PR

WebマーケターとWebディレクターの違いは?どっちがおすすめ?

こんにちは!Webマーケターのエラマサキです。

「WebマーケターとWebディレクターの違いが知りたい」
「WebマーケターとWebディレクターのどっちがおすすめなのか気になる」

今回はそんな人に向けて記事を書きました。

僕自身、WebディレクターとWebマーケターをそれぞれ2年ずつ経験しているので、僕のリアルな話から紹介できればと思います。

WebマーケターとWebディレクターの違い

役割の違い

WebマーケターとWebディレクターの役割の違いから紹介します。

ざっくり言うと、WebディレクターはWebサイトを作ること、WebマーケターはWebサイトに集客する・売上を上げることがミッションです。

  • Webディレクター:Webサイトを作る
  • Webマーケター:Webサイトに集客する・売上を上げる

それぞれ見ていきます。

Webマーケターとは

Webマーケターとは、Webを活用して集客・販売・ブランディングする人です。

SEO対策、広告運用、SNS運用、メルマガなど、各専門分野に分かれていて、単体もしくは複数の分野を掛け持ちして働きます。

Webディレクターとは

Webディレクターとは、Webサイト制作の指揮官です。

Webサイトの立ち上げ、リニューアル、更新など、サイト公開がミッション。
WebディレクターはWebデザイナーやWebエンジニアとプロジェクトごとにチームを組んで、サイトを公開するまでの進行管理を行います。

※会社によっては運用ディレクターという形で、既存サイトや既存メディアの更新を担当する場合もあります。
この場合はアクセス解析やLP制作、コンテンツSEOを行う場合があり、Webマーケター的な役割も持ちます。

仕事内容の違い

Webディレクターは箱となるサイトを作り、Webマーケターは集客・売上のための中身を作るイメージです。

WebマーケターとWebディレクターの仕事内容の違いは、基本的にはこんな感じです。

  • Webマーケター:SEO対策、SEOコンテンツ制作、アクセス解析、サイトのUI/UX改善、広告運用、SNS運用、メールマーケティング など
  • Webディレクター:サイトの要件定義、サイトマップ作成、ワイヤーフレーム作成、デザインチェック、コーディングチェック、公開作業 など

※仕事内容は会社によって大きく変わります
Webマーケターがサイト制作に絡むこともありますし、WebディレクターがSEOコンテンツを作ることもあります。

必要スキルの違い

WebマーケターもWebディレクターもコミュニケーション力やOfficeスキルは共通して必要です。

加えて、WebマーケターにはWebマーケティング施策を実行できるスキルが、WebディレクターにはWeb制作をディレクションできるスキルが求められます。

  • Webマーケター:Webマーケティング施策の実行力(SEO、広告運用、SNS運用、メルマガ配信 など)
  • Webディレクター:Web制作のディレクション力(ワイヤーフレーム、デザイン指示、Webデザインやコーディングの品質チェック など)

年収の違い

WebマーケターとWebディレクターの年収を比べると、Webマーケターのほうが少し高くなっています。
どちらも全職種の平均年収よりも高いです。

  • Webマーケターの平均年収:466万円
  • Webディレクターの平均年収:448万円
  • 全職種の平均年収:403万円

※doda平均年収ランキング2021年度版より

Webマーケターの年収は低い?稼げない?2023年の最新データで紹介
現役Webマーケターが、最新のdoda平均年収ランキングから、Webマーケターの平均年収を色んな角度から比較&まとめました。

なる方法の違い

Webマーケター・Webディレクターになる方法として、以下の職種から転職するケースが多いです。

  • Webマーケター:Webライター、広告営業、その他Web系専門職、異業種の営業職 など
  • Webディレクター:Webデザイナー、Webエンジニア、Webマーケター、その他Web系専門職、営業職 など

※どちらも完全未経験から転職することも可能です

Webマーケターになるには?未経験からの転職ロードマップ
現役Webマーケターの管理人が、未経験からWebマーケターになるにはどうしたらいいのか?をロードマップ形式で解説します。
未経験からWebディレクターになる方法!独学・勉強ロードマップを紹介
元Webディレクターの管理人が、未経験からWebディレクターになる方法を徹底解説。再現性の高い独学・勉強ロードマップを紹介します。

キャリアの違い

WebマーケターとWebディレクターからのキャリアですが、それぞれの専門領域を伸ばしていくキャリアが一般的です。

また、WebディレクターからWebマーケターを目指す、WebマーケターからWebディレクターを目指す、といったように他のWeb専門職へのキャリアチェンジも多いです。

  • Webマーケターからのキャリア:Webマーケティングコンサルタント、その他Web系専門職
  • Webディレクターからのキャリア:Webプロデューサー、その他Web系専門職

※その他、異業種転職するキャリアもあります。

Webマーケターの5つのキャリアプラン
現役Webマーケターの管理人が、Webマーケターの5つのキャリアプランについて紹介します。

WebマーケターとWebディレクターのどっちがおすすめ?

WebマーケターとWebディレクターはどちらも将来性が高く、待遇やキャリアプランも近いため、興味のあるほうを選べばいいです。

  • WebデザインやプログラミングなどWeb制作に興味がある → Webディレクター
  • SEO対策やWeb広告、SNS運用などWebマーケに興味がある → Webマーケター

この時、Web系は業務領域が広く、被ることも多いので、イメージしている仕事内容と実際の仕事とのギャップに注意。

「WebマーケターになったけどSEO対策ができない・・・」
「Webディレクターになったけど、新規立ち上げ・リニューアル案件ではなく、サイト運用が担当だった・・・」
というのは結構あります。

また、Webディレクターがアクセス解析やSEO対策、LP制作、SNS運用する現場だってあるし、WebマーケターがWebデザインやワイヤーフレーム制作、サイトリニューアルを担当することもあります。

なので、職種よりも「実際の仕事内容」で選ぶこと。
これが大事です。

「就職・転職のしやすさ」で選ぶ場合、WebマーケターもWebディレクターもどちらも個人レベルで何かしら作った・運用した経験や、成果が必要です。
ただし、未経験OKの求人数で見るとWebマーケターの方が3倍以上多いため(※)、迷ったらWebマーケターがおすすめです!

※未経験OKのWebマーケター求人数179件、未経験OKのWebディレクター求人数50件(2022年10月12日 Green調べ)

進路に迷っている方は、まずは適職診断してみると良いです。
おすすめはミイダスで、自分に向いている仕事が10段階評価からわかります。

ミイダス(無料)

また、あわせて、WebマーケターやWebディレクターとして働く友人に詳しい話を聞いたり、転職のプロである転職エージェントに相談してみるといいです。
以下の記事に僕のおすすめ転職エージェントをまとめていますので、よければ転職エージェント選びの参考にしてください。

Webマーケティング転職におすすめなサイト&エージェント4選をランキングで紹介
現役Webマーケターの管理人が、未経験Webマーケティング転職におすすめな転職エージェントと転職サイトを紹介します。