【簡単】Webマーケティングとは?

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

Webマーケティングとは何か?基礎知識をまとめてみました。

【基礎知識】Webマーケティングとは?

スポンサーリンク

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、Webを使って商品やサービスを売れるようにする手法ことです。

オフラインのマーケティングには紙媒体(新聞、チラシ、雑誌など)、テレビCM、ラジオCM、街中の広告看板、宣伝カー、展示会を使ったマーケティングなどがあります。

WebマーケティングはWebサイト(ブログ)、バナー広告、SNS、YouTube、メールなどのツールを活用します。

Webマーケティングの特徴として、見られた回数やクリック数、成約数などが数字で分かる特徴があります。

スポンサーリンク

Webマーケティングの重要性

今、Webマーケティングの重要性がとても高いです。

人々の生活様式のWeb化にともないWebマーケティングの重要性が高まっています。

  • テレビ見ない(YouTubeで動画を見る)
  • 新聞読まない(ニュースサイト・アプリで見る)
  • ラジオ聞かない(情報収集はSNS)
  • 家から出ない(通販・宅配で済ます) など

こういう人、周りにめちゃくちゃ増えましたよね。

従来のマーケティング方法だと買ってもらいたいユーザーに届きません。

なのでWebマーケティングが重要です。

スポンサーリンク

Webマーケティングの目的

Webマーケティングの目的には大きく3つの施策があります。

  • 1、集客・認知度UP施策
  • 2、行動させるための施策
  • 3、関係構築(ファン・リピート客を作る)

これらの目的を達成するために各種のマーケティング施策を行います。

スポンサーリンク

Webマーケティングの手法1:集客・認知度UP施策

集客・認知度UP施策のためのWebマーケティング手法を説明します。

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • コンテンツマーケティング
  • インターネット広告
  • SNS広告
  • 動画広告
  • オンラインセミナー(ウェビナー)

SEO(検索エンジン最適化)

SEOはGoogleなどの検索エンジンで検索したユーザーを集客する施策です。

検索結果の上位表示を目指す方法です。

キーワード選定、Webサイト内のSEO対策、SEOに強いライティングなどを行います。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングはユーザーが面白い・役に立ったと思うような「価値ある情報を提供する」コンテンツを発信する施策です。

ブログ、SNS、動画、マンガ、ウェビナーなどコンテンツ作りにはさまざまな手段があります。

インターネット広告

インターネット広告は検索エンジンの検索結果画面やWebサイトなどに表示する広告のことです。

検索エンジンでの検索キーワードに合わせて出稿するリスティング広告、購入・予約などの予め定めたコンバージョンを達成した場合に費用が発生するアフィリエイト広告、Webサイトのバナー広告枠に対して広告を出すディスプレイ広告、一度Webサイトを訪問したユーザーに対して広告を出すリターゲティング広告など、種類が豊富です。

SNS広告

SNS広告はSNSに出す広告です。

Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSに対して、ユーザー層や商材の向き不向きなどを見極めて広告を出します。

動画広告

動画広告はYouTubeなどの動画メディアに出す広告です。

YouTube動画の再生前とか再生途中で流れるあの広告です。

テレビCM並みのクオリティの広告が増えましたね。

オンラインセミナー(ウェビナー)

オンラインセミナー(ウェビナー)を開催して見込み客を集める方法です。

コロナ禍、リモートワークの流れもあり近年急激に増えている手法です。

WebサービスやWebマーケティング・コンサルティングなどソリューションやノウハウを持っている会社は強いですね。

スポンサーリンク

Webマーケティングの手法2:行動させるための施策

行動させるための施策に使うWebマーケティング手法を説明します。

  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(入力フォーム最適化)
  • UI/UX改善
  • チャットボット(Web接客)

LPO(ランディングページ最適化)

LPOはランディングページを最適化することです。

ファーストビューでのユーザー離脱率が70%と言われる中でいかにスクロールして読み進めてもらうのかや、欲しいと思ってもらうセールスライティングやデザイン、問い合わせをスムーズにできる導線設計などを行います。

EFO(入力フォーム最適化)

EFOは入力フォームを最適化することです。

お問合せフォームやECカート機能、購入ページなどでの離脱率を改善します。

フォームはコンバージョンに直結する重要箇所です。

離脱率が高い場合は入力項目の見直しや簡素化するなどの改善をします。

UI/UX改善

UI/UX改善はユーザーの操作画面やユーザーのWeb体験を改善することです。

具体的には使いやすいWebデザインに改善したり、導線や問い合わせ・購入までのユーザー体験を分析・改善することです。

使いやすいデザイン、ユーザーが欲しい情報の提供、ストレス無く問い合わせできる導線作りなどを行います。

チャットボット(Web接客)

チャットボットはWebサイトのチャット機能で問い合わせ・疑問の解決ができる機能です。

テキストで質問したり、用意された選択肢の中から選ぶことでユーザーの悩みを解決します。
オペレーターとやりとりするものもあります。

最近良く見かけますね。

スポンサーリンク

Webマーケティング手法3:関係構築のための施策

関係構築のための施策に使うWebマーケティング手法を説明します。

  • メディア運用
  • SNS運用
  • メルマガ

メディア運用

主にブログメディアの更新を指します。

継続更新することで情報収集に役立つサイト、見ていて面白いサイトなどを目指します。

コンテンツマーケティングの一つです。

SNS運用

SNSでの発信、ユーザーとの交流をします。

「中の人」です。

商品・サービス紹介、利用者の声、感想へのリプライ、問合せ対応など、SNSを運用します。

メルマガ

定期的にメールマガジンを発行する方法です。

新商品やサービスの紹介、コンテンツの更新情報、セミナーの案内など、ユーザーを育成・行動してもらう(買ってもらう)ことで良好な関係作りをします。

スポンサーリンク

Webマーケティングの効果測定

Webマーケティングの効果測定する代表的な方法を説明します。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは鉄板のアクセス解析ツールです。

略してGA(ジーエー)とも呼ばれます。

PV、UU、滞在時間、離脱率、新規とリピートの割合、デバイス、アクセスの多い曜日・時間帯など、欲しい情報はたいてい手に入ります。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールはキーワードの検索順位がわかるツールです。

検索クエリ、ページの掲載順位、クリック率などが分かります。

SEO対策で頻繁に利用します。

スポンサーリンク

まとめ:目的や予算に合ったWebマーケティングを実行しよう

今回はWebマーケティングの基礎知識を紹介しました。

種類の多さに驚いた人もいるのでは?

Webマーケティングはクライアント/自社の目的や予算に応じて実行するものです。

予算によって広告運用に力を入れる、SEO対策に力を入れる、コンテンツ制作に力を入れるなどの戦略が変わってきます。

これからWebマーケティングの勉強をしようと思っている人はSEO対策・コンテンツマーケティングから始めるのがオススメです。

なぜならSEO対策・コンテンツマーケティングは自分でできる無料のWebマーケティング施策だからです。

キーワード選定やSEOライティングあたりを勉強しながらブログ運用すると良いと思います。

今回は以上です。

Webマーケターを目指している方はこちらの記事も要チェックです!
»未経験からWebマーケターになる方法【33歳未経験で転職した僕の方法】