Webマーケティングに向いている人の特徴【20選】

スポンサーリンク
この記事は約9分で読めます。

Webマーケティングに向いている人の特徴【20選】

スポンサーリンク

結論:Webマーケティングに向いている人の特徴【20選】

結論から言うと、Webマーケティングに向いている人は以下の特徴を持つ人です。

  • 1、数字の分析に強い人
  • 2、論理的思考/ロジカル思考が得意な人
  • 3、人の行動や心理に興味がある人
  • 4、地道な作業ができる人
  • 5、スキルアップなど勉強が好きな人
  • 6、結果に責任を持てる人
  • 7、仕事好き/残業が気にならない人
  • 8、IT・Webサービスが好きな人
  • 9、パワポやエクセルなどパソコンが得意な人
  • 10、マルチタスクが得意な人
  • 11、コミュニケーションをとるのが好きな人
  • 12、変化を楽しめる人
  • 13、PDCAを回せる人
  • 14、主体的に自分で考えて行動できる人
  • 15、新しい情報や技術に興味がある人
  • 16、失敗を恐れない人
  • 17、Webやマーケティングへの好奇心が高い人
  • 18、目に見える成果で評価されたい人
  • 19、周りと連携しながら仕事をするのが得意な人
  • 20、思考を深堀りできる人
スポンサーリンク

1、数字の分析に強い人

数字の分析に強い人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は何をするにも数字がついて回るから。

PV数、ユーザー属性、コンバージョン率(CVR)、クリック率(CTR)、指標の推移など、数字を元に目標設定&効果測定を繰り返していきます。

なので、数字の分析に強い人はWebマーケティング適正があると言えます。

スポンサーリンク

2、論理的思考/ロジカル思考が得意な人

論理的思考/ロジカル思考が得意な人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事はデータをみながら現状分析&目標設定を繰り返していく仕事だから。

一つ一つのデータからユーザー行動や購買心理を読み解き、よりアクセス数を上げたり購入につながる施策を検討していきます。

なので論理的思考/ロジカル思考ができるひと、ちょっと理屈っぽい人はWebマーケティング適正ありです。

スポンサーリンク

3、人の行動や心理に興味がある人

人の行動や心理に興味がある人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は「人を動かす仕事」だから。

世の中の人が何に興味があり、「こういう時はどんな気持ちになるのか/行動をとるのか」を考える仕事です。

なのでWebマーケティングの仕事は人に興味がある人が向いています。

スポンサーリンク

4、地道な作業ができる人

地道な作業ができる人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事はデータの取得・整形・調査・ブレスト・資料作成など地道にこなす仕事だから。

アンケート調査、競合サイト調査、キーワード調査、次回企画のアイディア出し、データ分析、改善策の洗い出しなど、地味な作業が割と多めです。

なので、地道な作業が苦にならない人がWebマーケティングの仕事に向いています。

スポンサーリンク

5、スキルアップなど勉強が好きな人

スキルアップなど勉強が好きな人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は覚えることが山程あり、変化が早いため、自分でスキルアップや勉強する必要があるからです。

インプットはもちろん、自分でブログやSNS、YouTube、広告などを運営してみる/トライしてみるなど実践して学ぶ姿勢が大事。

なのでスキルアップ志向が高い人、勉強好きな人はWebマーケティングの仕事が向いています。

スポンサーリンク

6、結果に責任を持てる人

結果に責任を持てる人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は結果を求められる責任ある仕事だから。

アクセス数を5%増やす、売上を3%上げる、離脱率を5%下げるなど、Webマーケティングの仕事はゴールが明確です。

また、仕事が売上やブランディングなど会社の経営に直結するものが多いため責任感が必要。

なのでWebマーケティングの仕事には結果に責任を持って取り組める人が向いています。

スポンサーリンク

7、仕事好き/残業が気にならない人

仕事好き/残業が気にならない人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は仕事づくしで残業が多くなることがあるから。

コンペ前、プレゼン前、結果の分析、今後の対策会議、次回企画前など、仕事が過密化する場面が結構あります。

しかもどの仕事も重要度が高いので手が抜けません。

連日夜遅いなんてことも、もちろんあります。

なので仕事好きなひと/残業が苦にならない人がWebマーケティングの仕事に向いています。

スポンサーリンク

8、IT・Webサービスが好きな人

IT・Webサービスが好きな人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事はさまざまなITサービスやWebサービスを取り入れて行う仕事だから。

競合調査ツール、アクセス解析ツール、ヒートマップ、MA、キーワード調査ツール、メールマーケ、SNS、動画、広告などいろんなITサービス/Webツールなど数えたらきりがないくらいあります。

なので、IT・Webサービス好きな人にWebマーケティングの仕事の適正があります。

スポンサーリンク

9、パワポやエクセルなどパソコンが得意な人

パワポやエクセルなどパソコンが得意な人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は提案書作りやデータ集計・分析などパワポやエクセルを多用するから。

企画のプレゼンや、結果のレポーティング、各種指標の推移チェック、改善案の提示などで資料作成・データ集計/分析がマスト。

なのでパワポやエクセルが得意な人はWebマーケティングの仕事に活かせます。

スポンサーリンク

10、マルチタスクが得意な人

マルチタスクが得意な人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事はプロジェクトが何本も走り、マルチタスクが求められる仕事だから。

新規企画、導入した施策の効果測定、サイトのアクセス解析、SNSの運用状況、広告の効果測定、プロジェクトの進捗確認など、いくつものタスクをこなす必要があります。

なので、マルチタスクが得意な人にWebマーケティング適正があります。

スポンサーリンク

11、コミュニケーションをとるのが好きな人

コミュニケーションをとるのが好きな人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は関係者が多いから。

クライアント、営業・分析・Web運用・企画チームなどの社内、外注先など多くの人と仕事をする仕事です。

仕事をこなす上でコミュニケーションがマストなのがWebマーケター。

なのでコミュニケーションをとるのが好きな人がWebマーケティングの仕事に向いています。

スポンサーリンク

12、変化を楽しめる人

変化を楽しめる人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は常に変化していく仕事だから。

Web業界は非常に変化が早い業界。
Webマーケティングの仕事にはとくに影響度が大きいです。

SEO対策もWebサイト構築もSNSも広告も、種類も機能もどんどん新しくなっていっています。

なので、変化を楽しめる人がWebマーケティングの仕事に向いています。

スポンサーリンク

13、PDCAを回せる人

PDCAを回せる人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は企画・施策の導入・効果測定・改善を繰り返していく仕事だから。

施策の数だけPDCAを回し、改善していく必要があります。

なのでPDCAを回せる人はWebマーケティングの仕事に適正があります。

スポンサーリンク

14、主体的に自分で考えて行動できる人

主体的に自分で考えて行動できる人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は担当プロジェクトを自分で回す必要があるから。

企画にしても、改善にしても、新しい施策の導入にしても、自ら考えて実行していく力が求められます。

なので主体的に自分で考えて行動できる人はWebマーケティングの仕事が向いています。

スポンサーリンク

15、新しい情報や技術に興味がある人

新しい情報や技術に興味がある人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は新しい情報からヒントを得たり、進化する技術を活用して改善していく仕事だから。

トレンド、マーケティング情報、Web構築に関する技術、デザインの流行りなど、情報収集力がモノを言います。

なので新しいもの好き/技術好きな人はWebマーケティングの仕事に適正があります。

スポンサーリンク

16、失敗を恐れない人

失敗を恐れない人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は入念に計画を立てて施策を実行したとしても、必ず成功するとは限らないから。

