Webマーケティングが稼げる3つの理由

誰もが気になるWebマーケティングは稼げるのか?稼げないのか?問題。

結論、Webマーケティングは稼げる仕事です。

今回はWebマーケティングが稼げる理由を3つ解説します。

結論:Webマーケティングは稼げる

結論から言って、Webマーケティングは稼げます。

なぜなら、会社員Webマーケターは給料が高いのと、本業の延長として副業できること、比較的フリーランス・起業しやすい仕事だからです。

  1. 会社員Webマーケターは給料が高い
  2. 本業の延長として副業できる
  3. 比較的フリーランス・起業しやすい

特に、副業やフリーランスとして活動してる人はかなり稼いでいて、年収1000万を超えてる人も少なくないです。

それでは、順番にいきます。

Webマーケティングが稼げる3つの理由

1. 会社員Webマーケターは平均年収が高い

Webマーケティングが稼げる1つ目の理由は、会社員Webマーケターは年収が高いから。

Webマーケターの平均年収はdoda平均年収ランキング2021年版のデータで466万円。

これは、令和2年分民間給与実態統計調査の日本人の平均年収433万円と比べて33万円高いです。

「Webマーケターの平均年収466万円 > 平均年収433万円」

Webマーケターの年収事情についてさらに詳しくはこちらの記事に書きました。

Webマーケターの年収は低い?【結論:かなり高い】
Webマーケターの年収は低いのか?Webマーケティングの年収事情は実際のところどうなのか?を転職サイト、公開データから徹底調査しました。

2. 副業で稼ぎやすい

Webマーケティングが稼げる2つ目の理由は、副業で稼ぎやすいから。

なぜなら、Webマーケターの本業で身につけたスキルをそのまま副業に活かせるからです。

どんな副業があるかというと、ブログやWebサービス、YouTube、SNSを運営してそこからGoogleアドセンスやアフィリエイトで広告収入を得たり、有料noteなどでノウハウをまとめた自分の商品を作って売ったり、SEOコンサルティングやライティング、Web広告運用などの受託案件を受けるなどの方法があります。

  • 広告収入を得る(Googleアドセンスやアフィリエイトなど)
  • 自分の商品を売る(有料noteなど)
  • 受託案件を受ける(SEOコンサル、ライティング、Web広告運用など)

3. フリーランスや起業しやすい

Webマーケティングが稼げる3つ目の理由は、Webマーケターはフリーランスや起業しやすいから。

会社員Webマーケターとして2〜3年経験してから、フリーランスWebマーケターになったり、法人化するのはよくある話。
副業から始めて軌道に乗ってから独立するパターンも多いです。

稼ぎ方としては、副業と同じく、自身のブログ・Webサービス・YouTubeなどのメディア運用からの広告収入や、有料noteなどの自分の商品の販売、WebマーケティングのコンサルティングやWeb広告運用、ライティングなどの方法があります。

  • 広告収入を得る(Googleアドセンスやアフィリエイトなど)
  • 自分の商品を売る(有料noteなど)
  • 受託案件を受ける(SEOコンサル、ライティング、Web広告運用など)

Webマーケティングで稼ぎたいならまずは会社員Webマーケターになるのがおすすめ

Webマーケティングで稼ぎたい人には、まずは会社員Webマーケターになって経験を積むことをおすすめします。

知識ゼロの状態からいきなりフリーランスや起業するのは現実的ではないし、副業するにしても本業で実践しながら応用したほうが効率が良いからです。
会社員Webマーケターをしておけば、副業でなかなか稼げない、仕事が取れないといった場合のリスクヘッジにもなります。

なので、Webマーケティングで稼ぎたい人には、まずは会社員Webマーケターになるのがおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました