未経験からWebディレクターに転職する方法!僕の経験談から紹介

「未経験からWebディレクターに転職するにはどうしたらいい?」

Webディレクターは新卒でも、第二新卒・中途の未経験からも転職できる職業です。

今回はWebディレクターになる方法について、未経験からWebディレクターになった僕の経験も踏まえて紹介します。

そもそも未経験からWebディレクターになれる?

はい、Webディレクターは未経験からなれる職業です。

未経験可のWebディレクター求人は多くあります。

実際、僕自身も31歳のときに未経験からWebディレクターになりました。

30代未経験でWebディレクターに転職した話
僕が31歳のときに営業職から未経験のWebディレクターに転職した話です。30代未経験からWebディレクターを目指している方の参考になれば嬉しいです。

僕の同期も前職は営業職や携帯ショップの販売員など、未経験者ばかりでした。

未経験からWebディレクターに転職する方法まとめ

Webディレクターになる方法をまとめてみます。

大学・専門卒業後に新卒でWebディレクターになる

大学・専門卒業後に新卒でWebディレクターになる方法です。

Webディレクターは新卒でもなれます。
ほとんどはWebディレクターアシスタントとしてWebディレクターのサポートをしながら仕事を覚えて独り立ちしていきます。

大学・専門学校でWeb、IT、プログラミング、デザイン、マーケティング、統計学などを専攻していると少し有利ですが、Webディレクターへの応募要件には学歴、学部・学科、文系・理系などの制約はないことが多いのであまり気にしなくても大丈夫です。

新卒採用では正社員総合職が多いので、Webディレクターをピンポイントで選ぶのはやや難しい可能性があります。

なるべく条件を絞り込んでWebディレクターになれそうな会社を選んでください。

  • 【優先度1】職種で絞り込む:Webディレクター(Webディレクターアシスタント)コース、Webプロデューサーコースなど
  • 【優先度2】会社で絞り込む:Web制作会社、広告代理店、Webシステム開発会社など
  • 【優先度3】業界で絞り込む:Web業界、IT業界など

学生向けのインターンで企業で働いて、そのまま就職も狙えます。
志望度が高い会社があれば積極的に参加するのが良いです。

第二新卒・中途で未経験からWebディレクターに転職する

第二新卒・中途で未経験から転職する方法についてまとめてみます。

独学でWebディレクターになる

Webデザイン、コーディング、ライティング、マーケティングなどWebについて独学してからWebディレクターになる方法です。

僕はこの方法でWebディレクターになりました。

独学は少し時間はかかりますが、本業をしながらすぐに勉強を始められて費用もかからないおすすめの方法です。

ネット、本、動画、セミナーなど学習環境に恵まれているため、とても勉強しやすいです。

何から勉強すればいいのか?については、Webディレクターの基本となるWebサイトを作ることから始めればいいと思います。

自分で情報収集しながらホームページやブログを作って、運用してみる。
実践しながら学ぶのが手っ取り早いです。

Webディレクターになるための勉強法
Webディレクターになるための勉強法を徹底解説します。現役Webディレクターの僕の経験談も紹介。Webディレクターになりたい人は必見です!

自分で作ったもの、運用したものはポートフォリオにまとめて提出することで就職活動が有利になります。

Webディレクターのポートフォリオの作り方!未経験者もこれでOK
Webディレクターのポートフォリオの作り方のまとめ。未経験の人もこれでOK。ポートフォリオとは何か?から紹介。テンプレート構成、作成例・サンプル付き。

なかなか書類選考を通過しない場合は成果物のクオリティを上げましょう。

スクールで勉強してからWebディレクターになる

Webディレクターコース(Webディレクションコース)があるスクールに通ってからWebディレクターになる方法です。

お金はかかりますが、短期間で業務基礎レベルが学べるのと、スクールによっては就職保証がつくのでWebディレクターになれる可能性が高いのがメリットです。
お金を出せるなら検討の価値ありです。

スクールを利用する際は、まずはちょっと独学して自分はWebの仕事に向いているか?を考えてみてください。
大丈夫そうなら申し込む、というのが無難だと思います。

Webはデザインなどのクリエイティブや、システム開発などのプログラミング、Web集客を行うWebマーケティングなど領域が広いので、自分の興味の方向性を探る意味でも事前に少しかじってみるのがおすすめです。

他のWeb系職種を経験してからWebディレクターになる

まずはWeb系職種で経験を積んでからWebディレクターになる方法です。

初めてのWeb業界なら、

  • Webデザイナー
  • コーダー
  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • Webマーケター
  • Webライター

あたりが一般的でしょうか。

現場で2~3年経験すれば1人前になれます。そこからWebディレクターを目指せばいいです。

でも、どの職種から始めるかは要検討です。
いずれの仕事も適性によるところが多いので、自分の興味や向いている仕事かどうか?を考えてみてください。

Web業界の7大職種の仕事内容/必要スキル/年収/就職難易度
Web業界の7大職種について、仕事内容・必要スキル・平均年収・未経験からの転職難易度を僕の経験から解説します。

紙媒体・動画媒体を経験してからWebディレクターになる

Web以外の媒体を経験してからWebディレクターになる方法です。

紙・動画などのクリエイティブ業界での経験は、そのままWebの仕事に生かせます。

知人にテレビ局のADからWebディレクターになった人がいます。
あとは、1ステップ増えますが、グラフィックデザイナーからWebデザイナーになり、Webディレクターになる、というのもよく聞くパターンです。

いきなりWebディレクターとして独立する

未経験でいきなりWebディレクターとして独立するのはレアケースだと思いますが念のため。

「副業が軌道に乗ってきた」
「Web業界出身の仲間が見つかった」

など、条件が揃えばフリーランスや起業なども選択肢になるかと思います。

アルバイトから始めてみる

今の経験・スキルではいきなりWebディレクターになるのが難しいようなら、数は少ないですがアルバイトから始めてみるというのも1つの手です。

自分で勉強しつつ、アルバイトでWebディレクターの現場を経験しながらスキルアップを目指します。
会社によっては社員登用もあるので、積極的に狙っていきましょう。

事前準備なしでWebディレクター求人に応募するのはあり?

Web業界経験もWeb系職種経験もWebの知識もない状態でWebディレクター求人に応募するのはありなのか?

→20代前半ならありです。
Web業界への興味と熱意があれば、ポテンシャル採用されるケースがあるからです。

20代後半以降だと、即戦力採用になる傾向にあるため、いきなり求人に応募しても転職できる可能性は低くなります。
なので、なるべく独学やスクールなどで基礎知識を学んだ上で応募したほうが良いです。

今すぐじゃなくてもいい仕事があれば転職したい、という人で、ダメ元で応募してみる、というのはありかと思います。