市場価値診断ならミイダス!

未経験からWebマーケターになる方法【33歳未経験で転職した僕の方法】

あらゆるWebツールを使いビジネスを成功に導くWebマーケター。

「未経験からWebマーケターになれるのか?」

気になりますよね。

でも安心してください。

結論から言って、Webマーケターは未経験からでもなれます。

実際、僕は33歳未経験でWebマーケターにキャリアチェンジし、現在に至ります。

今回は僕の経験談も紹介しつつ、具体的に未経験からWebマーケターになる方法を紹介します。

未経験からWebマーケターになりたい方はぜひ参考にしてください!

未経験からWebマーケターになる方法【33歳未経験で転職した僕の方法】

未経験からWebマーケターになった方法【33歳未経験で転職した僕の方法】

①Webマーケターになるまでのキャリア

僕のこれまでのキャリアは簡単にいうとこんな感じ。

  • 24歳〜31歳 事務→事務→事務→営業
  • 31歳〜 Webディレクター
  • 33歳〜 Webマーケター

2018年、31歳のときに未経験からWebディレクターに転職し、客先常駐社員として大手IT企業2社に勤務。

常駐1社目はWebディレクションを担当。
その間にWebデザインやコーディングを独学して、キャリアアップ希望を出して常駐先を異動しました。

常駐2社目はWebディレクション+Webデザイン+コーディングを担当しました。

未経験でWebディレクターに転職して2年経験した後、2020年にWebマーケターに転職しました。

※Web制作は2年間実務で経験しましたが、Webマーケティングは実務でLPとメールマーケティングを少し経験した程度でした。

②個人のブログメディア運営に1年半注力

未経験からWebディレクターとして勤務した2年間の間に、会社の仲間とブログメディアを立ち上げました。

WordPressを使ったブログメディアの構築、記事のライティング、SNS発信なんかをしながらかれこれ1年半運用していました。

この経験で身についたスキルはこんな感じ。

  • サイト企画
  • キーワード調査(キーワードプランナー)
  • 競合調査
  • ドメイン取得
  • サーバー契約
  • WordPressで構築
  • Webデザイン
  • コーディング(HTML、CSS、JavaScript、PHP、WordPressテンプレート)
  • SEO対策
  • アクセス解析(Googleアナリティクス)
  • SNS運用(Twitter、Facebook、Instagram)
  • ライティング など

参考記事:ブログで得たスキルでWebマーケティング職に転職するまでの話

③とにかく未経験OKのWebマーケター求人を集めた

Webマーケターへの転職を考え出したくらいから、未経験OKなWebマーケター求人をとにかく集めることを考えました。

また、2020年のコロナ禍だったこともあり、転職を本格的に決意する半年前くらいから時間に余裕をもって進めました。

僕が使った方法は次のとおり。

  • 転職サイト(Green、ビズリーチ)
  • 転職エージェント(Geekly)
  • ビジネスSNS(Wantedly)
  • 知人紹介

僕の場合は転職に本腰を入れる半年以上前からGreenやビズリーチ、Wantedlyなどに登録して求人を見ていて、本格的に転職を意識したタイミングでGeekly、知人に声をかけました。

転職活動に時間的にかなり余裕があったのでこのとき使ったのは転職サービスはGreen、ビズリーチ、Geekly、Wantedlyの4つだけでした。

面接は3社ほど並行していましたが、最終的には仕事内容、安心感、待遇などを鑑みて知人紹介の会社に決めた感じです。

»Webマーケティング職向け転職エージェント&転職サイトのオススメ

未経験からWebマーケターになるために重要なこと

未経験からWebマーケターになるために重要なことは3つあります。

  • ①アウトプットを作る
  • ②未経験OKのWebマーケター求人に片っ端から応募する
  • ③それでもダメならまずはWeb系の職種につくことを考える

①アウトプットを作る

最も重要なのはアウトプットを作ることです。

未経験の場合、Webマーケターに必要な基礎スキルは独学して身に付けておくことがWebマーケターになるための最短ルートです。

Webマーケティングに関するSEO、アクセス解析、SNS運用、広告などに加えて、Webデザイン、コーディングなどのWeb制作についても勉強すると良いです。

  • Webマーケティング(SEO、アクセス解析、SNS運用、広告)
  • Web制作(Webデザイン、コーディング)

やり方はシンプルに「ブログを作って運用」するといいです。

Webマーケターへの転職が前提なのでブログはWordPress一択です。

この時意識してほしいのは「Webマーケターになりきってブログを運用すること」。

Webマーケティングはサイトのテーマ決めから始まります。

テーマを絞った特化型サイトにして100記事を目標にできれば毎日更新しましょう。

期間は最低3か月、できれば1年間は継続運用してみてください。

これはSEOの効果検証を考えると早くて3か月、通常半年くらいは時間がかかるからです。

「できたこと」「できなかったこと」「課題」などの結果をポートフォリオにまとめて提出すると効果的です。

情報のインプットのやり方は色々あるので、本・動画・セミナー・スクール・資格など自分にあった方法ですればいいです。

»【無料あり】Webマーケティングを独学/勉強する5つの方法

②未経験OKのWebマーケター求人に片っ端から応募する

続いて大事なのが、未経験OKのWebマーケター求人に最大限応募することです。

そのためには求人をできるだけ手に入れなければ始まらないです。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • セミナー
  • 知人に声をかけてみる
  • SNSを使う

など、フル活用しましょう。

»Webマーケティング職向け転職エージェント&転職サイトのオススメ

③それでもダメならまずはWeb系の職種につくことを考える

未経験OKのWebマーケターへの転職が叶わない場合、まずはWeb系の職種につくことを考えましょう。

Web業界に一旦身を置くことで現場で多くを学ぶことができるので、そこからWebマーケターを目指すといいです。

Web業界の職種は興味のある職種、入れそうな職種のいずれかで構いません。

  • Webデザイナー
  • Webエンジニア
  • Webライター
  • Webディレクター
  • Webプランナー

Web業界の仕事は名称的な職種のくくりはあるものの、業務内容の境界線はあってないようなところがあります。

Webデザイナーがフロントエンドを担当するのは当たり前ですし、WebディレクターがWebデザインやWebマーケティングをすることもザラにあります。

Web制作のスキルはWebマーケティングに活かせますし、逆もまた然り。

まずはWeb業界に入ることで道が開けます。

いきなりフリーランスは無理ゲーです

知識も経験もゼロでいきなり会社をやめてフリーランスは無理ゲーです。

フリーランスになりたい!という方は、まずはブログやSNS、動画で実績を作りましょう。

今の会社が嫌だからフリーランス、自由を夢見てフリーランスは現実逃避になりかねないので注意です、念のため。

まとめ:未経験でもWebマーケターになれる【ただし、アウトプットがマスト】

未経験からでもWebマーケターになることは十分可能です。

以下の点がとても重要なポイントになりますのでおさえておきましょう。

  • ①アウトプットを作る
  • ②未経験OKのWebマーケター求人に片っ端から応募する
  • ③それでもダメならまずはWeb系の職種につくことを考える

というわけで以上です。

以下、Webマーケターを目指している方に役立つ記事の一覧です。