【まとめ】Webマーケターで働く10のメリット

Webマーケターに興味がある人・目指している人の中には「Webマーケターになるメリットって何?」と思ってる人もいるのではないでしょうか?

今回は現役Webマーケターの僕が感じるWebマーケターのメリットを紹介します。

このままWebマーケターを目指していいのか?Webマーケターに転職したらどんな良いことがあるのか?この記事を読めば、そんな疑問を解消するヒントになるはずです。

Webマーケターで働く10のメリット

1. 仕事が楽しくて、やりがいがある

Webマーケターは仕事が楽しく、やりがいがあるのがメリット。

Webマーケターとして働いていて、つくづく思うのが「仕事が楽しい」ということ。

課題や会社の目標=ゴール に向かって、どんな戦略を立てて行動すれば叶えられるのか、を常に考えています。

ゴールにたどり着くまでの仮説&実行&検証の一連の流れはRPGゲームそのもので、自分で考えた戦術を実行して、数字で結果が分かる。
Webマーケティングはゲーム性が高く、仕事が楽しいです。

また、Webマーケティングは売上・集客・ブランディング・採用など、経営に直結する仕事。
結果は数字で求められる厳しさはありますが、「ビジネスに貢献している」という実感が感じられるやりがいがある仕事です。

ここが楽しい!Webマーケティングの魅力・やりがい7選
僕が感じるWebマーケティングの7つの魅力・やりがいの紹介と、僕がWebマーケティングをしていて楽しい!と感じる場面を紹介します。

2. 年収が高い(稼げる)

Webマーケターは年収が高い(稼げる)のがメリット。

実際、dodaの平均年収ランキング、求人ボックスの給料データ、Greenなどの転職サイト掲載の求人データなど、どの年収データを見ても、日本人の平均年収を下回ることはありません。

未経験で始めたての頃は年収が下がる可能性もありますが、1~3年くらい経験を積んで、そこから昇給を目指したり、転職で年収を上げたりと給料アップを狙えます。
この後登場しますが、Webマーケターは副業でも稼ぎやすいです。

一度Webマーケティング経験者になってしまえばWebマーケターは稼げます。

Webマーケターの年収は低い?【結論:かなり高い】
Webマーケターの年収は低いのか?Webマーケティングの年収事情は実際のところどうなのか?を転職サイト、公開データから徹底調査しました。

3. 専門スキルが身につく

Webマーケターは高度な専門スキルが身につくのがメリット。

WebマーケティングはSEO、Web広告、SNS、動画、メールなど、どの施策も専門性が高く、どんどん進化していっています。
どの分野にも「その道のスペシャリスト」がいるのが特徴的。

また、Webマーケティングは世界共通言語。
海外でも通用するスキルが身につくのはデカいです。

未経験者必見!Webマーケターに必要なスキル20選
Webマーケターに必要なスキルを、基礎スキル、SEOマーケター向き、Web広告マーケター向き、SNSマーケター向き、その他とカテゴリ別に解説します。

4. 将来性が高い

Webマーケターは将来性が高いのがメリット。

マーケティングの考え方はビジネスにおいて必要不可欠であることや、社会インフラであるWebの活用方法を提案できること、また、人材不足も相まって市場価値が高いです。

ブログ、SNS、アプリ、LINE、YouTube、TikTok…など、今の時代のトレンドを裏で操る仕事。
Webマーケターは将来性があります。

Webマーケティング職は今後なくなる?【結論:将来性がある】
Webマーケティング職は将来性があります。Web広告市場、ECサイト市場、Webマーケターの採用市場の3つの面から解説します。

5. キャリアの選択肢が多い

Webマーケターはキャリアの選択肢が多いのがメリット。

たとえば、SEOマーケターからSNSマーケターなど専門領域を横スライドするキャリアや、WebコンサルタントやWebアナリストなどの上位職へのキャリア、WebディレクターやWebプロデューサーなどのWeb制作も含めたWeb全般をプロデュースするキャリア、メディア特化の編集長を目指すキャリア、はたまたマーケティング・企画職などWeb以外も含めたトータルマーケティングを目指すキャリアなど、選択肢がかなりあります。

Webマーケターを経験しておくとキャリアの潰しが効くのもメリットです。

Webマーケティング職の5つのキャリアプランを解説
Webマーケティング職の5つのキャリアプランについて、僕の経験や友人Webマーケターの話を踏まえて紹介します。

6. 学歴や年齢に関係なく活躍できる

Webマーケターは学歴や年齢に関係なく活躍できるのがメリット。

Webマーケティングは実力主義。
基本的に学歴や年齢よりも、経験と実績が見られる仕事です。

新卒や未経験・若手のポテンシャル採用では地頭の良さが見られることがあるため、学歴フィルターやSPIなどの適性検査で採用されるケースもありますが、企業からしてもあくまで参考程度のこと。
それよりも個人レベルのWebマーケティングに対する取り組みや、成果のほうが評価されるので、準備をしっかりしておけば問題ないです。

逆に言うと、いくら学歴や年齢が高いベテランだとしても実力がなければ評価されないため、日々、勉強は必要です。

7. 副業しやすい

Webマーケターは副業しやすいのがメリット。

本業で得たWebマーケティングの知見をそのまま副業に活かせるからです。
副業Web広告運用、副業SEOコンサル、副業SNS運用、副業ブログ・アフィリエイト、副業講師、副業ライターなど、副業にも多くの選択肢があります。

Webマーケターは本業で身につけたスキルを副業に活かせるし、逆もまた然り。
Webマーケティングをやればやるほど加速度的にスキルが上がっていくのもデカいですね。

8. フリーランスとしての独立や、起業しやすい

Webマーケターはフリーランスとしての独立や、起業しやすいのがメリット。

Webマーケティングは需要が高く、パソコン1台あればどこでも仕事ができる。
そういう仕事柄、独立・起業しやすい仕事です。

実際、フリーランスや起業しているWebマーケターはめちゃくちゃ多い。
副業アフィリエイトが軌道に乗ってからフリーランスになる、会社員Webマーケターを2~3年やってから起業する、などのパターンが王道です。

9. 在宅・リモートできる

Webマーケターは在宅・リモートできるのがメリット。

基本的にWebマーケターは時間・場所に関係なくパソコンとネット環境があれば仕事ができます。

これにより、家庭との両立、地方移住、海外から仕事をするなど、将来的にライフスタイルが変わっても柔軟に働けるのは大きなメリットだと感じます。

10. 服装が自由

Webマーケターは服装が自由なのがメリット。
念のため。

Tシャツ+ジャケット、パーカー、デニム、チノパン・・・など、好きな恰好で働けます。
(会社員の場合は、究極、その会社の服装規定によりますが・・・)

実際、Tシャツにジャケットを着てる人がめちゃくちゃ多くて、一目で同業だと分かりますよ(笑)

・・・と、以上10個のメリットを紹介しました。

他にも、初対面の人との自己紹介で「Webマーケターやってます」と言ったときに、「何か凄い人」と異業種の人からモテる?のもメリットかもです(笑)

さいごに:Webマーケターは未経験から始めやすいのもメリット!

Webマーケターは未経験から始めやすいのもメリットです。

Webマーケターになるのに特別な資格はいらないし、未経験歓迎の会社が多いからです。

僕も33歳未経験でWebマーケターになれましたし、やる気さえあればなれますよ。

とはいえ、「個人レベルでWebマーケティングをやった経験」や「成果物」は必要になるので、準備はしっかりしておきましょ。

Webマーケターになりたい!という人はこちらの記事も見てください!

未経験からWebマーケターになるには?現役Webマーケターが解説
Webマーケターになるには何をしたらいいか?を徹底まとめ。未経験からWebマーケティング転職する方法を現役Webマーケターが解説します。
タイトルとURLをコピーしました