こんな人はWebマーケターはやめとけ【10選】

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

こんな人はWebマーケターはやめとけ【10選】

スポンサーリンク

結論:こんな人はWebマーケターはやめとけ【10選】

結論から言うと、次に当てはまる人は「Webマーケターはやめとけ」と言えます。

  • ①人に興味がない人
  • ②自分で考えて動けない人
  • ③結果に責任を持てない人
  • ④自己研鑽できない人
  • ⑤数字を扱うのが極端に苦手な人
  • ⑥変化を嫌う人
  • ⑦地道な作業が苦な人
  • ⑧ルーティンワークをしたい人
  • ⑨忙しいのが嫌な人
  • ⑩デスクワークが苦手な人
スポンサーリンク

①人に興味がない人

人に興味がない/興味を持てない人はWebマーケターとしては致命傷。

なぜならWebマーケターは「人を動かす仕事」だから。

人の興味を惹きつけ、アクセス数を増やし、買ってもらう。

そのためにはユーザーを理解し、その人の気持ちになって施策を打つことが重要となります。

なので、人に興味がない/興味を持てない人はWebマーケターには向いてません。

スポンサーリンク

②自分で考えて動けない人

自分で考えて動けないとWebマーケターは務まりません。

なぜならWebマーケターはデータを分析して、仮説を立て、改善し、検証をする、という一連の流れを繰り返していく仕事だから。

データから何を読み取るか?どうしたらもっと良くなるのか?をひたすら追求していく必要があります。

なので、自分で考えて動けない指示待ちタイプの人はWebマーケターには向いてません。

スポンサーリンク

③結果に責任を持てない人

結果に責任を持てない人はWebマーケターには不向きです。

なぜならWebマーケターは集客・売上・認知度UPなどへ貢献する責任がある仕事だから。

結果に責任を持てないと、企画・導入・効果検証・PDCAを回すなど、改善をしていくことが厳しくなります。

なので、結果に責任を持てない人はWebマーケターには向いてません。

スポンサーリンク

④自己研鑽できない人

自己研鑽できない人はWebマーケターには不向きです。

なぜならWebマーケターは覚えることが山ほどあり、また、Webマーケティングに関する新しい技術がどんどん登場するから。

自ら情報収集する姿勢や実践する姿勢がないとすぐに取り残されてしまいます。

なので、自己研鑽できない人にはWebマーケターは厳しいです。

スポンサーリンク

⑤数字を扱うのが極端に苦手な人

数字を扱うのが極端に苦手な人はWebマーケターはきついです。

なぜならWebマーケターはSEO、サイト改善、広告出稿、SNS運用、メールマーケなど、分析するにしても目標を立てるにしても、何かしら数字がつきものだからです。

数字をもとに仮説を立てて、施策を検討、実践、効果測定、改善…を繰り返していく仕事です。

なので、数字を扱うのが極端に苦手な人/抵抗がある人はWebマーケターはやめたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

⑥変化を嫌う人

変化を嫌う人はWebマーケターには不向きです。

なぜならWebマーケティングは一つできれば終わりではなく、さまざまな手段を試して、組み合わせて運用していく仕事だから。
また、日々進化していくWebマーケティング技術についていく必要があるから。

なので、変化を嫌う人/新しいものに抵抗がある人はWebマーケターには向いてません。

スポンサーリンク

⑦地道な作業が苦な人

地道な作業が苦手な人はWebマーケターには向いてません。

なぜならWebマーケターは競合調査やアンケート調査、キーワード調査、アイディア出しのブレスト、問題の深堀り、改善策の検討など、地道に思考を重ねていく仕事だから。

ひたすら競合調査をしたり、キーワードを抽出したり、パフォーマンスを分析したりと地味な作業が多いのも事実。

なので、地道な作業が苦になる人はWebマーケターには不向きです。

スポンサーリンク

⑧ルーティンワークをしたい人

ルーティンワークをしたい人はWebマーケターには向いてません。

なぜならWebマーケターにルーティンワークはほとんどないから。

似たやり方はあっても、業界・ターゲット・商品・サービス・タイミング・予算などがすべて変わります。

その時その時でベストなやり方を検討する必要がある仕事です。

なので、日々定型業務をしていた方が良いという人はWebマーケターには向いていないかもしれません。

スポンサーリンク

⑨忙しいのが嫌な人

忙しいのが嫌な人はWebマーケターには向いていないかも。

なぜならWebマーケターはクライアント、社内、協力会社など様々な関係者とのやりとりが発生することや、中には自分で調査したり、企画の導入、運用まで行うなど忙しいからです。

Webマーケターは複数の依頼をこなしながら、自分でも手を動かす仕事です。

コンペ前、企画会議前、レポート作成、クライアントとの定例会の前など、仕事に追われて夜な夜な作業をするなんてことも。

忙しくて仕事に追われるのが嫌な人はWebマーケターには向いてないかもしれません。

※もちろん、自分で仕事をコントロールできる状況であればこの限りではありません

スポンサーリンク

⑩デスクワークが苦手な人

デスクワークが苦手な人はWebマーケターには向いてません。

なぜならWebマーケターはパソコンをメインに使う仕事であり、一日の大半をデスクワークをして過ごすことが多いから。

もちろん外出などもありますが、営業職・販売職・接客職などを経験してきた人からしたら圧倒的に外出や立ち仕事が少なくなります。

なので、デスクワークでじっとしているのが苦手な人はWebマーケターには向いてません。

スポンサーリンク

まとめ

さいごに、この記事のまとめです。

  • ①人に興味がない人
  • ②自分で考えて動けない人
  • ③結果に責任を持てない人
  • ④自己研鑽できない人
  • ⑤数字を扱うのが極端に苦手な人
  • ⑥変化を嫌う人
  • ⑦地道な作業が苦な人
  • ⑧ルーティンワークをしたい人
  • ⑨忙しいのが嫌な人
  • ⑩デスクワークが苦手な人

今回はWebマーケターはやめとけという人の例を10個紹介しました。

※ただ、上記10の例に当てはまるからといって向いてないと決めつけないことです

社風や自分次第で、自分のやりやすい働き方にできる場合もあるからです。

Webマーケターは楽しいし、とてもやりがいのある仕事です。

僕としてはWebマーケターになる人が一人でも増えてくれたら嬉しいと思っています。

未経験からWebマーケターを目指している人はこちらの記事もご覧ください。

未経験からWebマーケターになる方法【33歳未経験で転職した僕の方法】