インハウスWebマーケターとは?僕が感じるメリット・デメリット

未経験でWebマーケターを目指している人の中には、インハウスWebマーケターって何となく事業会社で働くのは分かるけど、「実際何するのか分からない」「実際どうなの?」という人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、人材会社のインハウスWebマーケターとして働く僕が、インハウスWebマーケターの仕事内容を紹介します。

インハウスWebマーケターの働き方の一例として、会社選びの参考にしてもらえたら嬉しいです。

そもそもインハウスWebマーケターとは?

Webマーケターにはインハウス勤務と運用会社勤務の2つの働き方があります。

インハウスWebマーケターとは事業会社で働くWebマーケターのことで、自社ビジネスのWebマーケティングを担当する人のこと。
逆に、クライアントのWebマーケティングを運用代行するのが運用会社(広告代理店)のWebマーケターです。

簡単に言えば、自社ビジネスにコミットするのがインハウスWebマーケターで、クライアントのビジネスにコミットするのが運用会社(広告代理店)のWebマーケターです!

  • インハウスWebマーケター:自社ビジネスにコミット
  • 運用会社のWebマーケター:クライアントのビジネスにコミット

インハウスWebマーケターの仕事内容(僕の場合)

人材会社のインハウスWebマーケターとして働く僕の仕事内容を一覧で紹介します。

プランニング

人材会社のビジネスモデルはBtoCでありBtoB。
求職者向け(求職者を集める)と法人向け(新規求人を獲得する)という2つの仕事があります。

僕の仕事はそれぞれの目的を叶えるためのWebマーケティング施策を練ることです。

  • 求職者向けのプランニング:営業戦略と集客したいターゲット像を擦り合わせ、個別の施策・企画を練る。
  • 法人向けのプランニング:どんな業界・職種の求人を獲得していくのか?そのためにどんなWeb集客を行うのか?を企画に落とす。

会社の経営方針や売上に直結するので、求職者動向調査、競合調査、企画を繰り返して経営陣と施策を詰めて実行していきます。

自社Webサイトの運用

コーポレートサイトや採用サイト、求人サイト、サービス紹介サイト、情報メディアの運用をしています。

コーポレートサイトの運用

コーポレートサイトの目的は問い合わせ獲得。

問い合わせを獲得するための集客・CVR改善施策として、SEO対策、活用事例を増やす、LPを作る、UIデザインを更新する、などをしています。

採用サイトの運用

自社採用サイトの目的は自社社員を採用すること。

自社の新卒社員・中途社員を採用するための集客・CVR改善施策をしています。

SEO対策、社員インタビューの撮影・公開、社風やキャリアパスなど働き方が分かるコンテンツ作り、LP作り、UIデザイン更新などをしています。

求人サイトの運用

求人サイトの目的は求職者に求人応募してもらうこと。

それを達成するための集客・CVR改善施策をしています。

SEO対策、求人サイトのデザイン更新、LP作り、バナーのABテスト、会員登録フォームの最適化などをしています。

サイト全体の仕組み作りを僕が担当しており、個別の求人を書くのは別チームがやっています。

サービス紹介サイトの運用

自社の特定のサービスに特化して情報発信しているサイトです。

受注や問い合わせ獲得を目的に、SEO対策やLP作り、UIデザイン更新などを行っています。

情報メディアの運用

主に求職者向けの情報サイトの運用をしています。

情報メディアの目的は、求職者との接点づくり&ブランディング。
そして、将来的な見込み客を獲得すること。

SEOコンテンツ作りや、サイト設計、SEOキーワード選定、ライティングなどをしています。

SEO対策

自社の管轄サイトにて、基本的なSEO対策(タイトルタグや見出しタグのキーワードの見直し)、インデックス状況の確認、内部リンクの強化、ナビゲーションの見直し、サイト設計、SEOキーワード選定、SEOコンテンツ作りなどをしています。

