市場価値診断ならミイダス!

当サイトで使用しているWordPressプラグイン一覧を公開

当サイトで使っているWordPressプラグインは全部で8つです。

僕が使用しているプラグインを理由とともに紹介します。

当サイトで使用しているWordPressプラグイン一覧

当サイトで使っているWordPressプラグインは次の8つです。

  • BackWPup(バックアップ)
  • EWWW Image Optimizer(画像容量の自動圧縮)
  • Google XML Sitemaps(XMLサイトマップ作成)
  • Revive Old Posts(過去記事を自動ツイート)
  • SiteGuard WP Plugin(ログイン画面のセキュリティ対策)
  • WP Githuber MD(Markdown入力)
  • WP Multibyte Patch(日本語マルチバイトバグ対策)
  • Yes/No Chart(イエス・ノーチャート作成)

『転職ブログ』で使っているWordPressプラグイン一覧

BackWPup

BackWPupはワードプレスのデータを自動バックアップしてくれるプラグインです。

もしもの時に備えてバックアップを取っています。

BackWPup

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは画像容量を自動で圧縮してくれるプラグインです。

サイトの表示速度に影響する画像サイズを圧縮するために使用しています。

画像を1枚1枚個別に容量を圧縮してアップロードしても良いですが、EWWW Image Optimizerを使うことで作業を効率化できるので使用しています。

EWWW Image Optimizer

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは検索エンジン向けのサイトマップ:XMLサイトマップを自動作成できるプラグインです。

僕の使っているテーマ「Cocoon」はページごとのタイトル/メタディスクリプション設定機能がついているので、XMLサイトマップ作成に特化したGoogle XML Sitemapsを使用しています。

Google XML Sitemaps

Revive Old Posts

Revive Old Postsは過去記事を自動的にツイートしてくれるプラグインです。

Twitterからのアクセス数を少しでも増やすために使用しています。

Revive Old Posts

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginはログイン画面のセキュリティ対策ができるプラグインです。

SiteGuard WP PluginログインURLを変更したり、ログイン時にひらがな入力による認証機能を追加、ログインに連続失敗時にロックする機能などがあります。

WordPressの管理画面へのログインURLは「ドメイン/login/」と共通のため、簡単に攻撃対象になってしまいます。
なので、ログイン画面のURL変更やログイン認証強化などセキュリティ対策をすることが重要です。

SiteGuard WP Plugin

WP Githuber MD

WP Githuber MDはMarkdownで投稿できるようになるプラグインです。

HTMLのタグ打ちよりもマークダウン入力のほうが圧倒的に省力化でき早いため、投稿効率化のために使用しています。

WP Githuber MD

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchは日本語マルチバイトのバグ対策をしてくれるプラグインです。

WordPressの大元は英語で作られているため、日本語版のWordPressでは画像ファイルアップロード時などでバグが発生する可能性があります。

日本語版WordPressを使用する場合は必須のプラグインと言ってもいいでしょう。

WP Multibyte Patch

Yes/No Chart

Yes/No Chartはイエス・ノーチャートが簡単に作れるプラグインです。

こちらのSEO診断で使用しています。

30秒で分かる!SEOキーワード書く/書かない診断
たった30秒で狙っているキーワードでSEO的に記事を書くべきか?それとも書かないべきか?が分かる簡易診断を用意しました。質問に「はい/いいえ」で答えるだけで書くべきか/書かないべきかが分かります。

Yes/No Chart