SEOの基礎知識(練習問題)

WEBマーケティングの修練場では、Webマーケティングの現場で起こるさまざまな課題をこなしながら、Webマーケティングスキルを磨いていただきます。

今回のお題はSEOの基礎知識。

これができれば現場で最低限必要な基礎知識があると言えます。
ウェブサイト公開時のSEO項目のチェックや、コンテンツマーケティングの企画・編集時などの仕事に活かせます。

お題

SEO基礎知識を試す問題を用意しましたので挑戦してみてください。
問題数は全部で17問あります。

回答時の目印として、よければチェックボックス☑も使ってください。

問題の最後に、各設問の回答と解説を用意しています。

それではスタート!

ヒント

本問題はGoogleの検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドから作りました。

上記を読んだことがない人は、先に読んでから挑戦するのがおすすめです。

SEOの基礎知識についての問題

問題1

SEOで検索順位1位を取る方法はGoogleから公開されている。
これは正しいか、間違いか?

1.正しい
2.間違い

問題2

WebサイトがGoogleにインデックス登録されているかを調べる検索コマンドはどれか?

1.「index:」
2.「site:」
3.「cite:」

問題3

Googleに自身が管理するWebサイトを見つけてもらえるようにするために最も良い方法はどれか?

1.特別な対応はせずに待つ
2.SNSで情報発信する
3.サイトマップを送信する

問題4

ユーザーに見られたくない機密性の高いページについては、どう対応すればいいか?

1.noindexタグを使いGoogle検索結果に表示されないようにする
2.robots.txtファイルでクロール対象外のページに指定する
3.該当ページにパスワード認証を付けたりページ自体を削除する

問題5

titleタグの記述について間違っているものを1つ選んでください。

1.HTMLファイルのhead内に記述する
2.サイト管理のため、titleは通し番号をつけておく
3.簡潔で分かりやすいtitleにする

問題6

メタディスクリプションタグの記述について間違っているものを1つ選んでください。

1.文字数制限がないので、できるだけ長く書いてアピールする
2.メタディスクリプションタグはHTMLファイルの head 内に記述する
3.ページごとの固有のメタディスクリプションにする

問題7

見出しタグ(h1~h6)の記述について間違っているものを1つ選んでください。

1.文字の強調デザインに使用する
2.文字数制限はないが非常に長い見出しは避ける
3.見出しタグはページの階層構造を示すために使う

問題8

URLについての記述のうち間違っているものを1つ選んでください。

1.Googleはwwwを含むURLとwwwを含まないURLを同じURLとして認識する
2.URL中の#aboutなどのフラグメントは、検索エンジンに無視される
3.スラッシュ「/」はパスやファイル名の識別に使われるため重要である

問題9

ナビゲーションについての記述として間違っているものを1つ選んでください。

1.検索エンジン向けにサイトマップを作る
2.パンくずリストを設置する
3.ナビゲーションに画像を使用する

問題10

URLについての記述として間違っているものを1つ選んでください。

1.ディレクトリやページに関係する単語を使って分かりやすいURLにする
2.URLは検索結果に表示されないので自由に付けて良い
3.1つのページに対してURLが複数あるとそのページに対する評価が分かれる

問題11

コンテンツについての記述として間違っているものを1つ選んでください。

1.ユーザーのニーズに合わせてサイトを設計する
2.自分が日常的によく使うキーワードを使ってコンテンツを作る
3.他にはない新しいサービスや、オリジナルの情報を提供する

問題12

サイトの運営についての記述として間違っているものを1つ選んでください。

1.ページを増やすのが重要であり、コンテンツの不足は気にしなくていい
2.サイト運営者やサイトの目的を明確に示す
3.コンテンツはそのテーマに関する専門家が作成する

問題13

広告についての記述として正しいものを1つ選んでください。

1.広告を貼ること自体は問題ない
2.広告をコンテンツと同化させてクリックさせる

問題14

リンクテキストについての記述として間違っているものを1つ選んでください。

1.アンカーテキストは遷移先のページの内容が分かるものにする
2.アンカーリンクは基本的に「詳しくはこちら」としておけば良い
3.アンカーリンクは通常のテキストと区別するために青色文字などを使う

問題15

リンク先についての記述として間違っているものを1つ選んでください。

1.外部サイトにリンクすると、自分のサイトの評価の一部を外部サイトに与えることになる
2.リンク先に自分のページの評価を渡さないようにするには a タグ内で「rel="follow"」属性を使う

問題16

画像についての記述として間違っているものを1つ選んでください。

1.画像にはalt属性で代替テキストを設定する
2.画像のalt属性は画像検索や画像をアンカーリンクにした時に効果的なためキーワードをできるだけ詰め込むのが良い
3.画像ファイルにはJPEG、GIF、PNG、BMP、WebP などの一般的な画像形式を使う

問題17

モバイル対応についての記述のうち間違っているものを1つ選んでください。

1.HTMLファイルが1つでデバイスによってデザインが切り替わるレスポンシブデザインが推奨されている
2.PC用サイトとスマホ用サイトの2つがある場合、どちらかに情報の過不足があっても良い

SEOの基礎知識:答え

問題1の答え

問題1:SEOで検索順位1位を取る方法はGoogleから公開されている。これは正しいか、間違いか?