LP制作・LPO

法人向けのサービス紹介LP、自社社員採用向けのLP、求人サイトへの会員登録促進用LPなどを作る&改善しています。

ターゲット設定、コンセプト設定から、ワイヤーフレーム、デザイン、Web化、公開まで。

公開したLPは月1で問い合わせ件数や会員登録数などのKPIをチェックしながら、部分的に更新するなど最適化しています。

EFO

主に求人紹介サイトなどの会員登録フォームの改善をしています。

フォーム離脱の多い箇所について、入力項目を見直したり、必須項目の見直し、フォームデザインの見直しなどをしています。

アクセス解析

管轄サイトのGoogleアナリティクスを見て、PV、CV数、流入経路、リピートユーザー数などの指標を日々チェックしています。

あとは、Googleサーチコンソールでインデックス状況や、キーワードの検索順位、エラーがないかなどを確認しています。

求人広告運用

リクルート、doda、マイナビを始めとした求人広告媒体の選定・運用をしています。

採用計画と予算に合わせて、最適な求人媒体選びから、競合調査、業者打ち合わせ、原稿作成・チェック、ダイレクトスカウト、KPIチェックなどをチームでやっています。
僕は企画の部分で入ることが多いです。

SNS運用

僕がいる会社ではTwitterとWantedlyをメインに運用しています。

どちらも求職者に向けた自社のPR、求人情報、セミナー情報などの発信に使っています。

求職者を獲得するためのニーズ調査・競合調査・企画・制作・編集・投稿などをやっています。

メルマガ配信

自社の求人サイト登録者に向けた求人情報の定期配信をしています。

僕はターゲットや配信頻度などの企画、メールテンプレート文の作成を行い、運用は別担当にお願いする形で運用しています。

Web制作関連

Webマーケターではありますが、これまで2年のWeb制作経験があるため、自社のWeb制作に関する仕事も担当しています。

バナー作り、LP制作、トップページデザイン、フォームのUI変更、細かいデザインパーツの更新・・・など、マーケティング目線でWeb制作を行っています。

  • UI/UXデザイン改善
  • コーディング(HTML、CSS、JavaScript、PHP、WordPress)
  • ディレクション(社内、外注コントロール)

ライティング

求職者向けの情報メディアの記事作成、LP原稿、サイト原稿、社員インタビューの記事化など、ライティングを行っています。

基本的にすべてSEOを意識したキーワード選び、構成作りから始めて、ライティング、Web公開、リライトまでしています。

インハウスWebマーケターで働くメリット・デメリット

僕が感じるインハウスWebマーケターとして働くメリット・デメリットは次のとおりです。

インハウスWebマーケターで働くメリット

まずはインハウスWebマーケターで働くメリット。

  • あらゆるWeb施策を企画・実行できる
  • 経営の根幹に関する重要な仕事ができる
  • 施策の意思決定権がある
  • 意思決定のスピードが早い
  • 自分のペースでプロジェクトを動かせる
  • 長期的に自社サイトを育てていく楽しみがある
  • 自社ビジネス・業界ノウハウが深く身につく

インハウスWebマーケターで働くデメリット

一方、デメリットはこんなところ。

  • 最新情報は自分で取りに行く必要がある
  • 自社商品・サービスに魅力を感じないと仕事が辛い
  • 自社商品・サービスが増えないと新鮮味がなくなる
  • 社内政治や説得材料作りに苦労する場面がある
  • 自分独りで完結させるくらいのスキルが求められる

結論:インハウスWebマーケターは超おすすめです

今回は人材会社のインハウスWebマーケターとして働く僕の仕事内容を紹介しました。

インハウスWebマーケターは常に自分で情報を取りに行き、勉強、スキルを付けて仕事に反映する必要があったり、社内政治や社内説得に苦労する場面もあるなどのデメリットもありますが、目的を叶えるためにあらゆるWeb施策を企画・実行できること、自社サイトを長期的に育てていけること、意思決定が早い、自分のペースで仕事ができるなど、デメリットを超えるメリットがあると感じています。

なので、結論、インハウスWebマーケターは超おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました