PR

職務経歴書がめんどくさい時の3つの対処法

職務経歴書を作るのってめんどくさいですよね。

初めての転職だとどうやって作ればいいか分からないし、転職の度にアップデートするのもめんどくさい。僕も5回転職したのでよくわかります。

そこで今回は、5回転職した僕の経験も踏まえて、職務経歴書を作るのがめんどくさい時の対処法を3つ紹介します。

1. そもそも職務経歴書がいらない求人に応募する

職務経歴書を作るのがめんどくさい時は、そもそも職務経歴書がいらない求人、つまり、書類選考がない求人に応募すればいいです。

書類選考なしの求人は転職サイトで「書類選考無し」と検索したり、転職エージェントに紹介してもらうことで見つけることができます。

僕も使った就職Shopは求人が全て書類選考なしなので、効率的に転職活動ができました。未経験転職をしたい方におすすめです!

就職Shopはどうなの?実際に使った体験談
管理人が実際に就職Shopを使った体験談とメリットとデメリットを紹介します。

注意点は、書類選考なしの求人だけに絞って転職活動をするのは逆に可能性を狭めてしまう可能性があること。なので、できれば次に紹介する方法で職務経歴書をサクッと作りつつ、通常応募もしたほうが良いと思います。

2. 職務経歴書はテンプレートで作り、添削してもらう

職務経歴書を楽に作るには、職務経歴書のテンプレートで作って、転職エージェントに添削してもらうのがいいです。

職務経歴書のテンプレートはネットで探せばWord形式、Excel形式、Webサービスなど色々出てくるので自分好みのものを使えばいいです。迷ったら、dodaのレジュメビルダーがおすすめです。

レジュメビルダーは例文を使いながら職務経歴書を作ることができ、完成した職務経歴書はWord・PDFでダウンロードできます。レジュメビルダーはdodaに会員登録すれば使えます。

職務経歴書ができたらブラッシュアップしていきましょう。職務経歴書は第三者目線で魅力的かどうかが大事なので、作った職務経歴書は転職エージェント2~3社に添削してもらい改良していくのがおすすめです。

職務経歴書の添削は実績のある転職エージェントのdodaリクルートエージェントがおすすめです。

dodaエージェントはどうなの?実際に使ってみた体験談
管理人が実際にdodaエージェントを使った体験談とメリットとデメリットを紹介します。
リクルートエージェントはどうなの?実際に使った体験談
管理人が実際にリクルートエージェントを使った体験談とメリットとデメリットを紹介します。

3. 職務経歴書が完成したら使い回しでOK!

職務経歴書が完成したら使い回しでOKです。

(よほど違う業界・職種に並行応募する状況で、応募職種に刺さる書き方にアレンジしないといけない場合は別ですが。)

ただし、一点だけ注意。提出日だけは毎回変更してください。

古い提出日のまま使い回すと面接官に「手抜きで熱意が低い」「書類作成力が低い」などと思われる可能性があって損だからです。

面接日が決まったら日付を最新にして印刷する、という手順で運用すると間違いないです。

キャリアに迷った時にはミイダスのコンピテンシー診断を受けてみるといいです。自分の適職、向いてる職場が分かるので、仕事選びで悩むことはなくなるはずです。

この記事を書いた人
マサキ

人材会社で働く4年目マーケター。新卒で倍率300倍超えの大手食品メーカーに入社するも配属ガチャでハズレを引き退社。その後、ブラック企業2社で事務→人材会社の営業→客先常駐Webディレクター→人材会社のマーケターと5回転職。利用した転職エージェントは10社以上。ハロワ転職、リファラル転職も経験あり。育休取得済。埼玉県在住の36歳男子。嫁と1児と猫2匹と暮らしています。

転職ノウハウ