Webマーケティング転職の履歴書テンプレートと書き方のコツ5つ

この記事では、Webマーケティング転職の書類選考を突破するための履歴書の書き方のコツを紹介します。

5回転職した僕のノウハウも解説しますので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

また、履歴書テンプレート(Googleスプレッドシート版)も用意しましたので、自由にダウンロードしてお使いください。

この記事を読めばベストな履歴書が作れるはず。
書類選考を突破するために、気合を入れて取り組みましょう!

履歴書テンプレートのダウンロード

履歴書テンプレート A4サイズ(見開きA3サイズ)をGoogleスプレッドシート版で用意しました。

以下のリンク先で「ファイル→コピーを作成」からダウンロードしてお使いください。

履歴書テンプレート A4サイズ(見開きA3サイズ)

Webマーケティング転職の履歴書の書き方のコツ5つ

Webマーケティングの履歴書の書き方のコツは5つあります。

  1. 証明写真は好感度を意識する
  2. 学歴・職務経歴はブランク期間を埋める
  3. 資格は業務に生かせるもの、定番のものを書く
  4. 志望動機は応募企業にだけ使えるものにする
  5. 自己PRは実務スキルを書く(書く場合)

順番に説明します。

1. 証明写真は好感度を意識する

履歴書で1番最初に目に入る、かつ、あなたの印象が伝わるのが証明写真です。

とにかく好感度を意識して写真を撮ってください。

好感度を上げるためのコツとして次のことができます。

  • 髪型を整える:清潔感を出す
  • おでこを出す:表情を明るくする
  • 広角を上げる:印象を上げる
  • 明るい色の服装:清潔感や明るい印象を出す

2. 学歴・職務経歴はブランク期間を埋める

履歴書の学歴・職歴欄は経歴のブランクがないように書くのがポイントです。

たとえ1か月でも、期間が空いていると面接官は気になるものです。

ブランク期間は就職活動中、〇〇の勉強のため、その他やむを得ない理由など、補足して埋めるようにしましょう。

3. 資格は業務に生かせるもの、定番のものを書く

履歴書の資格欄は実務に活かせるもの、定番のものを書きましょう。

勉強中の資格があればその旨書いてアピールできます。
資格を多く持っている人は、実務に活かせるか?で判断して、絞って書きましょう。
関係のない資格を羅列すると人物像がブレます。

  • 普通自動車免許(定番)
  • MOS(定番)
  • GAIQ(実務に活かせる)
  • Google広告認定資格(実務に活かせる)
  • 宅建(住宅業界のWebマーケター狙いなら実務に活かせる)
  • 美容師免許(美容業界のWebマーケター狙いなら実務に活かせる)
  • ウェブ解析士資格を●年●月取得に向けて勉強中(実務に活かせる勉強中の資格)

とはいえ、Webマーケティングは成果主義の世界なので、資格のある・なしで就職・転職活動が有利になることはほとんどありません。
なので、履歴書に書ける資格がなくても気にしなくて良いです。

Webマーケティングに資格は必要?【結論:資格はいらない】
Webマーケティングに資格はいらない理由と資格よりも大事なことについて、現役Webマーケターの僕が紹介します。

4. 志望動機は応募企業にだけ使えるものにする

志望動機はオリジナルさが大事。
オリジナルさとは、他の企業に使い回しができないこと、です。

次の3ステップで書けば簡単にオリジナルの志望動機が作れます。

  1. Webマーケティング職を選んだきっかけ
  2. 応募企業であるべき理由
  3. 自己PRでどう貢献できるかを示す

詳しくはこちらの記事で解説しています。

未経験からWebマーケティング転職する時の志望動機!例文あり
未経験からWebマーケティング転職する時の志望動機の書き方・伝え方を解説します。例文あり。

5. 自己PRは実務スキルを書く(書く場合)

自己PRを書く場合、Webマーケティングの実務に活かせるスキルを書きましょう。

Webマーケティング業務への性格適性があることや、前職の経験を書くのは普通。
企業が知りたいのは「Webマーケターとして活躍してくれそうか」。
Webマーケティング実務スキルも併せて書くことです。

個人レベルのWebマーケティング経験&成果を書いて、「自分に何ができるのか」「どうやって貢献できるのか」を熱く伝えたほうが効果的です。

未経験からWebマーケティング転職する時の自己PR!例文あり
未経験からWebマーケティング転職する時の自己PR方法を解説します。例文も用意したので参考にしてください。

履歴書をデータ提出時のファイル名はどうする?

メールや転職サイトなどから、履歴書をデータ提出する時のファイル名の付け方については、分かりやすく「日付+指名」で付けると良いです。

  • 「221013_履歴書_氏名.pdf」

まとめ:Webマーケティング転職の履歴書の書き方

最後に、この記事のまとめです。

  1. 証明写真は好感度を意識する
  2. 学歴・職務経歴はブランク期間を埋める
  3. 資格は業務に活かせるもの、定番のものを書く
  4. 志望動機は応募企業にだけ使えるものにする
  5. 自己PRは実務スキルを書く(書く場合)

また、自分で作った履歴書は、相手目線で客観的に見ることが大事です。
記入方法が間違っていないか、誤字脱字がないか、相手が見て会いたいと思えるか、が書類選考を突破するポイントになります。

履歴書の提出前には、転職経験のある友人や、転職のプロである転職エージェントなどに一度見てもらうと書類通過率が上がります。

僕のおすすめ転職エージェントについては以下の記事に書きましたので、併せてご覧ください。

未経験者必見!Webマーケティングに強いおすすめ転職サイトと転職エージェント
Webマーケティング転職におすすめの転職サイトと転職エージェントを一覧化しました。経験者向け/未経験者向けも明記。実際に使ってみた感想・レビューあり。

Webマーケティング転職の職務経歴書の書き方のポイントについては以下の記事にまとめています。

Webマーケティング転職の職務経歴書テンプレートと書き方のコツ7つ
Webマーケティング転職の書類選考を突破するための職務経歴書の書き方のコツを紹介します。職務経歴書テンプレートもダウンロードできます。
タイトルとURLをコピーしました