市場価値診断ならミイダス!

Webマーケティングの将来性、需要が明るい理由

Webマーケティングの将来性、需要が明るい理由

Webマーケティングの将来性、需要が明るい理由

結論からいってWebマーケティングの将来性、需要は明るいです。

  • ①Webマーケティング業界の需要は年々高まっている
  • ②インターネット広告費は右肩上がり

①Webマーケティング業界の需要は年々高まっている

生活にWebが欠かせない技術になりました。

店頭で商品を選ぶことからオンラインでのショッピングへの変化、対面からWebサービスでの取引への変化。

コロナ禍、在宅勤務/テレワークの浸透、巣ごもり需要により一層この流れは加速しています。

②インターネット広告費は右肩上がり

インターネットの成長に伴いインターネット広告費は2000年頃から急速に拡大してきました。

参考:2018年のインターネット広告媒体費は1兆4480億円に。モバイル+動画広告の伸びに注目

2020年のコロナ禍でも広告費が増えていて、とくに動画広告が伸びています。

参考:「2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」

AIや機械学習でWebマーケティングの仕事が自動化される?

AIや機械学習でWebマーケティングの仕事が自動化されるのか?

WebマーケティングもAI・機械学習の影響を受けます。

広告の自動入札、AIによるバナーデザイン作成、チャットボット、MAツール、ビックデータの分析など、Webマーケティングの世界でもAIや機械学習による自動化/半自動化は必至です。

需要あるWebマーケターであり続けるために必要なこと

  • ①需要あるスキルを磨き続ける
  • ②複数分野を極めることで適応力を高める

①需要あるスキルを磨き続ける

需要あるスキルを磨き続けるのが大事。

近年の動画広告の伸びや、新しいSNSプラットフォームへの広告配信、そして未だ見ぬニュータイプのWebマーケティング施策の登場。

需要のあるスキルを磨き続けることが重要になるのは間違いないです。

②複数分野を極めることで適応力を高める

Webマーケティングの手法は多種多様。

WebマーケティングはSEO、インターネット広告、SNS運用、メルマガ、ウェビナーなど手法が多く、それぞれ専門性が高いです。

自分の得意な分野を伸ばしつつ、複数分野を極めていくことで対応力がつきます。
また、目的や予算に合わせて提案の幅が広くなるので適応力が高まります。

まとめ:Webマーケティングは適応力が大事

Webマーケティングの将来性について紹介しました。

今後、全く新しいWebマーケティング手法が間違いなく登場することでしょう。

それにともないWebマーケティングのあり方も変わっていくはず。

大事なのが適応力。

時代に合わせて変化に対応できるようにしていきましょう。

Webマーケターを目指している方はこちらの記事も要チェックです!
»未経験からWebマーケターになる方法【33歳未経験で転職した僕の方法】