Webマーケターとは?【仕事内容、年収、なるには】

スポンサーリンク
この記事は約11分で読めます。

この記事ではWebマーケターとは何か?から、Webマーケターの仕事内容、年収、Webマーケターになる方法、必要スキル、おすすめの資格、向いている人、メリット、キャリアパス、将来性まで網羅的に解説しています。

Webマーケターを目指している人は参考にしてください!

Webマーケターとは?【仕事内容、年収、なるには】

スポンサーリンク

Webマーケターとは

WebマーケターとはWebを活用して集客・販売促進を行ったり、サイト分析・改善を行う人です。

  • Webを活用して集客・販売促進を行う
  • Webサイト分析・改善を行う

Webマーケターはビジネスに直結する戦略的な仕事です。

WebマーケターとWebディレクターの違い

WebマーケターとWebディレクターの違いは次の通り。

  • Webマーケター:Webサイトへのアクセスを増やす
  • Webディレクター:Webサイトを作る・運営する

会社によってWebマーケターがWebサイトを作る・運営する場合もありますし、WebディレクターがWebマーケティングを行うこともあります。

WebマーケターとWebデザイナーの違い

WebマーケターとWebデザイナーの違いを確認しておきましょう。

  • Webマーケター:マーケティング視点でWebデザインを提案する
  • Webデザイナー:Webデザイン・Web構築をする

WebマーケターはWebマーケティング視点でWebデザインを捉える点、Webデザイナーは実際にデザインしたり構築する点で役割が異なります。

Webデザイナーは新規サイト・既存サイトのどちらも担当しますが、Webマーケターはどちらかというと新規サイトよりも今あるサイトの改善フェーズで登場する事が多いです。

※会社によりWebマーケターがデザイン・構築まですることもありますし、Webデザイナーがサイト分析・マーケ視点でデザインを提案することもあります。

スポンサーリンク

Webマーケターの仕事内容

Webマーケターの仕事は主に3つに分けることができます。

  • 1、集客:人を集める
  • 2、販売促進:買ってもらう
  • 2、改善:現状分析と改善

※1〜3は単体で行うものではなく、セットで検討する点がポイント。

1、集客:人を集める

1つ目は集客です。

ホームページやLP、ECサイト、各種SNSへのアクセス数を増やすことです。

アクセスを増やすための方法として、SEO・SNS・広告などを活用します。

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • SNS運用(ソーシャルメディア運用)
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • メール

2、販売促進:買ってもらう

2つ目は販売促進です。

商品やサービスを買ってもらうためにWebサイトを最適化します。

CVR(コンバージョン率)を高めるための方法として、サイト設計・動線設計・LP・エントリーフォームなどを最適化します。

  • サイト設計
  • 導線設計
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(エントリーフォーム最適化)

3、改善:現状分析と改善

3つ目は改善です。

現状分析をもとに、仮設を立てて施策の導入、改善を繰り返していきます。

  • アクセス解析
  • ヒートマップ
  • ページ離脱率
  • メール開封率(MAなどを活用)

Webマーケターのやりがい

Webマーケターのやりがいは、自分で仮説を立てる→実行→検証→改善とゲーム感覚で仕事ができることです。

  • 1、自分で仮説を立てる
  • 2、仮設をもとに実行する
  • 3、効果を分析・検証する
  • 4、さらに良くなるように改善する

自分の考えを直接反映できることや、結果が数字で明確に分かることなどでやりがいを感じます。

他にも、Webマーケティングは起業の経営戦略に直結する重要な役割を担うという点もやりがいです。

Webマーケターは年収が高いのもやりがいになります。

スポンサーリンク

Webマーケターの年収

Webマーケターの平均年収は476万円です。

Webマーケターの年収は全職種の平均年収409万円よりも高く、また、その他のWeb系職種の中でもかなり高いです。

  • Webデザイナー 363万円
  • Webエンジニア 419万円
  • ライター・Web編集 352万円
  • Webディレクター 442万円
  • Webプロデューサー 442万円
  • データサイエンティスト 516万円

年収の高さは業界や所属会社、役職による

年収は業界や所属会社、役職によってかなり変わってきます。

年収を上げるには以下の方法を取るといいです。

  • 業界を変える
  • より上流の会社に行く
  • 役職を上げる

儲かる業界の方が年収が高くなるのは当然ですね。

また、上流工程に行くほど年収も高くなるため、一般的に制作会社よりも事業会社の方が年収が高くなる傾向にあります。

あとは役職を上げることですね。

スポンサーリンク

Webマーケターになるには

Webマーケターは未経験でもなれます!

