WebディレクターとWebデザイナーの違いとは?

WebディレクターとWebデザイナーの違いについて、仕事内容、必要スキル、年収、なり方、キャリアパスの違いから説明します。

WebディレクターとWebデザイナーの仕事内容の違い

WebディレクターとWebデザイナーの仕事内容の違いを説明します。

Webディレクターはプロジェクトを指揮・進行管理する人、WebデザイナーはWebデザインを作る人です。

Webディレクター

WebディレクターはWeb制作現場の指揮官。
Web制作チームをまとめてプロジェクトの目的を達成するための現場監督です。

Webディレクターはクライアントと制作側の間に立つ橋渡し的な存在です。
Webディレクターはクライアントの要望をまとめて、WebデザイナーやWebエンジニアに指示を出します。

基本的にWebディレクターは自分でデザインしたりコーディングしたりと手を動かすことはない(もしくは少ない)仕事なのが特徴です。
要件定義をして、Web制作チームに指示を出し、Webサイトの品質を管理します。

Webデザイナー

WebデザイナーはWebデザインの作り手。
Webディレクターの指示を受けて、デザインの目的を達成するためにデザインを作る人です。

Webデザイナーの主なコミュニケーション先はWebディレクターになります。
WebデザイナーはWebディレクターとデザイン意図や提案の進め方について密に連携して働きます。

WebデザイナーはWebディレクターから指示されたデザイン要件とワイヤーフレームを元に、Webデザインの完成イメージ画像(デザインカンプ)を作ります。
デザインカンプを作る中でクライアントと何度かやりとりが発生して、修正対応。
デザインカンプが出来上がったら、Webサイトをコーディングします。
Webサイトのコーディングは、別にコーダーやフロントエンドエンジニアが行う場合もあります。

WebディレクターとWebデザイナーの必要なスキルの違い

WebディレクターとWebデザイナーの必要なスキルの違いを説明します。

Webディレクターはプロジェクトマネジメント力が求められ、WebデザイナーはWebデザインスキルが求められます。

Webディレクター

Webディレクターはプロジェクトを完成させるのがミッションです。
そのため、プロジェクトマネジメントスキルが必要です。

メンバーのアサイン、Webサイトの品質、コスト、納期、情報などを管理する力が求められます。
クライアント、制作チーム、協力会社、外注先など、多くの関係者とプロジェクトを一緒になって進める仕事のため、コミュニケーション能力は必須です。

Webデザイナー

Webデザイナーはデザインを完成させるのがミッションです。
そのため、Webデザイン、コーディングスキルが必要です。

クライアントが求めているデザインに仕上げる力、複数のデザインの提案力、スマホデザイン、コーディング力などが求められます。
PhotoshopやIllustrator、Adobe XDなどのデザイン作成ツールが使えること、レスポンシブルデザインに対応したコーディングができることが必要です。

WebディレクターとWebデザイナーの年収の違い

WebディレクターとWebデザイナーの年収の違いを説明します。

平均年収は、Webディレクター448万円、Webデザイナー356万円となっています。
Webディレクターの方が年収が高いです。

Webディレクター

Webディレクターの平均年収は448万円です。

Webディレクターの年代別の平均年収は次のようになっています。

  • 20代:361万円
  • 30代:457万円
  • 40代:551万円
  • 50代~:584万円

Webデザイナー

Webデザイナーの平均年収は356万円です。

Webデザイナーの年代別の平均年収は次のようになっています。

  • 20代:320万円
  • 30代:365万円
  • 40代:402万円
  • 50代~:-

出典:doda平均年収ランキング2021

WebディレクターとWebデザイナーになる方法の違い

WebディレクターとWebデザイナーになる方法の違いを説明します。

WebディレクターはWebディレクターアシスタントからの転職や、WebデザイナーやWebエンジニアなどのWeb系職種から転職するケースが一般的です。

Webデザイナーは未経験から始めるケースが多いです。
中にはWebエンジニアやWebディレクターなどのWeb系職種から転職するパターンもあります。

Webディレクター

Webディレクターになるには、Webディレクターアシスタントからのキャリアアップ、Web系職種からの転職というルートが一般的です。

  • Webディレクターアシスタント → Webディレクター
  • Webデザイナー → Webディレクター
  • Webエンジニア → Webディレクター など

Web系未経験の場合は、まずは上記のいずれかを目指すというキャリアになります。

Webデザイナー

Webデザイナーは未経験からスタートするケースが一般的です。
数は少なくなりますが、WebディレクターやWebエンジニアから転職するルートもあります。

  • 未経験 → Webデザイナー
  • Webディレクター → Webデザイナー
  • Webエンジニア → Webデザイナー

WebディレクターとWebデザイナーのキャリアパスの違い

WebディレクターとWebデザイナーのキャリアパスの違いを説明します。

WebディレクターはWebプロデューサー・プロジェクトマネージャーを目指すキャリアパス、WebデザイナーはUI/UXデザイナーやWebディレクターなどを目指すキャリアパスがあります。

Webディレクター

Webディレクターはより上位の職種であるWebプロデューサー・プロジェクトマネージャーを目指すキャリアパスが一般的です。

  • Webディレクター → Webプロデューサー
  • Webディレクター → プロジェクトマネージャー

他にも、WebデザイナーやWebエンジニアなどのクリエイターへのキャリアパスや、Webマーケターへのキャリアパスもあります。

  • Webディレクター → Webデザイナー
  • Webディレクター → Webエンジニア
  • Webディレクター → Webマーケター など

上記以外にも、「Webディレクター兼デザイナー」や「Webディレクター兼マーケター」などのようにクリエイティブ職種やマーケティング職種と兼務していくキャリアパスもあります。

  • Webディレクター → Webディレクター兼デザイナー
  • Webディレクター → Webディレクター兼エンジニア
  • Webディレクター → Webディレクター兼マーケター など

Webディレクターはキャリアパスが多いのが特徴です。

Webデザイナー

Webデザイナーはより上位のUI/UXデザイナーを目指したり、Webエンジニアを目指す、Webディレクターを目指すなどのキャリアパスが一般的です。

  • Webデザイナー → UI/UXデザイナー
  • Webデザイナー → Webエンジニア
  • Webデザイナー → Webディレクター など

Webデザイナー上がりのWebディレクターは多くて、Webディレクター兼デザイナーというキャリアパスもよくあります。

WebディレクターとWebデザイナーはどっちがおすすめ?

WebディレクターとWebデザイナーは、自分で手を動かして作るかどうかという点で大きな違いがあります。

自分でデザインを作るのが好きな人はWebデザイナー、チームをリードするのが好きな人はWebディレクターが向いています。

  • 自分でデザインを作りたい → Webデザイナー
  • チームをまとめたい → Webディレクター

給料面で見るとWebディレクターのほうが高いので、WebデザイナーからWebディレクターを目指していくのが基本のルートにはなるかと思います。

ただ、どっちから始めてもキャリアチェンジできるので、迷ったら始めやすそうな方から挑戦してみてキャリアチェンジしたり、兼務していく働き方もありだと思います。