ブログで得たスキルでWebマーケティング職に転職するまでの話

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

僕は企業で働く現役のWebマーケター/Webディレクターですが、ブログを通して多くを学び、スキルを得て、現在本業にするまでになりました。

今回はそんな僕がブログで身につけたスキルでWebマーケティング職に転職するまでの話を紹介します。

ブログで得たスキルでWebマーケティング職に転職するまでの話

スポンサーリンク

ブログで得たスキルでWebマーケティング職に転職するまでの話

僕の簡単な経歴から、未経験から始めて入ったWeb業界(Webディレクター)、その後に未経験のWebマーケターに転職するまでを紹介します。

  • ①これまでの経歴
  • ②未経験からWebディレクターへ転職
  • ③未経験からWebマーケターへ転職

①これまでの経歴

僕のこれまでの経歴はこんな感じ。

  • 24歳 食品メーカー 事務
  • 27歳 化学メーカー 事務
  • 27歳 建材メーカー 事務
  • 28歳 人材会社 営業
  • 31歳 Web会社 Webディレクター
  • 33歳 人材会社 Webマーケター/Webディレクター

事務を3社、営業を1社経験後、2018年に始めてWeb業界に転職してWebディレクターを経験、その後2020年のコロナ禍にWebマーケターに転職して現在に至ります。

②未経験からWebディレクターへ転職

未経験からWebディレクターへ転職した当時は人材会社で法人営業の仕事をしていました。

在職中に、当時流行っていたスキルアップ・副業などに興味を持ち、Jimdoというホームページ作成ツールで就活情報サイトを立ち上げました。

当時のブログテーマや書く内容は自分の就活体験・転職経験から書いていました。

サイト立ち上げ経験ゼロ、SEOの知識もゼロ、ライティングもしたことない状態でのスタート。

だれのサイトをマネることもなく、マークアップも知らず、ディスクリプションも書いたことがないブログ。

「ブログは100記事」というのは聞いたことがあったので、全て自分の体験ベースで、ネタ出しは書店で探して、自分の経験から完全オリジナル記事を100記事くらい書きました。

GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールも登録して何となく眺めていました。

結果的にアドセンスで口座に振り込まれるくらいにはなりました。

このプチ成功体験からWeb業界に興味を持ち、転職を決意。

無料のWebマーケティングのセミナーに通ってスキルアップをしながら、転職エージェントや転職サイトも使いながら転職活動を行いました。

書類選考は数社に通って、面接ではブログ運営で学んだこと、できるようになった、PVや滞在時間などの実績などを中心に話をして盛り上がることもちらほら。

最終的にセミナー経由で知った会社に応募・内定してWebディレクターになりました。

③未経験からWebマーケターへ転職

Webディレクターとして2年務めた2020年、Webマーケターへ転職しました。

Webディレクターとして現場でコーポレートサイトやLPなどの制作プロジェクトを担当しながら、業務後や週末は会社の仲間とIT系ブログを立ち上げて運用していました。

このときにWordPressに出会い、SEOやデザイン、コーディングを独学して覚えました。

SEO1位はもちろん、WordPressのテーマの構築などWeb制作スキルも上がりました。

本業では希望を出してWebディレクターからWebディレクター兼Webデザイナー的なポジションに異動しました。
Web業界2年目はWebディレクション、Webデザイン、フロントエンドを業務で担当しました。

Web制作のイロハはだいたい分かったところで、

Webマーケティングを本格的に仕事にしたくて転職を決意。

転職の進め方は転職エージェント、転職サイト、知人の伝手などで求人確保。

いくつか進行しながらも、最後は知人の伝手の会社に入社し今に至ります。

スポンサーリンク

ブログで得たスキルで転職して変わったこと

ブログで得たスキルで転職して変わったことはこんな感じです。

  • 一人で企画から実行までできる
  • 年収120万円UP
  • 在宅勤務できる、休みも自由にとれる

一人で企画から実行までできる

これが正直一番の強みです。

今いるのは人材業界で、人手不足、求人獲得が非常に厳しい状況です。

予算をかけずに、どんな方法で、どうやって人を集めて、売上を作るのか、などをブログ立ち上げ・運用経験から考えることができます。

具体的には、ニーズ調査・競合調査などから世の中で必要とされているものや自社に必要なサービスや戦略を考え、Webページを作ったりブログコンテンツを発信するなどを実行しています。

