市場価値診断ならミイダス!

Webマーケティングとプログラミングはどっちがおすすめ?

Webマーケティングとプログラミングはどっちがおすすめ?

Webマーケティングとプログラミングはどっちがおすすめ?

結論からいうとWebマーケティングとプログラミングはそれぞれ担う役割が違うため、自分の興味ある方を選ぶといいです。

  • Webマーケティングは売ること
  • プログラミングは作ること

どちらも欠かせない重要な仕事であり、専門性が非常に高い点が共通しています。
業務領域の広さや技術トレンドの変化の早さも共通点です。

また、一般的にはWebマーケティング畑、プログラミング畑のどちらかでキャリアを作るのが一般的。

どちらも初めての方は、まずは「やってみたい!」と思う方を選ぶといいです。

Webマーケティングとプログラミングの違いから解説します。

Webマーケティングとプログラミングの違い

Webマーケティングとプログラミングの違いは次の通りです。

  • Webマーケティングは売る
  • プログラミングは作る

「作る」か「売るか」、結構大きな違いがあります。

共通点はどちらも専門性が非常に高く、業務領域が広いこと。
また、技術の進歩が早いことです。

Webマーケティングは売ること

Webマーケティングは売ることが重要ミッションです。

売上を上げるために集客方法を考えたり、会社や商品・サービスのブランディングをしたり、ファンやリピーターを作るなどの仕事があります。

SEO対策、インターネット広告、SNS運用、動画運用、メルマガ、ウェビナーなどWebマーケティングの手法はさまざま。
得意な分野を見つけて深堀していくことや、できる手段を増やしていく方法があります。

Webマーケティングの仕事は会社のイメージ作りをしたり、会社の売上に直結するなど重要な仕事です。

Webマーケティングについて詳しくはこちらの記事にまとめています。

【基礎知識】Webマーケティングとは?

プログラミングは作ること

プログラミングは作ることが重要なミッションです。

システム開発、サービス開発、アプリ開発などのシステム開発をします。

ECサイトやSNS、マッチングサービス、サブスクビジネス、HRソリューション、FinTechなど、今、Web系サービスの開発ニーズが高いです。

Web開発はWeb制作と混同されがちですが、Web制作はホームページやLPなどの静的ページ作る点で呼び分けるのが一般的です。

Web制作とWeb開発の違いについて詳しくはこちらの記事にまとめています。

Web制作とWeb開発の違い【どっちがオススメ?】

両方できる人はほとんどいない

ここまで紹介したとおりWebマーケティングとプログラミングはどちらも重要な役割を担っています。

それぞれ専門性が高く、高い技術力が必要だったり、さまざまな手法があったりと、その道のスペシャリストが多いです。

Webマーケティングとプログラミングは切り離せない仲にあります。

モノがなければ売れませんし、モノがあっても売る施策がないと売れないからです。
なのでどちらも不可欠です。

ただ、Webマーケティングもプログラミングもできる人は稀です。
一般的にはどちらかの領域に棲み分けてキャリアを作っていくことが多いです。

Webマーケティングとプログラミングはどっちが稼げる?

Webマーケティングとプログラミングのどちらが稼げるか?ですが、Webマーケティングの方が安定して稼ぎやすいと言えます。

※プログラミングは作るものによって平均年収が変わるからです。

doda平均年収ランキング2020から紹介します。

Webマーケティングの平均年収

Webマーケティングの平均年収は476万円です。

  • Webマーケティングの平均年収 476万円

プログラミングの平均年収

プログラミングの平均年収は大体420万円~470万円です。
(作るものによる)

  • システム開発/運用の平均年収 473万円
  • Webサービスエンジニアの平均年収 419万円
  • SE/プログラマの平均年収 417万円

Webマーケティングとプログラミングの学習難易度

Webマーケティングとプログラミングの学習難易度は、Webマーケティングの方が低い(取っつきやすい)と思います。

なぜなら事前の専門知識がなくてもWebマーケティングの概念は理解できますし、Webサイトやブログ、SNS、動画などBtoC向けのサービスを使ったマーケティング施策が大半のため比較的イメージしやすく自分で試しやすいからです。

一方、プログラミングはエンジニア的思考やプログラミングの技術力が求められるので難易度が高いです。

学習するにしても、Webマーケティングは独学でも比較的習得しやすいですが、プログラミングは挫折しがち。
プログラミングスクールが多いのもこのためです。

仕事として始めやすいのもWebマーケティングに軍配が上がります。
プログラミングを仕事にするにはプログラミング知識に加えて成果物の納品が求められますが、Webマーケティングは基礎知識があれば業務に入れるからです。

まとめ:興味があるほうから学べばいい

Webマーケティングとプログラミングについて、特徴・年収・学習難易度で紹介しました。

色々書きましたが、性格的な向き・不向き、学習環境、職場環境などで変わってきます。

ケースバイケースになるということです。

なので、これからキャリアを考えている方はまずは「興味のある分野」から勉強してみることをオススメします。

Webマーケターになる方法はこちらの記事に詳しく書いています。
»未経験からWebマーケターになる方法【33歳未経験で転職した僕の方法】