマンネリ化しがち。
特に運用案件に入ると、同じルーチンの繰り返しで飽きますね…。

あとは、会社方針によっては配置転換が叶いにくかったり(社員のスキルアップを重視していない会社の場合)、下請けで働くので業務量が多かったり(この辺はWeb制作会社と同じ)、給料が安い傾向にあります(下請けなので)。

副業で働く

本業とは別に副業Webディレクターとして働くこともできます。

副業Webディレクターの働き方は、月単位で契約をして、担当サイトの運用を任される、というパターンが一般的です。
出社不要の案件も多く、平日の業務後や週末に対応すれば良いものが多いです。
依頼主もあくまで副業人材という認識で仕事を振ってくれるので、緊急度が高いものは少なくなります。

時給制や、月間いくら、みたいな契約になります。

フリーランス(業務委託)・独立して働く

Webディレクターとしてフリーランス(業務委託)・独立して働くパターンもあります。

この場合は、客先常駐の働き方と同じように週5日、クライアント企業に出勤して働く場合や、基本的に在宅・リモートで担当案件のディレクションをすれば良い案件などがあります。
起業すれば、自分の事務所(自宅他)での勤務ですね。

正社員か業務委託かの違いはありますが、実態として客先常駐勤務と何ら変わらないことも多いです。

フリーランス(業務委託)の場合は成果物の完成が求められるのが一般的なので、契約内容には注意です。
あとは、基本的に案件ベースでの契約なので、仕事を途切れさせないための努力(営業やクライアントとの関係構築)が大事です。