正解:「2.間違い」

Google でサイトが自動的に掲載順位 1 位になるための秘訣は(残念ながら)ご紹介していませんが、このガイドで示すおすすめの方法を取り入れると、検索エンジンがより容易にあなたのコンテンツをクロールし、インデックスに登録し、把握できるようになることを期待できます。

とあります。

つまり、巷で耳にするGoogle以外のSEOに関する情報は非公式情報です。←ここ重要なので、覚えておきましょう!

公式情報を調べるのはもちろん、信頼のおける会社/個人が発信している情報を「自分で試しながら判断する」のが大事です。

問題2の答え

問題2:WebサイトがGoogleにインデックス登録されているかを調べる検索コマンドはどれか?

正解:「2. site:」

「site:」検索を使用してサイトのホーム URL を検索します。検索結果が表示されたら、インデックスに登録されていることがわかります。

競合サイトのサイト規模をぱぱっと調べるのに便利です。

「site:」コマンドは、サイトのトップページのURLだけでなく、特定のWebページについても使えます。

問題3の答え

問題3:Googleに自身が管理するWebサイトを見つけてもらえるようにするために最も良い方法はどれか?

正解:「3.サイトマップを送信する」

Google にサイトを表示するための第一歩は、Google がサイトを見つけられるようにすることです。最適な方法はサイトマップの送信です。サイトマップとは、サイト上の新しいページまたは変更されたページについて検索エンジンに伝えるためのサイト上のファイルです。

検索エンジンにサイトの更新情報を伝えるには「XML Sitemap」を送信します。
WordPressを使っている場合はプラグインで自動作成するのが楽です。

問題4の答え

問題4:ユーザーに見られたくない機密性の高いページについては、どう対応すればいいか?

正解:「3.該当ページにパスワード認証を付けたりページ自体を削除する」

セキュリティを確保したいなら、適切な認証方法(ユーザー パスワードを求めるなど)を使用するか、ページをサイトから完全に削除してください。

robots.txtでクローラーをブロックしていても、noindexしていても、URLを知っているユーザーは見ることができます。

極端な話ですが、「Web上にアップしたら全て見られている」くらいの気持ちで、見られても問題ない情報を出すことです。

問題5の答え

問題5:titleタグの記述について間違っているものを1つ選んでください。

正解:「2.サイト管理のため、titleは通し番号をつけておく」

サイトの各ページに title 要素の固有のテキストを配置するようにします。これにより、サイト上の各ページの違いを Google が容易に認識できます。

titleは検索エンジンの検索結果画面に表示される重要項目です。
管理目的の通し番号などはユーザーの混乱を招く可能性があります。
各ページごとに、重複がないように付けるのがポイントです。

問題6の答え

問題6:メタディスクリプションタグの記述について間違っているものを1つ選んでください。

正解:「1.文字数制限がないので、できるだけ長く書いてアピールする」

description メタタグのテキストには文字数の上限や下限はありませんが、検索結果にテキスト全体が表示される程度の長さにすることをおすすめします(検索の方法や検索エンジンによってユーザーに表示されるスニペットのサイズが異なる可能性があります)。

メタディスクリプションには文字数制限はありませんが、検索結果に表示されなければ長く書いても効果がないです。
80~100文字程度で、狙っているSEO対策キーワードを含みつつ、ページ内容の要約を書くと良いです。

問題7の答え

問題7:見出しタグ(h1~h6)の記述について間違っているものを1つ選んでください。

正解:「1.文字の強調デザインに使用する」

以下のことは避けましょう。
ページの構造を定義する際に、効果的でないテキストを見出しタグで囲む。
em や strong のような他のタグのほうが適している場所で見出しタグを使用する。
見出しタグのサイズを不規則に変える。

見出しはページ構造を伝えるものです。
大文字、太字などのデザインのために使用しないように、注意です。
デザインはCSSで書くのが原則です。

問題8の答え

問題8:URLについての記述のうち間違っているものを1つ選んでください。

正解:「1.Googleはwwwを含むURLとwwwを含まないURLを同じURLとして認識する」

Google では www を含むバージョンと www を含まないバージョン(例: www.example.com、または単に example.com)を区別します。

つまり、wwwのあり・なしで別物と認識され、ページ評価が分散してしまいます。
ページ評価が分かれないように、wwwのあり・なしをどちらかに統一する=URLの正規化を行います。
同じように「index.htmlのあり・なし」「httpとhttps」もどちらかに正規化する必要があります。