コーポレートサイトのトップページの更新や、訴求力の高いLP作り、ブログ発信での認知度UP・集客UPなどに貢献しています。

年収120万円UP

未経験でWebディレクターに転職したときの年収は380万円くらいでした。

前職の営業職と年収はほとんど変わらずの転職でした。
31歳未経験で年収もほぼ一緒で転職できた僕はラッキーだと思っていました。

その後、Webマーケターに転職して年収500万円に。

結果的に120万円の年収UPになりました。

在宅勤務できる、休みも自由にとれる

Web系職種に転職して一番思うのは、在宅勤務も休みも自由度が高くできることです。

Web系はパソコンとネット環境さえあれば仕事ができる、というのは本当です。

自分でスケジュール、品質管理できる状態であれば問題なく在宅勤務・好きなときに休みが取れます。

スポンサーリンク

ブログで身につくスキル

ブログで身につくスキルは次の通りです。

  • ①Webサイト立ち上げ経験&運用経験
  • ②SEOのスキル
  • ③ライティングスキル
  • ④コーディングスキル
  • ⑤デザイン

①Webサイト立ち上げ経験&運用経験

自分でWebサイトを立ち上げ・運用する経験ができるのは非常に貴重です。

自分で事業部を一つ立ち上げるのに似た経験ができるからです。

テーマを決めて(事業戦略)、部門を立ち上げて(ブログ解説)、目標達成に向けて行動する(ブログ書く)をできるということです。

サーバーの契約、ドメインの取得、WordPressの設定、デザイン調整、記事のライティングとブログ運用することで多くのスキルも身につきます。

②SEOのスキル

ブログを運用する上で避けては通れないのがSEO。

キーワード選定の仕方、競合調査の仕方、SEOに強いサイト構造にする、SEOに強いライティングスキルなどが身につきます。

③ライティングスキル

SEOに強いライティング、人を動かすセールスライティングのスキルが身につきます。

PVを稼ぐため、アフィリエイトリンクをクリックしてもらうためなど、目的に応じてライティング方法が変わってきます。

勉強しながら、実践して数をこなして覚えましょう。

④コーディングスキル

Webデザイナーやフロントエンドエンジニアを目指している人向け。

HTML、CSSの基礎知識から始めて、最終的にはWordPressのカスタマイズ方法・テーマの構築方法を勉強すればコーディングスキルが身につきます。

HTMLとCSSの最低限の知識だけでも身につければ、デザインの簡単なカスタマイズやページスピード改善や使いやすいデザインなどSEOでも効果を上げることができます。

⑤デザイン

Webサイト全体のデザイン、アイキャッチ画像、文中の画像など、デザインを学ぶチャンスが山程あります。

Web業界に興味がある人はコレを機にWeb業界のマストツール:Photoshopを覚えるといいです。

スポンサーリンク

まとめ:ブログで得られるものは非常に多い!Web系転職したい人は絶対やるべし!

今回紹介したようにブログで得られるものは多いです。

サイト立ち上げ、SEO、ライティング、デザイン、コーディングなど、ブログを通して非常に多くのことを学べます。

僕自身、ブログで得たスキルでWebディレクター、Webマーケターと転職してきました。

ブログはやり方次第でWebデザイナー、フロントエンドエンジニアにもつながります。
(実際、Webディレクター2年目のときはWebデザイン+フロントエンドも担当していました)

ブログは可能性のかたまり。

迷ってるようなら、いますぐにはじめましょう!

こちらの記事も要チェックです!
»未経験からWebマーケターになる方法【33歳未経験で転職した僕の方法】