Webマーケターになる転職ルートはいくつかあります。

  • 1、新卒でWebマーケターになる
  • 2、完全未経験で未経験OKのWebマーケター求人に応募する
  • 3、スクールやオンライン講座で勉強してから転職する
  • 4、本やセミナーなどで独学してから転職する
  • 5、Web系の職種からキャリアチェンジする

1、新卒でWebマーケターになる

学校でWeb系・IT系・デジタル系の学部や学科を専攻して、新卒でWebマーケターになる方法です。

ただ新卒採用の場合、総合職採用が大半のためWebマーケターに特化して募集している会社は少ないです。

その場合は、まずはWebディレクターなどのWeb系職種への就職を目指すといいです。

Web系職種から始めてステップアップ、キャリアチェンジしていきましょう。

2、完全未経験で未経験OKのWebマーケター求人に応募する

社会人になってから、完全未経験で未経験OKのWebマーケター求人に応募する方法です。

知識ゼロ・経験ゼロでOKな完全未経験の状態でも歓迎している求人を見つけたら積極的に応募しましょう。

ただしこのパターンだと書類の通過率が悪かったり、応募要件を満たす求人が少ない場合があります。

並行してWebマーケティングの勉強をしておくといいです。

3、スクールやオンライン講座で勉強してから転職する

社会人になってWebマーケティングを学べるスクールに通ったり、オンライン講座を利用して勉強してから転職する方法です。

知識ゼロの場合に比べてかなり転職しやすくなるはずです。

ただ、スクールに通っただけ、オンライン講座で勉強しただけ、とならないように注意です。

成果物/ポートフォリオを作って提出しましょう。

4、本やセミナーなどで独学してから転職する

本を読んだり、セミナーに足を運ぶなどして独学してから転職する方法です。

ブログやSNSを運用する、広告を出してみる、アクセス解析した上でサイト改善してみるなど、アウトプットを作りましょう。

たとえ際立った結果につながらなくても、トライしたこと、そこから学んだことや今後どうするか?を提示することで十分アピール可能です。

5、Web系の職種からキャリアチェンジする

WebディレクターやWebプランナーなどのWeb系職種からキャリアチェンジする方法です。

Web業界やWeb制作の知識などをWebマーケターにも活かせるため、この方法は有力です。

WebディレクターやWebプランナーなど、Webマーケターと一部業務内容が重なる職種を経験している場合は重点的にアピールしましょう。

Web業界経験者だからと油断せず、Webマーケティングについて独学してアウトプットするのも忘れずに。

スポンサーリンク

Webマーケターに必要なスキル

Webマーケターに必要なスキルは次の通りです。

  • 1、Webマーケティング全般の知識
  • 2、データ分析スキル
  • 3、Web制作のスキル・知識
  • 4、論理的思考力
  • 5、コミュニケーション能力

1、Webマーケティング全般の知識

Webマーケティング全般のスキルが必要です。

  • SEO対策
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(エントリーフォーム最適化)
  • SNS運用
  • Web広告
  • メールマーケティング など

