市場価値診断ならミイダス!

WordPressのSEO設定方法

WordPressのSEO設定方法について、SEOの項目別に重要でやっておいたほうが良いことを解説します。

WordPressのSEO設定は管理画面で設定したり、テーマの機能で設定する、プラグインで設定する、ページごとに設定するなど、項目によってさまざまなので、どこで設定するのかも具体的に解説します。

WordPressのSEO設定方法

URLの正規化

wwwのあり/なしの両方のURLがインデックスされている場合、重複コンテンツとして見られたり、ページの評価が分散してしまいます。

サイトの評価を下げないためにはURLを一つに指定することが重要です。
(他のURLから指定URLにリダイレクトする)

wwwのあり/なしはどちらを選んでもSEO上影響はないですが、強いて言うならwwwなしの方が短く覚えやすくて良いです。

WordPressの設定

ダッシュボード>設定>一般>サイトアドレス(URL)でwwwのあり/なしを指定することで、URLを正規化できます。

※注意点
ダッシュボード>設定>一般にあるWordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)は統一してください。異なる場合はエラーが出ることがあります。

WordPress URLの正規化

URLは半角英数字にする

公開ページのURLに使う文字列は半角英数字にします。
また、区切り記号にはアンダースコア「_」ではなくハイフン「-」を使うことが推奨されています。

(良い例)https://tenshokublog.net/wordpress-seo-setting/

日本語URLだとSNSなどでリンクがシェアされたときに長い文字列になり見切れてしまったり、長すぎてリンクの一部をコピーできない、リンクを見て何の記事なのかが分からないなどの点でも不利です。

URL構造/ディレクトリ構造

URL構造(ディレクトリ構造)は検索エンジン/ユーザーにサイトの構造を分かりやすく伝えるために重要です。

基本的には次のいずれかの構造にするのがおすすめです。

①ドメイン名/カテゴリ名/記事タイトル/

もっともサイト構造が分かりやすいオススメのURL構造は「ドメイン名/カテゴリ名/記事タイトル/」です。

(例)○○.com/seo/about-seo-setting/

※欠点は記事投稿した後のカテゴリURLの変更がしにくいこと
公開URLが変わると過去のそのページに対するSEO評価がリセットされてしまうためです。そのため、このURL構造にする場合は事前にカテゴリ設計までしてからサイトを立ち上げるなど、計画的にサイトを作ることが必要です。(※リダイレクト処理すれば過去のページ評価は維持可能。ただ、SNSカウンターなどリセットされる。)

また、WordPressではデフォルトでカテゴリページに「ドメイン名/category/カテゴリ名/記事名/」と /category/ ディレクトリが入る仕様です。

(例)○○.com/category/seo/about-seo-setting/

/category/ が入ると 階層が深くなる/URLが長くなる のでできればない方が良いです。
/category/ を取り除くにはプラグイン「No Category Base」を使うのが最も簡単な方法です。

  • (補足1)function.phpを書き換える方法もある。難易度が上がる。
  • (補足2)①設定>パーマリンク設定>カスタム構造>「/%category%/%postname%/」とし、②カテゴリーベース>「.」と設定する方法もある。しかし、2ページ目以降がバグるので非推奨。

②ドメイン名/記事タイトル/

まずはサイトを立ち上げて運用しながらサイト設計していく場合、将来的にカテゴリ設計を見直すなどに対応しやすいのは「ドメイン名/記事タイトル/」のURL構造です。

(例)https://tenshokublog.net/wordpress-seo-setting/

WordPressでは設定>パーマリンク設定>投稿名を選べば良いです。

WordPress パーマリンク 投稿名

noindex

noindexはページをindexさせない設定です。
これによりページの評価を除外することができます。

使い方は、ページの品質が低いページ、類似コンテンツであるページ、サイトのテーマに関係なくサイトの専門性が下がる記事などに対して、noindex設定をすることでそれらのページがサイト評価に影響しないようにすることができます。

