Webマーケティングやめとけ説は本当?僕の経験から解説

「Webマーケティングはやめとけ」

Webマーケティングについてそんな意見を聞きますが実際のところどうなのか?

今回は事業会社で働く現役Webマーケターの僕の経験から、よくある「Webマーケティングやめとけ説」について実際どうなのか?を解説したいと思います。

常に数字で成果を求められてきつい説

「Webマーケティングは常に数字で成果を求められてきついからやめとけ」

常に数字が見られるのは本当。

Webマーケティングは自分のやったことの成果が数字として明確に分かる仕事。
数値の達成率を常に見られるので、実力主義に近い働き方です。
なので、数字で管理されるのが苦手な人はつらいかも。

ただこれがWebマーケティングの醍醐味でもあるので、これが良いか・悪いかは人によります。

僕は数字で白黒はっきり分かるので好きです。

変化が激しくて大変説

「Webマーケティングは変化が激しくて大変だからやめとけ」

変化が激しいのは本当。

WebマーケティングはSEOやコンテンツの作り方、広告ルール、Webデザインなどの変化が激しいです。

検索エンジンも日々進化してるし、デザインの流行りに合わせたコンテンツを作るなどトレンドを追うこともしばしば。

新しいもの好きの人にはちょうどいいですが、実務で求められた場合は新しいことは自分で調べながら作業をする場面も多いので、ルーチンワーク・マニュアル作業がいい人は向かないかもです。

ただ、すべて新しいものに置き換える必要もないので、基本をおさえて最新情報は追いつつ、実践するかどうかを決めていければいいので、新しいものに興味がある程度でも問題はないです。

頭を使いすぎて消耗する説

「Webマーケティングは頭を使いすぎて消耗するからやめとけ」

頭を使い過ぎて疲れるのはたまに本当。

Webマーケティングは企画・提案・実施・効果測定・改善と考えることが多い仕事なので、

課題は何か?
どういう計画で実行するのか?
予算はいくら想定しているのか?
どれだけの成果を期待できるのか?
目標数値をなぜ達成できたのか?
どうして達成できなかったのか?
次はどうするか?

と、常に何かを考えています。

考えすぎて知恵熱が出て、脳疲労がヤバいときがあります。

普段から色々と戦略を考えたり、競合を調べたり、データを組み合わせて分析したりする仕事なので、RPGで育成をやり込む人みたいな研究化タイプの人には天職になると思います。

失敗ばかりでつらい説

「Webマーケティングは失敗ばかりでつらいからやめとけ」

Webマーケティングは失敗がつきものなのは本当。
思った通りに行かないことの山です。

トライ・アンド・エラーをひたすら繰り返して、経験値を貯めて、成功確率を少しでも増やしていく、そんな仕事です。

なので、失敗しても怯むことなく前向きに取り組める人が向いています。

失敗の原因を探して、別の策を打つ。
イメージ通りに行ったときのやりがいはハンパないです。

地味な仕事が多くて大変説

「Webマーケティングは地味な仕事が多くて大変だからやめとけ」

地味な仕事が多いのは本当。

Webマーケティングはデータを一日中整理したり、レポートを作ったり、提案資料を作ったり、競合調査でひたすらググったり、関連キーワードを1つ1つ確認したり、検索キーワードに対するユーザーの検索意図を考えたり、ユーザーになりきってサイトを作ったり・改善したり、とかなり地道な仕事も多いです。

行き詰まることもあるので、長時間の作業になることも多い。

コツコツ、黙々と地道な作業が好きな人に向いています。

Webマーケティングにキラキラしたイメージを持ちすぎると、ギャップに泣かされるかもです。

Webマーケティングは給料が安い説

「Webマーケティングは給料が安いからやめとけ」

これはケースバイケース。

Webマーケティングは平均年収が高い仕事ですが、業界や商流によって給料の高い・低いがあります。

また、Webマーケティングは実力主義なところがあるので、経験年数・スキルに応じて年収がグッと上がります。

年収を上げるには日々のスキルアップが欠かせません。

常に勉強しないといけない説

「Webマーケティングは常に勉強しないといけないからやめとけ」

常に勉強が必要なのは本当。

SEO、コンテンツ制作、アクセス解析、データ分析、広告運用、SNS運用、メールマーケマーケティング…など。
Webマーケティングは手法が多く、変化が多い仕事。

さすがにWebマーケティングが嫌いだとツライですが、興味があれば問題ないです。

突き詰めていっても終わりがないので、好奇心旺盛な人・勉強家な人にはピッタリです。

仕事が忙しい/残業が多い説

「Webマーケティングは仕事が忙しい/残業が多いからやめとけ」

半分本当で、半分間違い。
会社によります。

僕の場合は事業会社でWebマーケティングをしてますが、自分でタスク量やスケジュールをコントロールできるのでノンストレス。
残業時間は月5~10時間程度。
定時でも帰れますが、好きで残って仕事をしているときもあるので、特段問題ではないです。

仕事の責任が重い説

「Webマーケティングは仕事の責任が重いからやめとけ」

仕事の責任が重いのは本当。

Webマーケティングは数字で成果を求められるのと、問い合わせ数・商品の注文数・予約数・採用人数などクライアント/自社の経営に直結する仕事です。
なのでこの部分を重いと思う人はきつくなります。

ただ、責任ある仕事・経営に直結する仕事ができるのがWebマーケティングのやりがいでもあるので、そこを面白いと思える人が向いてます。

正解が分からない説

「Webマーケティングは正解が分からないからやめとけ」

いくら悩んでも正解が分からないことがあるのは本当。

Webマーケティングの仕事は、自分の作業が直接影響するものと、世の中の動き、業界の動き、企業の動き、一般の人の動き、検索エンジンの動き、Webマーケティングツールや技術的な変化など、多くの外部要因によって結果が動きます。

そして、究極、人の心はその人じゃなければ分からないし、人は心変わりもします。

常に状況は変わっているんです。

「いつも通りやったはずなのに上手くいかない」
「理由はよくわからないけど成功した」

なども、よくあること。
あまり深刻になり過ぎないことも秘訣です。
Webマーケティングの仕事はときに割り切りも必要です。

自分なりにベストを尽くして考え抜く姿勢、改善していく気持ちは忘れずに。

人とコミュニケーションが多くて大変説

「Webマーケティングは人とコミュニケーションが多くて大変だからやめとけ」

コミュニケーションが多いのは本当。

Webマーケティングは自分でやる地道な作業も多いですが、クライアント、自社社員、制作チーム、営業担当、外注先など、多くの関係者とプロジェクトを進める場面があります。

打合せ、スケジュール決め、予算決め、企画会議など、調整ごとや交渉ごとが結構あります。

実際、僕も結構な頻度でチャットを使っています。
テレビ会議でクライアントや業者打合せも多いです。