市場価値診断ならミイダス!

Webマーケティングが大変な理由10選

Webマーケティングが大変と言われる理由を10個厳選しました。

これからWebマーケティングを目指している人は、Webマーケティングの大変な面をあらかじめ知っておくことで「こんなはずじゃなかった」を防げるはずです。

Webマーケティングが大変な理由10選

Webマーケティングが大変な理由10選

  • ①結果が全て【数字で明確に評価される】
  • ②正解がない【きりがない】
  • ③結果が出るまで時間がかかる【なかなか思うような結果がでない時がある】
  • ④業務量が多い【残業が多い】
  • ⑤覚える事が多い、トレンドや技術の変化が早い【常に勉強する必要あり】
  • ⑥根拠が分からないことがある【説明、理由付けするのが難しい】
  • ⑦クライアントの期待値が高い【説明&理解してもらうの繰り返し】
  • ⑧データ収集、まとめなど地味な作業が多い【根気がいる】
  • ⑨予算によりできることが限られる【提案力が大事】
  • ⑩クライアントのITリテラシーが低い【とことんかみ砕く必要あり】

①結果が全て【数字で明確に評価される】

Webマーケティングが大変な1つ目の理由は、結果が全てだからです。

Webマーケティングの仕事は良くも悪くも全て数字で分かります。

数字で明確に評価される仕事と言ってもいいです。

そのため、成果が出ていれば良いですが成果が出ていない場合にしんどい・辛いと感じます。

②正解がない【きりがない】

Webマーケティングが大変な2つ目の理由は、正解がないことです。

Webマーケティングは業界や会社の規模、Webマーケティング施策の選択、重点度などさまざま。

正解がないです。

なので、成果を上げるために様々な施策や効果測定を行う試行錯誤の日々を過ごすことになります。

「きりがない」ことに大変さを感じることがあります。

③結果が出るまで時間がかかる【なかなか思うような結果がでない時がある】

Webマーケティングが大変な3つ目の理由は、結果が出るまで時間がかかるからです。

施策を打ったからといってすぐに結果が出るとは限りません。

とくにSEO対策なんかは3ヶ月から半年後にどうなるか?の世界。

なかなか思うような結果がでないことに大変さを感じることが多いです。

④業務量が多い【残業が多い】

Webマーケティングが大変な4つ目の理由は、業務量が多いからです。

Webマーケティングは手法もWebサイト、広告、SNS、動画、メール、ウェビナーなど多種多様であり、それぞれの専門性が非常に高い領域です。

そのためタスクが多く業務量が多くなりがち。

残業が多く、休日出勤する人も聞きます。

会社によっては業務量が多く体力的・精神的に大変と感じます。

(僕は深夜残業、休日出勤の経験はないです)

⑤覚える事が多い、トレンドや技術の変化が早い【常に勉強する必要あり】

Webマーケティングが大変な5つ目の理由は、覚えることが多くトレンドや技術の変化が速いからです。

Webマーケティング界隈はSEO、SNS、広告のルール、新しい技術など目まぐるしく移り変わっていく業界。

常に勉強&スキルアップする必要があるため、勉強が苦手だったり億劫に感じる人は辛いと思います。

⑥根拠が分からないことがある【説明、理由付けするのが難しい】

Webマーケティングが大変な6つ目の理由は、根拠が分からないことがあることです。

Webマーケティングは結果が数字で明確に分かりますが、根拠が分からないことがあります。

ユーザー動向、業界動向、季節、時間、Googleアップデート、広告ルールの変化、その他の要因など、さまざまな要素が絡んでいるためです。

特に成果が悪いときは理由説明や理由付けするのに頭を抱えることもしばしば。

クライアントがオコなときはヤバい、、汗

⑦クライアントの期待値が高い【説明&理解してもらうの繰り返し】

Webマーケティングが大変な7つ目の理由は、クライアントの期待値が高いことです。

(クライアント)「お金かけてサイトリニューアルしたんだから売れるでしょ」

(Webマーケ担当)「それだけでは売れないです」

これは一例ですが、こうした因果関係や見込める効果を理解してもらうのが実に難しい。

「Webマーケティングすれば問題を全部解決できる」なんて思ってるキケンなクライアントもいるので「できること」「できないこと」の線引きから始めることもしばしば。

説明&理解してもらうことの繰り返しになります。
このギャップを埋めるのが大変。

⑧データ収集、まとめなど地味な作業が多い【根気がいる】

Webマーケティングが大変な8つ目の理由は、データ収集やまとめなど地味な作業が多いことです。

Webマーケティングは事前の市場調査やキーワード調査、施策実施後の効果測定など、事あるごとにデータ集計・分析が発生します。

データの取得、データ入力、データの整理、グラフ化、考察をつけるなど地味な作業も多いです。

Webマーケティングは根気がいる点で大変です。

⑨予算によりできることが限られる【提案力が大事】

Webマーケティングが大変な9つ目の理由は、予算によってできることが限られていることです。

「売上を上げたいけど、予算はこれしかない」

このパターンが実に多い(笑)

予算内で何をすれば最大のパフォーマンスを出せるのか、お金を書けないかわりに労力をかけてもらえるのかなど、クライアントと歩み寄りの姿勢が大事。

僕の場合はコスパ面を重視して、アクセス数の多いトップページなどの重要ページの改良や、売上に直結するLPの作成、コンテンツマーケティングを提案することが多いです。

⑩クライアントのITリテラシーが低い【とことんかみ砕く必要あり】

Webマーケティングが大変な10個目の理由は、クライアントのITリテラシーが低いことです。

クライアントが企画部門の人やWebマーケの基礎が分かった人なら良いですが、そうはいかないのが現実。

Webマーケティングとは?から始めるような素人の方が大半。

なので、専門用語はとことんかみ砕いて説明して理解してもらうのが大変。

施策についてわかるまで説明してあげるだけでも結構な時間がかかります、、。

まとめ:Webマーケティングは大変だからこそ市場価値が高い

Webマーケティングが大変な理由10選、いかがでしたか?

「Webマーケティングやめておこう」

そう思った人もいるかもしれません。

ただ、Webマーケティングの仕事は大変だからこそやりがいがあります。
Webマーケターは市場価値が高く、高年収でもあります。

また、Webマーケティングの大変さは会社やプロジェクトによって大きく異なります。

Webマーケティング会社の選び方のポイントはWeb制作と似ていて、より上位の会社で仕事をすること(元請けに近い立場で仕事をすること)、そして、Webマーケティング会社よりも事業会社を選ぶこと(発注する立場になること)が秘訣です。

僕は現在、事業会社でWebマーケター/Webディレクターとして働いていますが「しんどい」「辛い」などと思ったことはないです。
自分のペースで、業務量をコントロールできる立場で仕事ができているからだと思います。

なのでWebマーケティングはどこで、何をするかが大事。

一概に大変とは言えないことを覚えておいてください。

Webマーケターを目指している方はこちらの記事も要チェックです!
»未経験からWebマーケターになる方法【33歳未経験で転職した僕の方法】