(例)バスフィッシングについての専門サイトで、投資や転職の話を書くなどのページでnoindex設定にするなど。

カテゴリページ

カテゴリページをindexする・indexしないは所説あります。

結論、サイトによってindex/noindexのどちらも正解になりますのでどちらが良いか検討してみてください。

迷ったらどちらも試してみることをオススメします。

タグページ

タグページをindexをする・しないは所説あります。

こちらも、結論、サイトによってindex/noindexのどちらも正解になります。

迷ったらどちらも試してみてください。

プライバシーポリシー/お問い合わせページ

サイトによってindex/noindexのどちらも正解になります。

迷ったらどちらも試してみてください。

パーマリンクの開き方の設定

パーマリンクの開き方は同じタブ内で開くパターンと、別のタブで開くパターンの2つがあります。

  • パーマリンクを同じタブ内で開く
  • パーマリンクを別のタブで開く

迷ったら、内部リンクは同じタブ内で開く、外部リンクは別のタブで開くと分かりやすいです。

外部リンクには自身のサイト評価を相手サイトに渡すことになります。
そのため、ページ評価を外部サイトに渡さない設定「rel属性をnofollowにする」を検討すると良いです。

パンくずリスト

パンくずリストはサイトの構造をクローラー/ユーザーの両者にわかりやすく伝える手段です。

パンくずリストはSEO上重要なので必ず表示しましょう。

※パンくずリストを構造化データでマークアップしているテーマを利用すれば検索結果にパンくずリストが表示でき、より目立たせることができるメリットがあります。

お使いのWordPressテーマにパンくずリストの表示機能がない場合はプラグイン「Breadcrumb NavXT」などを使うと良いです。

canonical

低品質なコンテンツ、類似するコンテンツにインデックスして欲しいページを設定する「canonical」を設定することで、重複コンテンツを解消したり、ページの評価が下がるのを防ぐことができます。

お使いのWordPressテーマにcanonical設定機能がない場合はプラグイン「All in One SEO Pack」などを使うと良いです。

内部リンクの最適化(関連記事を表示)

投稿ページの下に関連記事を表示することで内部リンクを強化することができます。

お使いのWordPressテーマに関連記事を表示する機能がない場合は「Related Posts」などのプラグインを使うと良いです。

ページ高速化

ページ表示速度が速いことはSEOで重要です。

たとえば次の設定をすることでページスピードの改善ができます。

  • HTMLの圧縮
  • CSSの圧縮
  • JavaScriptの圧縮
  • 画像容量の軽量化
  • 画像の遅延読込
  • ブラウザキャッシュを利用 など

WordPressテーマの機能で設定したり、プラグインで設定します。

画像容量の軽量化はプラグイン「EWWW Image Optimizer」などを使うと良いです。

画像の遅延読込はWordPressバージョン5.5でデフォルトで対応となりました。

ブラウザキャッシュの利用はプラグイン「WP Super Cache」などを使うと良いです。

XML sitemap送信

XML sitemapは検索エンジン向けのサイトマップです。

検索エンジンにサイト構造を認識してもらうために、また、サイトの更新情報を知らせるためにXML sitemapを作成して送信します。

XML sitemapはテーマかプラグインで作成します。

プラグインを使う場合は「Google XML Sitemaps」などを使うと良いです。

XML sitemapを作成したら、Googleサーチコンソールにログインして、「サイトマップ>新しいサイトマップの追加>sitemap.xml」と送信/登録しておきましょう。
一度登録しておけば後は気にしなくて大丈夫です。

※検索エンジン向けのXML sitemapとは別にユーザー向けのHTMLサイトマップがありますが、ナビやカテゴリが整理されていて使いやすいサイトになっていればHTMLサイトマップはSEO上なくても問題ないです。

コメントスパム対策

ページのコメント機能を開放している場合、コメントスパムによりページ評価が下がる場合があります。

コメントスパムを防ぐためには、プラグイン「Akismet Anti-Spam」などを利用すると良いです。