PR

会社の評判の5つの調べ方!注意点、あわせて確認すべき点も紹介

会社の評判の調べ方が知りたい…、志望企業の口コミをできるだけ集めたい… そんな人向けです。

結論。会社の評判の調べ方は5つあります→ 1.口コミサイト、2.ネット・SNS検索、3.Googleマップ、4.転職エージェント、5.会社データ。

この記事では、5回転職した僕が、会社の評判の調べ方と、評判を見るときの注意点、合わせて確認したほうが良いポイントを紹介します。

会社の評判の調べ方

1. 口コミサイト

口コミサイトで調べる方法です。定番ですね。

転職会議(無料あり)やOpenWork、en Lighthouseなどの口コミサイトを使えばいいです。
新卒ならみん就、就活会議(無料)などの就活口コミサイトを使えばいいです。

転職会議の口コミはどうなの?実際に使ってみた感想
管理人が実際に転職会議を使った感想とメリットとデメリットを紹介します。

2. ネット・SNS検索

ネット・SNS検索で調べる方法です。GoogleとかYahoo!で「会社名 評判」「会社名 口コミ」などのキーワードで検索して探します。あと、検索窓に「会社名」を入力したときの候補キーワードでも検索してみましょう。「やばい」「やめとけ」「ブラック」「事件」など、ヤバそうな候補キーワードが出てくる場合は慎重に確認を。ツイッターやインスタでもやり方は同じです。

3. Googleマップ

Googleマップで調べる方法です。BtoC向けのビジネスモデルの企業だと口コミが多いです。気になる企業の本社、支社・支店の評判や口コミがないか確認してみましょう。

4. 転職エージェント

転職エージェントに評判を聞く方法です。転職エージェントが保有している求人について取材していたり、過去の転職者の声がある可能性があります。僕も志望度が高い会社については転職エージェントに評判を聞くようにしていました。新卒の場合は就活エージェントに聞いてみましょう。

僕が使って良かった転職エージェントは以下の記事にまとめています。

20代30代で使って良かった転職サイト・転職エージェントのおすすめ8選
5回転職した管理人が20代30代で使って良かった転職サイトと転職エージェントのおすすめベスト8を紹介します。

5. 会社データ

会社の公開データで評判を読み解く調べ方です。離職率が高い=やばそう、平均勤続年数が長い=働きやすそう、などのブラック度が想像できるし、平均年齢が若いのか・高いのかで社風がわかる。あとは有休消化率や残業時間からワークライフバランスが想像できる。就職四季報や、上場企業なら有価証券報告書を見るといいです。

»就職四季報

会社の評判を見る時の注意点

会社の評判を見る時の注意点ですが、口コミはあくまで個人の見解、かつ、退職者などネガティブなものが多いということです。

あとは鮮度も重要。数年前の悪い口コミだと、今どうなのか?がわからないので、直近1年くらいの鮮度の良い評判を見た方がいいです。

会社の評判と合わせてここもチェック

やばい会社じゃないか確認するためには、会社の評判と合わせて、求人票と面接官の対応を確認するといいです。詳しくは以下の記事にまとめています。

やばい求人の10個の見分け方!こんな求人票は要注意
ブラック企業2社を経験した管理人が、やばい求人の見分け方を10個紹介します。
10個の面接でやばい会社・ブラック企業の見分け方
5回転職した管理人が、面接でやばい会社・ブラック企業を見分ける方法を10個紹介します。

まとめ:情報を鵜呑みにせず自分の目で確かめるのが大事!

あらためて結論。会社の評判の調べ方は5つあります→ 1.転職口コミサイト、2.ネット・SNS検索、3.Googleマップ、4.転職エージェント、5.会社データ。

会社の評判を見るときは一個人の見解&基本ネガティブが多いことを念頭に入れておくことと、鮮度が重要です。また、会社の評判と合わせて求人票と面接官の態度も要チェック。

以下のホワイト企業のチェックリストも合わせてお使いください。

ホワイト企業チェッカー!ホワイト企業を見分ける7つのチェックリスト
5回転職した管理人が、ホワイト企業を見分けるための7つのチェック項目を紹介します。この記事を読んでホワイト企業を見分けてください!

転職ロードマップはこちら。

5回転職した僕が教える転職ロードマップ
5回転職した管理人が、転職を成功させるために絶対押さえるべきポイントをまとめたロードマップを紹介します。