未経験からWebディレクター等、Web系職種に転職する時の志望動機の作り方

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、エラマサキです。

この記事では、未経験からWebディレクター、Webデザイナー、Webマーケター、フロントエンドエンジニア…などのWeb系の職種に転職する時の「志望動機の作り方」を解説します。

履歴書や面接で必ず聞かれる志望動機。

未経験だと「どう伝えたらいいか分からない」ですよね。

でも安心してください。

作り方のコツさえわかれば簡単です。

最短で効果的な志望動機を作る手順を紹介します。

「未経験からWebディレクターへの転職」を例に説明していきますが、Webデザイナー、Webマーケター、フロントエンドエンジニアなどの他のWeb職種でも作り方は同じです。

それでは見ていきましょう!

未経験からWebディレクター等、Web系職種に転職する時の志望動機の作り方

スポンサーリンク

志望動機のポイント

志望動機の作り方のポイントは、「なぜその職種なのか?」「なぜその企業なのか?」「貢献できる根拠はあるか?」を示すことです。

志望動機のポイント

(1)なぜその職種なのか?を示す
(2)なぜその企業なのか?を示す
(3)貢献できる根拠はあるか?を示す

具体的に、次の3ステップで解説していきます。

スポンサーリンク

ステップ1:なぜその職種なのか?を示す

未経験の応募では、導入として「なぜその職種を選んだのか」から伝えることでスムーズに志望動機を伝えることができます。

ポイントは、業務や趣味などの実体験から書くことです。

僕の例だとこんな感じです。

趣味で始めたブログの運用を通して、Webサイトを作り上げていくWebディレクターの仕事に興味を持ちました。

実体験で書くことでリアル感が出ますし、実際に自己学習している前向きな姿勢のアピールにもなります。

スポンサーリンク

ステップ2:なぜその企業なのか?を示す

続いて、「なぜその企業なのか?」を伝えます。

一見難しそうに思えますが、キーワードを入れることで簡単に示すことができます。

そのキーワードとは、「企業理念」「企業からのメッセージ」「事業内容」「サービス」などのその企業に関するものです。

ポイントは、仕事やキャリア・社風に関することを選んで、該当部分をそのまま引用することです。
(※待遇や福利厚生など条件は書かない)

上記のキーワードを1つ〜2つ引用すると良いです。

例えばこんな感じになります。
(僕のほうで作りました)

貴社の「Webとリアルを活用したお客様第一主義」という企業理念と、「社内起業制度」に大変魅力を感じ応募させていただきました。
スポンサーリンク

ステップ3:貢献できる根拠はあるか?を示す

応募企業に貢献できることを伝えるには、「自身の適正」「前職の経験」の2つの面から伝えると効果的です。

自身の適性

自分の適正を見つけるにはグッドポイント診断を使います。

グッドポイント診断では全部で18種類ある強みの中から最も指標が強い5つの強みが分かります。

グッドポイント診断_18種類の強み

僕が実際に受けたグッドポイント診断の結果が以下です。

グッドポイント診断_診断結果

大きい画像で見る

グッドポイント診断
※5つの強みとその理由が詳しく分かるので自己PRにめっちゃ使えます!

上記の5つの強みの中から、最もアピールできるものを1つ選びます

今回は「自立」を選んでみます。

※補足
診断結果がしっくりこない場合、アピールしずらい場合は、上記の18種類の中からこれだ!というものをチョイスしましょう。

前職の経験

応募職種に活かせる前職の経験を一つ書きましょう。

僕の例だと、前職の法人営業経験から、Webディレクターに活かせる能力「スケジュール管理力」をアピールします。

職種ごとにアピールできる適正はざっとこんな感じです。

Webプロデューサー(プロジェクトマネージャー)
・ヒアリング力
・交渉力
・スケジュール管理力
・マネジメント力

Webプランナー
・ヒアリング力
・企画力
・提案力
・分析力

Webディレクター
・スケジュール管理力
・提案力
・ヒアリング力
・スピード

Webデザイナー
・ヒアリング力
・独創性
・提案力
・緻密さ

フロントエンドエンジニア(コーダー)・バックエンドエンジニア
・正確性
・慎重性
・分析力
・構想力

Webマーケター
・分析力
・企画力
・提案力

※もちろん上記以外でもアピールできます。応募職種に活かせないか?考えてみてください。

二つをまとめるとこんな言い方になります。

私の強みである「自立性」と、前職で培った「スケジュール管理力」で貴社に貢献いたします。
スポンサーリンク

志望動機の完成

ここまでに集めたパーツは以下になります。

(1)なぜその職種なのか?
「趣味で始めたブログを通して、ユーザーに読まれる記事の書き方を追求していく内に、Webマーケティングの仕事に興味を持ちました。」

(2)なぜその企業なのか?
「貴社の「Webとリアルを活用したお客様第一主義」という企業理念と、「社内起業制度」に大変魅力を感じ応募させていただきました。」

(3)貢献できる根拠はあるか?
「私の強みである「自立性」と、前職で培った「スケジュール管理力」で貴社に貢献いたします。」

さいごに、(1)→(2)→(3)の順に伝えれば完成です😆

志望動機の完成!

趣味で始めたブログを通して、ユーザーに読まれる記事の書き方を追求していく内に、Webマーケティングの仕事に興味を持ちました。

貴社の「Webとリアルを活用したお客様第一主義」という企業理念と、「社内起業制度」に大変魅力を感じ応募させていただきました。

私の強みである「自立性」と、前職で培った「スケジュール管理力」で貴社に貢献いたします。

※履歴書の場合はスペースに合わせて、8割り程度は埋めましょう。文字数は200文字〜300文字程度で、文字数が足りない場合(見た目的にスカスカしている)場合など、具体例を肉付けするなど調整してください。

スポンサーリンク

まとめ

Web転職の志望動機の書き方はいかがでしたか?

志望動機のポイント

(1)なぜその職種なのか?を示す
(2)なぜその企業なのか?を示す
(3)貢献できる根拠はあるか?を示す

今回紹介したこの手順で書けば、最短で最適な志望動機が書けますのでぜひ試してみてください。

未経験からWeb業界へ転職したい人はこちらの記事をぜひご覧ください。

未経験からWeb業界への転職を目指しているあなたに伝えたいこと