問題9の答え

問題9:ナビゲーションについての記述として間違っているものを1つ選んでください。

正解:「3.ナビゲーションに画像を使用する」

以下のことは避けましょう。
全体的に画像やアニメーションに基づいてナビゲーションを作成する。

ナビゲーションはできるだけテキストで作りましょう。
検索エンジンにはテキストで情報を伝えるのが基本です。

問題10の答え

問題10:URLについての記述として間違っているものを1つ選んでください。

正解:「2.URLは検索結果に表示されないので自由に付けて良い」

通常、ドキュメントの URL は、Google 検索結果のドキュメント タイトルの近くになんらかの形式で表示されることを忘れないでください。

URLも含めて検索結果画面に表示されます。
なので、URLにはページ内容を表すキーワードを含むのが良いです。

問題11の答え

問題11:コンテンツについての記述として間違っているものを1つ選んでください。

正解:「2.自分が日常的によく使うキーワードを使ってコンテンツを作る」

ユーザーがコンテンツを探すときに検索しそうなキーワードを考えてみましょう。そのトピックについてよく知っているユーザーは、よく知らないユーザーとは異なるキーワードを検索クエリで使用するかもしれません。

ニーズから考えることが大事です。
自分の頭の中にあるキーワードはユーザーが検索するキーワードとズレている可能性があります。
似たようなキーワードがある場合は、より多くのユーザーが使うキーワードを使う方が集客を見込めます。

問題12の答え

問題12:サイトの運営についての記述として間違っているものを1つ選んでください。

正解:「1.ページを増やすのが重要であり、コンテンツの不足は気にしなくていい」

コンテンツが事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを確認してください。

コンテンツに手を抜くのはNG。
正確性、分かりやすさに加えて、コンテンツの網羅性も重視しましょう。
「コンテンツ・イズ・キング」であることを忘れずに。

問題13の答え

問題13:広告についての記述として正しいものを1つ選んでください。

「1.広告を貼ること自体は問題ない」

広告が目に見えることは当然です。しかし、広告によってユーザーが注意をそらされたり、サイトのコンテンツを読むのを邪魔されたりすることは避けるべきです。

広告を貼ること自体は問題ではありません。
コンテンツと広告が明確に分かるのがベスト。
あとは、サイトの大部分を覆うようなうざいポップアップ広告とかも避けることです。

問題14の答え

問題14:リンクテキストについての記述として間違っているものを1つ選んでください。

正解:「2.アンカーリンクは基本的に「詳しくはこちら」としておけば良い」

リンク先のページの内容に関する基本的な情報がわかるアンカー テキストを作成してください。

リンクをクリックして遷移した先のページに何が書かれているのかが分かるリンクテキストが望ましいです。

たとえば、「詳しくはこちら」ではなく、「クリック率の上がるタイトルの付け方を見る」など。

問題15の答え

問題15:リンク先についての記述として間違っているものを1つ選んでください。

正解:「2.リンク先に自分のページの評価を渡さないようにするには a タグ内で「rel="follow"」属性を使う」

特定のリンクをフォローしないように、つまり、自分のページの評価をリンク先のページに渡さないように Google に伝えるには、リンクの rel 属性の値を nofollow または ugc に設定します。

アフィリエイトリンクをnofollowにする、といった使い方が多いです。

問題16の答え

問題16:画像についての記述として間違っているものを1つ選んでください。

正解:「2.画像のalt属性は画像検索や画像をアンカーリンクにした時に効果的なためキーワードをできるだけ詰め込むのが良い」

以下のことは避けましょう。
alt テキストにキーワードを並べたり、文章全体をコピー&ペーストしたりする。

titleでもディスクリプションでも見出しでも同じように、キーワードの詰め込みはNGです。

問題17の答え

問題17:モバイル対応についての記述のうち間違っているものを1つ選んでください。

正解:「2.PC用サイトとスマホ用サイトの2つがある場合、どちらかに情報の過不足があっても良い」

すべてのデバイスで全機能を提供します。モバイル ユーザーは、ウェブサイトが対応している他のデバイスと同様に、モバイルでも同じ機能(コメント投稿や決済など)とコンテンツを期待しています。テキスト コンテンツに加えて、重要な画像や動画をすべて埋め込み、モバイル デバイスからアクセスできるようにします。

PC・スマホ、どちらでアクセスしても同じ情報・機能があることが原則です。

以上です。
何問正解できましたか?

理解が不足しているところは検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドを読んでおきましょう。

【無料】WEBマーケティングの修練場(練習問題でスキルを磨く)
WEBマーケティングの修練場は実戦形式でWebマーケティングの現場レベルのスキルを身につけてもらいます。全て無料で、問題と回答を用意しています。