どれも専門性が高いため、いきなり全部習得するのは無理ゲーです。

なので、やってみたいWebマーケティング手法を選ぶか、主要なSEO対策・SNS運用・Web広告などのスキルから身につけると良いと思います。

2、データ分析スキル

Webマーケターにはデータ分析スキルが必要です。

  • Googleアナリティクス
  • ヒートマップ
  • サーチコンソール
  • MAツール
  • 売上・コストデータ など

手に入るデータを活用して、現状分析と改善策を練ります。

最低限のGoogleアナリティクスとサーチコンソールの基本機能が使えるようにしておくといいです。

3、Web制作のスキル・知識

Web制作のスキル・知識が必要です。

Webマーケターは頭を使って仮設を立てるだけではなく、実際のWebサイトに落とし込む必要があります。

なので、WebデザインやWeb構築などに関するスキル・知識があると役立ちます。

Web制作スキルも独学するとスキルアップできます。

4、論理的思考力

論理的思考力が不可欠です。

Webマーケターは仮設を立てて実行し、検証・改善を繰り返していく仕事です。

なので、数字を見て判断する力、論理的に最善案を提案できること、結果の分析力などが求められます。

5、コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も不可欠です。

Webマーケターの仕事はパソコンに向かっているだけではありません。

クライアントとの定例会、社内での企画会議、制作チームへの指示出し、外注対応など、コミュニケーションが多く発生するからです。

コミュニケーションスキルがないと仕事が務まらない仕事です。

スポンサーリンク

Webマーケターにオススメの資格

Webマーケターの仕事に必須の資格はありませんが、資格の勉強を通して知識の強化になります。

Webマーケターにオススメの資格はGoogle公式の2つです。

  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  • Google広告の認定資格

どちらも無料でeラーニングで学んだ上で受験できます。

スポンサーリンク

Webマーケターに向いている人

Webマーケターに向いている人はこんな人です。

  • コツコツ作業が苦にならない人
  • 論理的思考ができる人

Webマーケティングの仕事はドラクエとかポケモンで、敵を想定してコツコツモンスターを育てるような仕事です。

なので、RPG好きな人は向いていると思います。

スポンサーリンク

Webマーケターになるメリット

Webマーケターになるメリットは次の通り。

  • 1、需要が高い
  • 2、給料が高い
  • 3、リモートワーク・在宅で働きやすい
  • 4、副業しやすい
  • 5、独立しやすい

1、需要が高い

Webマーケターは会社の経営に直結する重要な仕事です。

そのため、需要が高く引く手数多なことがメリットです。

潰しが効くこと、給料アップやキャリアアップしやすいのもメリットです。

2、給料が高い

Webマーケターは給料が高いのがメリットです。

需要が高く、求められるスキルが高いため高年収のことが多いです。

Web系のその他の職種と比べても比較的高水準の待遇が望めます。

3、リモートワーク・在宅で働きやすい

リモートワーク・在宅で働きやすのがメリットです。

Web業界の職種はどれもパソコンとネット環境さえあれば仕事ができます。

今の時代にあった働き方ができるのがメリットです。

4、副業しやすい

副業しやすいのがメリットです。

  • 副業ブログ
  • クラウドソーシング
  • Webマーケティングの副業人材

どれも有力であり、本業よりも稼いでいる人も多くいます。

Webマーケターは本業で身に付けたスキルを多方面に活かせるのがメリットです。

5、独立しやすい

独立しやすいのがメリットです。

Web系の仕事はWebデザイナー、Webエンジニア、Webマーケターなどどれも独立しやすいのが特徴ですが、中でも需要が高いWebマーケターは独立しやすい職種の一つです。

Webマーケターはフリーランスを目指している人、起業したい人にもオススメです。

スポンサーリンク

Webマーケターのキャリアパス

Webマーケターのキャリアパスは次の通り。

  • 1、関連職種にキャリアチェンジ
  • 2、別業界にチャレンジする
  • 3、マネジメントしていく/役職をつける
  • 4、独立する

1、関連職種にキャリアチェンジ

関連職種にキャリアチェンジする方法です。

Webディレクター、Webプロデューサー、Webプランナー、データアナリストなど、Webマーケターのスキルを活かせる職種はたくさんあります。

Webマーケターの先のキャリアの選択肢が広いのがメリットです。

2、別業界にチャレンジする

別業界にチャレンジする方法です。

Webマーケティングのスキルを活かせるのはWeb業界だけではありません。

極端な話、ビジネスを行っていて集客をしたい会社すべてが就職先になります。

なので、気になる業界があればチャレンジしてみるのも一つの手です。

3、マネジメントしていく/役職をつける

マネジメントしていく/役職をつける方法です。

Webマーケターの職種はそのままで、役職を上げていくキャリアになります。

プロジェクト管理、メンバー管理、予算管理などのマネジメントする立場にシフトした働き方です。

4、独立する

独立する方法です。

Webマーケターはニーズが高く、どの会社にも必要な存在のため独立しやすいです。

なのでフリーランスになったり起業するという選択肢が十分ありです。

実際、会社で数年Webマーケターを経験してから独立する人も多いので独立希望の人は一考の価値ありです。

スポンサーリンク

Webマーケターはきつい?

Webマーケターは経営に直結する仕事なので、求められるレベルも高いです。

  • 集客
  • 売上貢献度
  • ブランディング

など、数字ベースで結果が判断されます。

成果が数字ではっきり出るため、目標に達しているときは良いですが、未達の場合は原因分析や対策を練るのに苦労します。

スポンサーリンク

Webマーケターの将来性・需要が高い理由

Webマーケターは以下の理由で将来性・需要が高いです。

  • Webで情報収集する時代であること
  • Web上でモノ・サービスを買う時代であること
  • Webを使ったマーケティング手法の注力化
  • 経営に直結するため、多くの企業に必要とされていること
  • 専門性が高い職種で需要が高いこと
  • Webマーケターが不足していること など
スポンサーリンク

まとめ

WebマーケターはあらゆるWeb技術を用いてビジネスを成功に導く職種です。

Webマーケターは企業の経営に直結する専門性が高い職種で、市場価値が高く、重宝される存在です。

消費者の生活様式のWeb化にともない、これからますます必要とされる将来性が高い仕事といえます。

Webマーケターに興味を持ったら、まずは勉強やキャリアチェンジを考えるなど次のステップに進んでみてください。