景気、市場の変化、ユーザー志向の変化、季節、タイミング、時間、Googleアルゴリズムの変化など、さまざまな要素が複雑に絡んでいるから。

結果を完全に予測することは不可能。

なので、失敗を恐れず取り組める人はWebマーケティングの仕事に向いています。

スポンサーリンク

17、Webやマーケティングへの好奇心が高い人

Webやマーケティングへの好奇心が高い人はWebマーケティングの仕事に向いています。

もはや説明不要ですね(笑)

WebマーケティングはSEO、LPO、EFO、SNS、メール、広告などやり方がいろいろあります。

さまざまな手法を活用して、プロジェクトの目標を達成するのがWebマーケターの重要な任務。

なので、当然ですがWebマーケティングへの好奇心が高い人がWebマーケティングの仕事に向いています。

スポンサーリンク

18、目に見える成果で評価されたい人

目に見える成果で評価されたい人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は結果が数字で明確に分かるから。

PV、アクセス数、CV数、広告クリック率、CVRなど結果が数字で明確に判断できます。

目標に届かない場合でも次に向けて具体的に施策を検討できるので、白黒ハッキリつけながら仕事に取り組めます。

なので目に見える成果で評価されたい人はWebマーケティングの仕事が向いています。

スポンサーリンク

19、周りと連携しながら仕事をするのが得意な人

周りと連携しながら仕事をするのが得意な人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は各専門家と協力してプロジェクトを進める仕事だから。

分析チーム、企画チーム、アンケート調査チーム、Web制作チーム、外注先などさまざまな担当と協力して行う仕事です。

※部門を跨がずWebマーケティング部門内で完結することもあります

なので周りと連携しながら仕事をするのが得意な人はWebマーケティングの仕事に向いています。

スポンサーリンク

20、思考を深堀りできる人

思考を深堀りできる人はWebマーケティングの仕事に向いています。

なぜならWebマーケティングの仕事は企画を考えたり・分析したりと深く考える仕事だから。

「何で何で」と疑問を持ったり、「こうしよう」「ああしよう」と色々と思考を巡らせることがいい仕事につながります。

なので思考を深堀りできる人はWebマーケティングの仕事が向いています。

スポンサーリンク

逆に、Webマーケティングに向いていない人の特徴とは?

逆に、Webマーケティングに向いていない人はこんな特徴がある人です。

  • ①人に興味がない人
  • ②自分で考えて動けない人
  • ③結果に責任を持てない人
  • ④自己研鑽できない人
  • ⑤数字を扱うのが極端に苦手な人
  • ⑥変化を嫌う人
  • ⑦地道な作業が苦な人
  • ⑧ルーティンワークをしたい人
  • ⑨忙しいのが嫌な人
  • ⑩デスクワークが苦手な人

詳しくはこちらの記事にまとめています。

こんな人はWebマーケターはやめとけ【10選】

スポンサーリンク

まとめ

さいごに、この記事のまとめです。

  • 1、数字の分析に強い人
  • 2、論理的思考/ロジカル思考が得意な人
  • 3、人の行動や心理に興味がある人
  • 4、地道な作業ができる人
  • 5、スキルアップなど勉強が好きな人
  • 6、結果に責任を持てる人
  • 7、仕事好き/残業が気にならない人
  • 8、IT・Webサービスが好きな人
  • 9、パワポやエクセルなどパソコンが得意な人
  • 10、マルチタスクが得意な人
  • 11、コミュニケーションをとるのが好きな人
  • 12、変化を楽しめる人
  • 13、PDCAを回せる人
  • 14、主体的に自分で考えて行動できる人
  • 15、新しい情報や技術に興味がある人
  • 16、失敗を恐れない人
  • 17、Webやマーケティングへの好奇心が高い人
  • 18、目に見える成果で評価されたい人
  • 19、周りと連携しながら仕事をするのが得意な人
  • 20、思考を深堀りできる人

未経験からWebマーケターを目指している人はこちらの記事も合わせてご覧ください。

未経験からWebマーケターになる方法【33歳未経験で転職した僕の方法】