ヒアリングシートの作り方(Webサイト制作の要件定義)

クライアントから「Webサイトを作りたい」と言われたら、Webディレクターがまずやるのが要件定義。

要件定義は後のサイトの設計や機能構築に大きく関わる大事なフェーズ。
ここがゆるいと後から確認が増えて進行が遅れたり、サイアク1からやり直しになることも…。

今回は要件定義に必要なヒアリング項目の解説と、最後にヒアリングシートの一覧を載せています。

しっかり要件定義ができるようになりましょう。

お題

クライアント:「サイトを作りたいんだけど」

クライアントからサイトを作りたいと要望がきた。
受注確度が高く心踊らせながらも、プロジェクトスタートまで気は抜けない。

クライアントとの打ち合わせに向けて、要件定義に必要な項目を洗い出しておきたい。

【今回のお題】
Webサイトの要件定義に必要な項目を洗い出す。

ヒント

「クライアントが何をしたいか?」を前提に、それを叶えるためのWebサイトの要件を固めます。
そのためには、目的の確認から体制、スケジュール、システム要件、デザイン、ドメイン・サーバー環境面など詳しく聞く必要があります。

Webサイト制作の流れも参考に、考えられる項目をできるだけ書き出しておきましょう。

Webサイト制作の流れ(練習問題)
WEBディレクションの修練場では実戦形式でWebディレクションスキルを磨いていただきます。今回のお題はWebサイト制作の流れ。

要件定義・ヒアリングの流れ

要件定義はクライアントがやりたいこと/叶えたいこと/困っていることをヒアリングして、具体化します。

要件定義はクライアントの要望を叶える機能を持ったWebサイトを作るのが目的。
そのために必要な情報を広くヒアリングしていきましょう。

要件定義はWeb制作会社側で行うことが多いですが、システム開発案件などではクライアント側で要件定義をまとめたRFP(提案依頼書)をもらうパターンもあります。

Webサイト制作の要件定義・ヒアリング項目

それでは、Webサイト制作に必要な項目を書き出してみます。

目的は何か?

  • 商品やサービスの販売
  • 問合せ獲得
  • ブランディング

要件定義では目的の確認が大事。
何をWebサイトで実現したいのか?どうやって理想に近づけるのか?を考えましょう。

新規かリニューアルか

  • 新規立ち上げ
  • リニューアル
  • 一部ページの追加・更新

今回の依頼がWebサイトの新規立ち上げなのか、リニューアルなのかの確認です。
一部ページの追加・更新というのもあります。

サイトかシステム開発か

  • サイト
  • システム開発

サイトかシステム開発か。
これはかなり大事なところ。

問い合わせフォーム、会員登録機能、ECサイトのカート機能など部分的にシステム開発が必要なこともあります。

スケジュール

  • 公開日
  • 稟議にかかる時間
  • チェックバックにかかる時間
  • 素材の支給タイミング

公開日から逆算してスケジュール調整します。

プロジェクト体制

  • クライアントの担当者
  • 自社メンバー

クライアントがどんな体制でプロジェクトを進める予定なのかを確認します。
あわせて、自社のメンバー構成(デザイナー、エンジニア、ディレクター各1名など)も考えます。

デザイン要件

  • トンマナ
  • レイアウト
  • パソコン・スマホ対応
  • デザインテンプレートの有無

デザイン要件を確認します。
サイトの目的に合わせて最適なデザイン要件を考えます。
ターゲットに合うデザイン、クライアントの要望も聞きつつデザインを決めます。

コーディング要件

  • 使用する言語
  • 使用可能なフレームワーク・ライブラリ
  • SSI(サーバーサイドインクルード)の利用可否
  • 対象OS・デバイス
  • Gitの仕様有無

コーディング時の要件を確認します。
使用する言語やフレームワーク、サーバー仕様上などのルール、独自のやり方などがないか?を確認します。

コンテンツ要件

  • 必要なページ数
  • カテゴリ設計
  • タグ設計

サイトを構成するコンテンツの要件を確認します。
サイトマップやディレクトリマップにまとめるといいです。

環境要件

  • 開発環境
  • テスト環境
  • ステージング環境
  • 本番環境

開発、テスト、ステージング、本番など、環境の有無や環境構築の有無を確認しましょう。

納品方法

  • FTPアップロード
  • HTMLファイル納品

納品方法を確認します。
FTPアップロードによる本番環境への公開なのか、HTMLファイル一式の納品までなのか、など。

会社によってFTPでステージング環境までのアップ(本番環境へのアップはクライアントが実施)などもありますので細かく確認を。

支給素材

  • 原稿
  • 写真
  • イラスト
  • 動画
  • 音声

支給素材はどこまでもらえるのかを確認します。

基本的に素材は全支給とするパターンが多く、例えば写真撮影、写真選定、イラスト作成、原稿作成などは別途料金が発生することが多いです。
見積もりが大きく変わる部分なので要確認を。

ドメインの確認

  • 公開URL
  • ドメインは支給か新規取得が必要か

公開URLとドメインの支給有無を確認します。

サーバー要件

  • スペック的に実現したい機能向きか
  • バージョンは実現したい機能向きか

これから作るサイト/システムを実現できるサーバースペック、バージョンかを確認します。

サーバーのPHPのバージョンなどによっては、開発機能に制限が出たり、WordPressの最新バージョンが使えないなどの不都合が出る可能性があります。

システム要件の確認

  • システム開発の有無
  • 問合せフォームは1から作るか、外部サービス利用か
  • CMS(WordPress/Movable Typeなど)の利用
  • SNSシェアボタン など

システム開発の有無を確認します。
問い合わせフォームやCMSの利用有無も確認しましょう。

プラグイン・外部サービスの利用有無

  • CMSなどでプラグインを使って良いか
  • 指定のプラグインはあるか
  • 外部サービスの利用はあるか/使って良いか

プラグインや外部サービスの利用があるかを確認します。
問い合わせフォームを外部サービスを利用したり、CMSでプラグインが使えると開発コストと時間を節約できます。

アクセス解析タグの設定

  • Gooleアナリティクス
  • Googleタグマネージャー
  • Googleサーチコンソール
  • SATORI など

GoogleアナリティクスやMAタグなどのアクセス解析タグの設定の有無を確認します。

SEO対策

  • titleやmetaの設定情報
  • パンくずリスト
  • URLの正規化
  • canonical設定
  • noindex設定
  • リダイレクト設定
  • SSL化 など

SEO対策の設定項目を確認しましょう。
どこまでやるか?によっては別途費用が必要な場合もあります。

運用方法

  • 誰がコンテンツ作りをするのか?
  • 誰がシステムの保守をするのか?
  • バックアップ方法

サイト公開後の運用方法も確認しておきましょう。
サイトを作って満足、というクライアントも多いですが、ぶっちゃけそれだけでは思ったような成果は上がりません。

コンテンツの更新、集客、保守方法なども考えておくことが大事です。

進行管理方法

  • Excel(スプレッドシート)
  • Backlog
  • Slack など

進行管理方法を確認しておきましょう。

クライアントのセキュリティが強くて外部サービスが利用できず、すべてメールでやりとりする、というのを経験したことがあります。

ログイン情報など

  • サーバー管理画面のログイン情報
  • WordPressのログイン情報
  • FTP情報

サイト制作に必要な情報を確認しておきましょう。
サーバーやWordPress、FTP情報などがあります。

ヒアリングシート(要件定義チェックリスト)

最後に、今回紹介した要件定義チェックリストのまとめです。

目的は何か?
 □商品やサービスの販売
 □問合せ獲得
 □ブランディング
新規かリニューアルか
 □新規立ち上げ
 □リニューアル
 □一部ページの追加・更新
サイトかシステム開発か
 □サイト
 □システム開発
スケジュール
 □公開日
 □稟議にかかる時間
 □チェックバックにかかる時間
 □素材の支給タイミング
プロジェクト体制
 □クライアントの担当者
 □自社メンバー
デザイン要件
 □トンマナ
 □レイアウト
 □パソコン・スマホ対応
 □デザインテンプレートの有無
コーディング要件
 □使用する言語
 □使用可能なフレームワーク・ライブラリ
 □SSI(サーバーサイドインクルード)の利用可否
 □対象OS・デバイス
 □Gitの仕様有無
コンテンツ要件
 □必要なページ数
 □カテゴリ設計
 □タグ設計
環境要件
 □開発環境
 □テスト環境
 □ステージング環境
 □本番環境
納品方法
 □FTPアップロード
 □HTMLファイル納品
支給素材
 □原稿
 □写真
 □イラスト
 □動画
 □音声
ドメインの確認
 □公開URL
 □ドメインは支給か新規取得が必要か
サーバー要件
 □スペック的に実現したい機能向きか
 □バージョンは実現したい機能向きか
システム要件の確認
 □システム開発の有無
 □問合せフォームは1から作るか、外部サービス利用か
 □CMS(WordPress/Movable Typeなど)の利用
 □SNSシェアボタン など
プラグイン・外部サービスの利用有無
 □CMSなどでプラグインを使って良いか
 □指定のプラグインはあるか
 □外部サービスの利用はあるか/使って良いか
アクセス解析タグの設定
 □Gooleアナリティクス
 □Googleタグマネージャー
 □Googleサーチコンソール
 □SATORI など
SEO対策
 □titleやmetaの設定情報
 □パンくずリスト
 □URLの正規化
 □canonical設定
 □noindex設定
 □リダイレクト設定
 □SSL化 など
運用方法
 □誰がコンテンツ作りをするのか?
 □誰がシステムの保守をするのか?
 □バックアップ方法
進行管理方法
 □Excel(スプレッドシート)
 □Backlog
 □Slack など
ログイン情報など
 □サーバー管理画面のログイン情報
 □WordPressのログイン情報
 □FTP情報

おつかれさまでした!

【無料】WEBディレクションの修練場(練習問題でスキルを磨く)
WEBディレクションの修練場は実戦形式でWebディレクションスキルを磨いていただくためのコンテンツです。全て無料、回答付きです。